[ホーム] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] 118660

FULMAR-S Watching & Drinking
おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ (メッセージ欄にタグは使えません)
  http を書き込む時は、右のボックスにチェックを入れてね (^^)
URL
添付File
アイコン (アイコンをお選び下さい) [アイコンサンプル]
パスワード (最初の2文字を qw にしてください 英数8文字以内)
文字色

 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗21/03/19高田馬場 fulmar 投稿日:2019/03/22(Fri) 07:27 No.8644  

 トロロ沢の楽天mobileにAndroidを持って行きました。gmailが楽天mobileで仮に設けたアドレスのmailだけが表示され本来のアドレスのmailが表示されないのです。仮アドレスは用が終わったら削除される筈でしたが、削除し忘れたのだろうと思います。だってパスワードが記録されていません。これは後から削除するに当たって障害になります。

 二つのアドレスのmailを切り替える方法はあるようですが、どうせ忘れる。そもそも仮アドレスなど要りません。削除をお願いしました。無理に削除すると紐付けされたデータも一緒に消えて仕舞うと難色を示されましたが、まだ買った許りでデータなんか殆どありません。iPhoneのOSが古くて移行出来なかった電話帳の一部を手入力した程度です。

 データなんかどうでも良いから是非削除してくれと頼みました。パスワードが分からないので色々苦労したようですが、何とか削除出来ました。電話帳は綺麗に空になっていました。暫くお店に陣取って当座直ぐに要りそうな電話番号をiPhoneの電話帳を見乍ら再入力。ま、取り敢えずこれで良いや。

 トロロ沢は用済みで高田馬場にお出掛けです。暫く振りに「海と」に行く積もりです。高田馬場に着いてまだ時間があるので駅前の芳林堂書店にAndoroidの解説書ないかなと探すのです。取説はダウンロードしましたが、量は多いしとても読み難い。こんなもん通読するもんじゃないしね。

 お、出た許りのキャリアがドコモのAQUOS sense2 SH-01L の解説書がある。細かい違いはあるかも知れないが凡そは同じだろう。そもそもAndroidなんて全然知らないのだ。

 解説書買って「海と」で日本酒呑んで帰宅しました。

技術評論社編集部「ゼロから始めるドコモAQUOS sense2 SH-01L スマートガイド」 技術評論社 2019年 ISBN978-4-297-10453-5



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗22/03/19黴だらけ fulmar - 2019/03/22(Fri) 09:55 No.8645  

 台所のテーブルの上にある大きめのタッパーを見て「これ何だったかなぁ」と開けたら黴だらけでした。一月前にウォルマートの前の食品スーパーで買ったぬか床でした。今日が生ゴミ紙ゴミの日だったのを幸い、速攻で捨てました。

 矢張り私には糠床なんか向いていないんだなぁ。糟糠の妻? うーん、飯食うからなぁ。


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本201群ようこ「れんげ荘」 fulmar 投稿日:2018/07/27(Fri) 11:40 No.8350  

 図書整理をしていて群ようこの「れんげ荘」が出てきた。周辺記憶などからは多分読んだことがあるハズなのだが全く記憶がない。読み返してみても何も思い出さない。よく考えてみるとこれはとてもお得だ。仮令、読んだことがあったとしても何も覚えていないのだから初めて読む本も同然である。仮に新刊書を一切買わなくなったとしても(今のところ非常に考え難い仮定だが)、蔵書三万冊弱の殆どは読んだことのない本なのでそれをもう一度読むだけでも余生が潰せる訳だ。

 中身は大手広告代理店(博報堂か電通か)に勤めていて、クライアントの接待に明け暮れていたキョウコが45歳にして会社を辞めて仕舞うところから始まる。まぁ、彼女はしろくま広告社の平井の女版みたいだった訳だ。平井の方が可也スチャラカで、彼女の相手はカブト自動車のザイゼン広告部長だけではなかったのだけど。クライアントへのお愛想と、ゴマスリと、呑ませ食わせ抱かせの女衒のような仕事に飽き飽きして仕舞った訳だ。最後の方は内勤の仕事に変えてもらったらしいけど。そんな状態だから交際費とタクシー代は青天井に使っても給料を使う暇は余りないし、親の家に同居だから二十余年で8桁の預金残高が溜まって仕舞った。多分二、三千万ではない、おそらく五、六千万かそれ以上だろう。

 それを月の支出十万円、これなら多分一生貯金の取崩で生活出来る。そのため家賃は月三万円迄。そしてやっと巡り合ったのは築四五十年の木賃アパートれんげ荘だった。場所は若者に人気の街の近く位のことしか書いてないので分からないが、私は勝手に代官山の近くかなぁと思っている。

 最初は著者の自伝みたいな小説かなぁと思って読んでいたが、多分人(複数?)から聞いたエピソードを膨らませたものだろうと思っている。中々壮絶な住環境である。いけだたかしの「34歳無職さん」の方が全く平穏な独身無職生活だ。

群ようこ「れんげ荘」ハルキ文庫 角川春樹事務所 2011年 ISBN978-4-7584-3557-4



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本202他社の広告 fulmar - 2018/08/28(Tue) 09:13 No.8387  

 漫画本の巻末にその版元が出している他の漫画本の著者とタイトルだけの簡単な紹介が掲載されていることは昔から珍しくありませんでした。多分、紙の丁数の関係で余った頁の穴埋めにしていたのでしょう。

 近年、同じ著者による他の版元から出版された作品の広告(のような物)が掲載されることも珍しくなくなりました。雑誌では昔からその号の読者が関心を示しそうな著者やテーマの単行本について目立つところに他の版元が広告を掲載することはごく普通でしたが、漫画本では一昔前迄は考えられなかった事態です。

 それどころか、複数の版元が示し合わせて同一著者の複数の作品を同時に発売するような例もそう珍しくありません。そしてお互いに相手の刊行作品を帯などで「同時発売」などと広告し合うのもほぼお約束です。出版不況の影響なのか少しでも読者の関心を引こうとしているのかも知れません。私の短かからぬ読書歴の中でも目新しい経験なのでちょっと注目しています。

 麻生みことの描いた講談社近刊の「アレンとドラン」2の巻末に白泉社の「そこをなんとか」の広告が掲載されているのを見て改めて「最近よくあるな」と気が付いた次第です。

麻生みこと「アレンとドラン」2 講談社 2018年 ISBN978-4-06-512467-3



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本203諸橋大漢和 fulmar - 2018/09/09(Sun) 09:22 No.8398  

 本日:09/09/18、ハミレスに行って読捨新聞を読んでいると、大修館書店の全段広告が掲載されています。広告によると明日が同社の創業100周年(大正9年:1918年)だそうです。ご同慶の至りですなぁ。

 100周年記念企画として諸橋轍次の大漢和辞典のデジタル版を刊行するとのこと。発売は28/11/18からで、100周年となる明日:10/09/18より予約受付開始だそうです。定価は本体価格13万円ですが、31/03/19迄は特価で10万円の由!!

 こうした浩瀚な書籍の欠点は重たいことですが、今回のデジタル版の体裁はUSBメモリ一本だそうです。DOS-V版だけでMac版がないのは大欠点ですが、まぁ軽いのは大いに宜しい。うーん、欲しいなぁ、でも高いなぁ!! 高いなぁ、でも欲しいなぁ!!



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本204清岡卓行詩集 fulmar - 2018/09/19(Wed) 09:12 No.8419  

 戦後屈指の詩人の一人清岡卓行の全詩集が1969年に思潮社から刊行されたことは知っていました。併し、私は買いませんでした。最大の理由は\3,000ととても高かったからです。それに微かにモダニズムがかった詩風もそれ程好きではありませんでした。

 それから40年経った2009年の春、神奈川県立近代美術館で開催されていた伊庭靖子の写真展を見に鎌倉に出掛けた折、芸林荘と云う古書店で\2,500で販売されているのを見付けました。最早手頃な価格となって仕舞っていたので私は躊躇わず購入しました。

 本日久し振りに図書整理のために本書を引っ張り出して見て初めて気が付きました。がさつなダンボール紙の函の中にもう一つの本当の函があったことに。それはとても取り出し難くこれ迄気が付かなかった理由でもありました。

 清岡卓行詩集 思潮社とのみ書かれた淡い灰色の瀟洒な函でした。

清岡卓行 清岡卓行詩集 思潮社 1969年



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本205教養としてのワイン著者の... fulmar - 2018/12/01(Sat) 16:50 No.8498  

 先日買った「教養としてのワイン」を読んでいたら、1976年にパリで行われたフランス産および米国加州産の赤・白葡萄酒のブラインドテイスティングのことが書かれていました。このエピソード自体は多少とも葡萄酒を嗜む人なら大抵知っていることなのでどうと云うことではありませんが、本書ではこれを「パリの審判」と書いています。 ????

 葡萄酒だけのことであればこれでも良いのかも知れませんが、これは明らかにギリシャ神話の「パリスの審判」(Judgement of Paris)のもじりと言うかまんまと言うか、です。英語では題名や見出しなどに誰でも知っている有名な文句をそのまま、或いは一寸捻って使うことがよくあります。よく使われるネタ元は、聖書、Shakespeare、Nursery Rhymeですが、ギリシャ・ラテン神話なども少なくありません。Judgement of Parisも多くの画家によって画題とされています。何しろトロイ戦争の原因になっちゃうんですから。

 葡萄酒の方も英語版のWikipediaにJudgement of Paris(wine)の項として"The Paris Wine Tasting of 1976―known as the Judgment of Paris―"で始まる説明があります。

 ところが著者はどうもギリシャ神話の「パリスの審判」を知らないらしい。"Judgement of Paris”を「パリの審判」と訳したこともそうですし、ギリシャ神話のことはどこにも明示も暗示もされていません。大体、フランスの首都のパリとギリシャ神話のパリスとは、英語ではどちらも”Paris”と同じ綴字であることは有名であり、よくもじられたりします。知っていたら最低でも「パリ(ス)の審判」と位はするのではないでしょうか。

 「教養としてのワイン」と云うタイトルの著書を持つ著者がこんなにも欧米の文化、歴史などに無教養で良いのでしょうか。

渡辺順子「教養としてのワイン」ダイヤモンド社 2018年 ISBN978-4-476-10661-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本206海街diary完結 fulmar - 2018/12/10(Mon) 15:14 No.8513  

 吉田秋生の鎌倉を舞台にした「海街diary」が第9巻「行ってくる」で完結した。購入して帰宅しビニール袋から出したら表紙に巻かれた帯に大きく「完結!!」と書かれていてショックを受けた。嗚呼、海街dairy終わったんだ・・・ 2006年から2018年迄12年に亘って描かれた作品でした。

 本編はすずが女子サッカー部のある掛川の高校に入学するために鎌倉を出発するところで終わる。最後に番外編「通り雨のあとに」が掲載されている。十年位後のすずの父の最期の地であり、腹違いの三人の姉達に初めて会った河鹿沢温泉に甥達と訪れるエピソードだ。主目的は父母の墓を鎌倉に移すことらしい。ほんの短い期間義理の弟となった男性に「私ね」「結婚するの」と報告する。誰ととは全く明示されていないが多分風太だろう。すずは大きな帽子をかぶっていて、貌は全く描かれていない。印象的な後日譚です。

吉田秋生「海街diary9 行ってくる」flowers comics 小学館 2018年 ISBN978-4-09-167088-5



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本207ミミ正 fulmar - 2019/03/21(Thu) 12:54 No.8643  

 図書整理していたら、いしかわじゅんの「ミミ正」が出て来たので久しぶりに読み返しました。もう7年近く前の本です。

 いしかわ家の家猫:正太郎とミミを主人公とするネコバカ漫画です。

 第12話の「恐怖のミミ」にいしかわ家でパーチーをやるエピソードが出て来ます。それによると漫画家のえすとえむは女のようです。(p074) ええーっ、そうなのか。私ゃ、男だとばかり思っていました。

いしかわじゅん「ミミ正」ホーム社 2012年 ISBN978-4-8342-3190-8


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗11/03/19灯油買い fulmar 投稿日:2019/03/12(Tue) 00:42 No.8633  

 今日:11/03/19、と言ってももう昨日ですが、は灯油を買いに行きました。ホント、灯油一缶=1斗は二三日で使い切ってなくなる。まぁ、多い時は二部屋で二台のストーヴが稼働するもんなぁ。

 帰りに、農協の直売店でセリとかちょこっとお買い物。自宅近く迄帰り着いたら食品スーパーに寄って空壜を返して返金を受けたり、色々食材をお買い物。やまやに3本\1,000の葡萄酒買いに行かないとなぁと思っていたら同じようなのがあった。勿論、銘柄は違うけど。メンド臭くないからこれで良いや。どんどん安酒化するなぁ。日本への回帰じゃなくて、安酒への回帰じゃぁ。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗12/03/19 CIM lock解... fulmar - 2019/03/13(Wed) 11:26 No.8634  

 携帯:iPhoneの毎月の支払が高いのでCIM lockを解除して安いキャリアに乗り換えようとトロロ沢のSoftBankの店に行ってみました。すると、私のiPhoneは6で6sからでないとCIM lock解除は出来ないとのことでした。

 そこで楽天mobileのお店で相談してみると、docomoかCIM freeのiPhoneを買ってくるか、Android端末を買ってくればキャリアを楽天に変えられ支払が安くなるとのことでした。

 iPhoneは中古で買っても50千円以上するそうです。うーん、もうそんなにiPhoneにこだわる必要もないかなぁと思ったことでした。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗13/03/19携帯乗換え fulmar - 2019/03/14(Thu) 08:31 No.8635  

 昨日:13/03/19は大盛の歯医者に行ってきました。3ヶ月に一度の歯のメンテナンス:歯の掃除です。

 終わったら、直ぐにトロロ沢にとって返します。携帯をコストダウンのために乗換えるのです。いやぁ、結構大変でした。実際は、私がではなく対応したお店の女子店員さんがですけど。楽天系なので楽天のID、パスワード、Android端末なのでGoogleのID、パスワード、iPhoneからの移行なのでAppleのID、パスワードが必要です。

 IDはメールアドレスなので覚えていますが、パスワードなんか覚えていません。MacBookを持ち歩いていたのでAppleのは出て来ましたが、楽天とGoogleは分かりません。お店の女子店員さん、色々策を弄してやって頂き大変でした。電話帳だけはiPhone 6に対応する電話帳移行アプリがなく、データの移行が出来ませんでした。

 まぁ、それ程沢山ある訳でもなし、要らないのもあるし、直ぐに要る電話番号はそれ程多くない。それだけ先ず手入力して、残りは要るものだけボチボチ入力していけば良いや。iPhoneそれ自体は生きてるもんね。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗14/03/19 Andoroid端... fulmar - 2019/03/15(Fri) 03:17 No.8636  

 お昼頃、狭山の本屋に本買いに行きました。約10冊買って帰宅。帰りに同じ道をBMWのサイドカーが走行していました。トロロ沢ナンバー、あんなのホント乗ってるのいるんだなぁ。

 試用も兼ねてAndroid端末から何人かに電話。Sさんと何度もショートメッセジーをやり取りして日曜日に高尾の桜保護林に行くことに決定。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗15/03/19ダラダラ金曜... fulmar - 2019/03/15(Fri) 19:12 No.8637  

 朝、ハミレスに行き戻ってからはダラダラしていました。

 やったことは、図書整理を少しと、いしかわじゅんの「吉祥寺キャットウォーク」を読み直した位です。

いしかわじゅん「吉祥寺キャットウォーク」3 BEAM COMIX エンターブレイン 2013年 ISBN978-4-04-729102-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗16/03/19娘と江戸一 fulmar - 2019/03/19(Tue) 23:53 No.8638  

 土曜日:16/03/19は、自宅でメシを食いませんでした。朝はハミレス、昼は久し振りに定食屋。その後、やまやに行って、3本\1,000の葡萄酒、一升紙パック入りの焼酎とか購入。

 夕刻は、大塚駅で娘と待ち合わせて、駅前の江戸一に行く予定です。早めに自宅を出てブクロへ。ジュンク堂書店に行って、本のショップルーミング。そうしたら店内で娘と邂逅。一緒に大塚へ行く。

 江戸一は結構混んでいた。でも二人座れました。娘が検索したら土曜は4時半開店でした。そうか、危ないところだった。鶴の友、豊の秋、雁木などを頼む。

 良い気分でブクロで解散しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗17/03/19サクラ保護林 fulmar - 2019/03/20(Wed) 00:32 No.8639  

 Sさんと秋津駅で待ち合わせて高尾のサクラ保護林に行きました。

 高尾駅に着くとお昼時。駅前の蕎麦屋で蕎麦を食べる。不味いなぁ。

 サクラ保護林の入口近くのタムシバはまだ咲いていません。年間パスポートを\1,200也で買う。入って直ぐの森の科学館脇のバイモやホタルカヅラもヤマルリソウもまだです。暫く行くとナガバノスミレサイシンが咲いていました。もうこれで本日の目的殆ど達成。

 園内のサクラで咲いているのはまだ非常に少ない。でも皆無ではない。其處此處でのんびりしたヤマガラの囀りが聞こえる。でっかい双眼鏡やら持った人とかの人だかり。ジョウビタキの♀とか、ホオジロ、ミヤマホオジロとか言っている。ホオジロは当たり前だけど、ミヤマホオジロ? まぁ、いても不思議ではないけどさぁ。結局、私が見たのはジョウビタキの♀だけ。

 ルリタテハを見ました。予想した通りまだ多くのサクラ類の開花には少し早かったようでした。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗18/03/19灯油本買い fulmar - 2019/03/20(Wed) 07:01 No.8640  

 月曜日:18/03/19は、一斗缶が一つ空になったので灯油を買いに、そして狭山の本屋に本買いに行きました。まだまだ寒いので灯油は必要です。

 帰りに農協の直売店でシュンギク、ネギ、鶏卵などを買い、更に食品スーパーでしらたき、牛肉などを購入。そー、すき焼きをしようと思っています。

 結局、すき焼きは翌日になりましたけど。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗19/03/19健康保険料 fulmar - 2019/03/20(Wed) 07:12 No.8641  

 ヤクがなくなりかけたので病院にヤクの処方箋を貰いに行く。貰った処方箋を持って駅前の薬局に。

 ヤクが処方される迄の間に側の郵便局に来年度の健康保険料を払込みに行きます。1年分約360千円、高いなぁ。まぁ、お世話になってるから仕方ないけど。

 夕方、すき焼きをしようと思ったらハクサイがほんの少ししか残っていなかった。あれまぁ、仕方ないので近所のスーパーに行って1/4カットの白菜を買いました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗20/03/19支出なし fulmar - 2019/03/21(Thu) 09:53 No.8642  

 殆ど自宅に籠りっぱなしで、支出も全くなし。引き籠りは兎も角、支出なしは、結構なことだ。

 引き籠って何をしていたかと云うと図書整理とかAndroidの電話帳の入力とかやってました。iPhoneの電話帳を見乍ら、要る要らないを判別し、要る番号だけをAndroidの電話帳に手入力するのです。以外と要る番号も多くて、一日や二日では終わりそうもなく飽きたら即止めでした。


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗01/03/19マッサージ fulmar 投稿日:2019/03/03(Sun) 22:23 No.8615  

 田虫にマッサージに行って来ました。平静時の月に一度のマッサージをしてもらうことは、腰痛その他の痛みの緩和に非常に有効です。それにえも言われず体の具合が良い。

 さて、4時前にマッサージは終わった。その後どうしようと色々考えます。考えるのは悦楽のことです。ブクロ、ババ、ジュク、色々考えました。出て行くお金のこと、帰りのことを考えると、一番横着で安いのはトロロ沢です。段々、年をとって帰りが面倒になります。そう云う点からはトロロ沢は一番です。電車賃も掛らないし。

 てな訳で、百味でメバルの煮付けを肴に呑んで帰宅しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗02/03/19ズボン直し fulmar - 2019/03/03(Sun) 22:36 No.8616  

 前から問題のあるズボンを二本ウォルーマート内の衣類直し屋さんに持って行きました。緊急性がないのでつい放っておいたのです。まぁ、こう云うことって思いたたないと中々しませんものね。

 急がないので一週間後に直って来ます。着られるオプションが増えることはまぁ悪いことではありません。

 序でに、向かいの食品スーパーで色々買いました。基本的にはウォルマートは向かいの食品スーパーその他の駐車場です。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗03/03/19本買い fulmar - 2019/03/04(Mon) 13:55 No.8617  

 雨の中を本買いに狭山の本屋に行きました。年に3回しか出ない漫画雑誌、「進化する人体」、太田和彦の「おいしい旅」とか色々買いました。

 帰りに農協の直売店に寄って二三食材を買いました。

 「楽園」29 白泉社 2019年 ISBN978-4-592-77049-7
リンツラー,キャロル アン 松浦俊輔訳「進化する人体 虫垂、体毛、親知らずはなぜあるのか」柏書房 2019年 ISBN978-4-7601-5092-2
太田和彦「おいしい旅 昼の牡蠣そば、夜の渡り蟹」集英社 2019年 ISBN978-4-08-745848-0



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗04/03/19雨で外出せず fulmar - 2019/03/04(Mon) 14:48 No.8620  

 朝から雨が降っています。そのせいで外出はしません。自宅の外に出たのは、月曜なのでプラスチックゴミを出しに行っただけです。

 歯医者から案内葉書が来たのを思い出して電話で予約をしました。木曜日の夕刻近く、終わったら丸一へ行って豚カツを食べよう。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗05/03/19春の陽気 fulmar - 2019/03/06(Wed) 07:22 No.8624  

 昨日:05/03/19は一昨日とは打って変わって良い天気でした。お昼頃、外出したら、毎年見ている近所のお宅のニオイスミレ(V. odrata)が花盛りでした。

 吹く風も全く冷たくなく春風です。春風、駆逐艦か何かの名前みたいですが。駅の前の喫茶店で暫く「宇宙はなぜブラックホールを造ったのか」を読んでいました。宇宙認識の現状が分かってとても面白い本です。

 ウォルマートの前の食品スーパーで菜の花の辛子和えとかソラマメとか買って酒肴にしました。春めいていて良いなぁ。

谷口義明「宇宙はなぜブラックホールを造ったのか」 光文社新書 光文社 2019年 ISBN978-4-334-04395-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗06/03/19屋久島猿の本 fulmar - 2019/03/07(Thu) 12:03 No.8625  

 早朝に24時間営業のラーメン屋に行って五目硬焼きそばを食べた他は支出なし。このお店は味が濃い目で量も多く悪くないのですが、稍お値段が高めで退職後は敬遠気味です。この店に限らず、外食、外呑みを控えて、なるべく自炊、宅呑みを心掛けています。何でも自分でしなければならず手間が掛かりメンド臭いですが、費用は約三分の一になりますからね。

 後は、自宅で主に寝床に潜り込んだ儘、先日ブクロのジュンク堂書店で買った「サルと屋久島 ヤクザル調査隊とフィールドワーク」を読んでいました。屋久島ってサルと雨の多い島なんだ。

半谷吾郎 松原始「サルと屋久島 ヤクザル調査隊とフィールドワーク」旅するミシン店 2018年 ISBN978-4-908194-08-5



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗07/03/19歯医者 fulmar - 2019/03/08(Fri) 10:02 No.8628  

 三ヶ月振りに大盛の歯医者に行きました。歯の定期点検です。前よりも悪化し、歯垢、歯石が溜まっていると言われて仕舞った。お蔭でもう一回来いと言われた。うっかり見もしないで買った柔らかめの歯ブラシも良くなかったらしい。

 終わって丸一に行ったら臨時休業だった。残念。ブクロの三福で呑んで帰宅。次は13日に行く。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗08/03/19本買い fulmar - 2019/03/10(Sun) 13:20 No.8630  

 金曜日:08/03/19は、狭山の本屋に本買いに行きました。ところが、お目当の当日発売予定の2冊の本が届いていませんでした。何だぁ。

 でも、買った中の「猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言 完全版」とか「温泉浴衣をめぐる旅」とかは面白かったです。

 前者は元山口組系二次団体の組長だった元経済ヤクザの猫組長の経済活動録みたいなものです。本文と関係あるんだかないだかよく分からない西原理恵子の漫画風イラストも面白い。なお、猫組長の片方の手の指は一本(かどうかは不明)ありません、

 印象深い部分の一つは、原油のアロケーションホルダを求めて最終的にオマーンからイエメンに入る国境で見たこと:

>彼らは、オマーンを目指す、ソマリアからの密入国者であった。その処遇は、冷徹極まりないものだったのだ。
>「こいつら数がまとまったら、北部の砂漠へ捨てに行くんだ」
>ハサンはまるでゴミでも捨てるかのような口ぶりで黒人たちの末路を教えてくれた。

 ヨーロッパも難民を、イエメンみたいに「こいつら数がまとまったら、北海へ捨てに行くんだ」とやれば簡単なんだけど。

 後者は二人の女性イラストレータが、温泉旅館のけったいな、もといユニークでおもろいオリジナル浴衣を求めて温泉旅館を巡礼するコミックエッセイです。

猫組長 西原理恵子「猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言 完全版」扶桑社 2019年 ISBN978-4-594-08186-7
スタジオクゥ ひさよ&うにさ「温泉浴衣をめぐる旅」コミックエッセイの森 イースト・プレス 2019年 ISBN978-4-7816-1752-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗09/03/19続本買い fulmar - 2019/03/10(Sun) 18:52 No.8631  

 朝、サラダ用のオリーヴオイルが無くなったので、葡萄酒酒屋に買いに行きました。豊の秋の純米吟醸無濾過生原酒があったので4合瓶を一本購入。

 帰宅して本屋に電話して何か来ているかと聞いたら、3冊来ているとのことなので書名を聞いて引き取りにお出掛け。

 来たのは長谷川慶太郎「今こそ「米中」を呑み込め 長谷川慶太郎の大局を読む緊急版」、宮崎正弘 大竹愼一「米中壊滅 日中スワップ協定なんてとんでもない」、綿貫淳子「南極ではたらく」の3冊で全部当日中に読んで仕舞いました。どれも面白い。

 トランプの再選についてはハセケイが稍懐疑的、宮崎 大竹組はほぼ鉄板ですが、今の時点ではハセケイの方が当たっていそうな気がします。先の話なので今後どうなるかは分かりませんが。

長谷川慶太郎「今こそ「米中」を呑み込め 長谷川慶太郎の大局を読む緊急版」李白社 2019年 ISBN978-4-19-864833-6
宮崎正弘 大竹愼一「米中壊滅 日中スワップ協定なんてとんでもない」李白社 2019年 ISBN978-4-19-864798-8
綿貫淳子「南極ではたらく」平凡社 2019年 ISBN978-4-582-83795-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗10/03/19レジ長蛇の列 fulmar - 2019/03/11(Mon) 16:58 No.8632  

 朝、鳥見散歩にお出掛け。途中でハミレスに寄る。

 お昼前に修繕を頼んでおいた衣類を取りにウォルマートに行く。それから向かいの食品スーパーで食材の買い物。珍しくレジが長蛇の列。うーむ、日曜のお昼頃に来てはいけないんだな。


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩02/03/19 fulmar 投稿日:2019/03/02(Sat) 10:01 No.8613  

 今朝:02/03/19、見聞きした鳥は以下の通り。

 シジュウカラV2、キジバトV1、ハシブトガラスV3、アオジV4、アオゲラV16、スズメV5、ヒヨドリV6、ハシボソガラスC、ムクドリV7、キジS、ツグミV8、ハクセキレイV10、ヒバリS、ホオジロV9、メジロV11、カワラヒワV17、マガモ♂♀V12、(ニワトリC)、セグロセキレイV13、カシラダカC、カルガモV14、シメFC、コゲラC、コジュケイS、エナガV15、ダイサギV18
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング  並び順は存在の確認順、Vの後の数字は視認の順番数。

 もう三月。吹く風の冷たさも和らぎ、キジが鳴き、ヒバリの囀利が聞こえます。冬鳥の個体数も減ってきたようです。

 スモモ?かどうかよく分からないバラ科の花木が白い花を沢山着けています。調べようと思っても、その時思うだけで帰宅すると皆忘れ。

 フキノトウが芽吹き始めました。

 一部が切り開かれて仕舞った国立病院へ至る林に入ってみなした。まだ草本類は全くのようですが、ウグイスカグラはそこここの株で花を着けていました。アオゲラも見ました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩08/03/19 fulmar - 2019/03/08(Fri) 09:42 No.8627  

 今朝:08/03/19、見聞きした鳥は以下の通り:

 ヒヨドリV7、シジュウカラV3、ホオジロV14。ハシブトガラスV6、メジロV11、ハクセキレイV15、ガビチョウV1、カワラヒワV2、ウグイスC、キジバトV4、コゲラC、スズメV5、ムクドリV8、ツグミV10、ハシボソガラスV9、ヒバリS、キジS、コジュケイS、アオジC、マガモ♂♀V12、キセキレイV13、カシラダカV16
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング  並び順は存在の確認順、Vの後の数字は視認の順番数。

 鳥以外で見聞きした生き物は以下の通り:
草本花:ノボロギク、ナヅナ、ホトケノザ、ミチタネツケバナ、チンゲンサイ、スズメノカタビラ、ノゲシ、オオイヌノフグリ、ショカツサイ、フキ
木本花:ヒイラギナンテン、ユキヤナギ



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩10/03/19 fulmar - 2019/03/10(Sun) 10:25 No.8629  

 今朝:10/03/19、見聞きした鳥は以下の通り。

 キジバトV5、ヒヨドリV3、ウグイスC、ハシブトガラスV9、ホオジロV7、ガビチョウV12、スズメV2、ツグミV1、ムクドリV4、シジュウカラV6、コジュケイS、ハクセキレイFC、モズV8、タカspF、ハシボソガラスV10、C-130HF、アオジ?F、メジロFC、マガモ♂V11、カワラヒワV14、カルガモV13、コゲラC、(ニワトリC)、カシラダカV15
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング  並び順は存在の確認順、Vの後の数字は視認の順番数。

 遠くでカラスが4、5羽飛んでいるのに双眼鏡を向けると、矢張りカラスがタカをモビングしていました。このタカ、カラスよりも可也大きい。サイズから見ると、トビか、クマタカかなぁ。こんなトコにクマタカ出るのは可能性低いし、トビにしては下腹が白かった。うーん、オオタカ♀とかノスリあたりかなぁ。


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩14/02/19 fulmar 投稿日:2019/02/14(Thu) 09:21 No.8598  

 今朝:14/02/19、見聞きした鳥は以下の通り。

 ハシブトガラスV1、ヒヨドリV4、シジュウカラV2、コゲラC、メジロC3、ハクセキレイV5、スズメV6、ハシボソガラスV8、キジバトV9、カワラヒワV13、ツグミV7、ムクドリV10、(ニワトリC)、アオサギV11、マガモ♂♀V12、コガモ♂♀V14、セグロセキレイV15、シメV16、ホオジロV17、C-130HF、ジョウビタキ♂♀V18
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング  並び順は存在の確認順、Vの後の数字は視認の順番数。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩15/02/19 fulmar - 2019/02/18(Mon) 14:05 No.8600  

 金曜日の朝:15/02/19、見聞きした鳥は以下の通り。

 シジュウカラV2、ヒヨドリV1、ハシブトガラスV3、メジロC、ハクセキレイV9、コゲラC、エナガC、キジバトV6、スズメV4、ムクドロV5、モズC、ハシボソガラスV7、ツグミV8、ホオジロV10、C-130HF、C-1F、T-4F、ジョウビタキ♀V11、アオサギV12、マガモ♂♀V13、カワラヒワV14、シメV15、YS-11F、カシラダカV16、ヤマガラV17
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング  並び順は存在の確認順、Vの後の数字は視認の順番数。

 定点にはウグイスカグラが何輪も咲いていました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩19/02/19 fulmar - 2019/02/19(Tue) 12:12 No.8606  

 今朝:19/02/19、見聞きした鳥は以下の通り。

 キジバトV1、ヒヨドリV6、シジュウカラV2、ハシブトガラスV3、アオゲラC、コゲラV18、ムクドリV9、ツグミV4、ホオジロV13、スズメV5、ハクセキレイV10、ハシボソガラスV11、ジョウビタキ♂V7、オナガV8、シメV17、ウグイスC、モズV12、ガビチョウC、C-130HF、カワラヒワV15、マガモ♂♀V14、コガモ♂♀V16、(ニワトリC)、ヤマガラV19、メジロV17、エナガC、カワウF、YS-11F、T-4F
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング  並び順は存在の確認順、Vの後の数字は視認の順番数。

 姿は見られませんでしたが、アオゲラの声を何度も聞きました。オナガの群れに遭遇しました。その時変な鳥が来ました。双眼鏡で見るとオナガのようです。どうやら尾羽が欠損したようで一見「こりゃ何だ」と云う姿になって仕舞ったのです。雑木林の樹冠の隙間からウが飛んでいるのが見えました。こんな場所だからカワウだろうと解釈しました。ウミウ・・・じゃないよね・・・

 ユキヤナギがパラパラと咲き出しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩23/02/19 fulmar - 2019/03/08(Fri) 09:29 No.8626  

 先月の或る朝:23/02/19、見聞きした鳥は以下の通り。

 ハシブトガラスV8、ジョウビタキ♀V1、シジュウカラV2、キジバトV6、ヒヨドリV3、ハクセキレイC、ムクドリV4、スズメV5、ツグミV7、メジロFC、ハシボソガラスC、モズC、オナガV9、ホオジロV10、カワラヒワV11、シメV14、マガモ♂♀V12、コガモ♀♂V13、(ニワトリC)、カルガモFC、エナガV16、コゲラC、カシラダカV15
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング  並び順は存在の確認順、Vの後の数字は視認の順番数。

 その他の見聞きした生き物は以下の通りです:
花草本:スズメノカタビラ、オオイヌノフグリ、ナヅナ、ウシハコベ、ホトケノザ、ノボロギク、ヒメオドリコソウ、チンゲンサイ、ノゲシ
花木本:スモモ?、ウグイスカグラ
植物他:ナガミヒナゲシ株


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗21/02/19トロロ沢行き fulmar 投稿日:2019/03/04(Mon) 14:20 No.8618  

 午後、トロロ沢にお出掛けしました。

 最初は駅前のドラッグストアでサプリメントのお買い物。次いで「百味」でウイスキーを呑む。帰りにおかしな町で菓子を買う。昔は菓子など見向きもしなかったのに、酒が弱くなるのに比例して菓子を食べるようになった。エタノールの摂取量と菓子の摂取量に反比例の関係でもあるのか知らん。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗22/02/19ヒブヤ行き fulmar - 2019/03/04(Mon) 14:33 No.8619  

 朝、所用でヒブヤヘお出掛け。ヒブヤも大変りした。昔の記憶は全く当てにならない。

 用事が終わって、一寸大盛堂に寄った位でブクロに戻った。まだ陽が高くてお店が開いていない。東口の天狗が開いていたので入る。何十年振りだろう。この時間は殆ど昼の定食のお客で、酒を呑むのは全然いない。肴も夜と違って限られている。

 呑んで帰宅。ブクロ駅でうっかりまだあるのに回数券を買って仕舞った。別の回数券がなくなるのと勘違いしたのだ。まぁ、仕方がない、ブクロには比較的よく行くから無駄にはなるまい。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗23/02/19農協直売店 fulmar - 2019/03/04(Mon) 17:24 No.8621  

 お昼頃に、最近行きつけのコスモのスタンドに灯油を買いに行きました。

 帰りに、その近くの農協の直売店でお茶、サトイモ、鶏卵、ソラマメとか色々購入。あ、弁当も買ったんだった。

 帰宅して、買った弁当を食べ、夕刻にソラマメを茹でてそれを肴に一杯呑みました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗24/02/19八国山 fulmar - 2019/03/05(Tue) 06:55 No.8622  

 月例の八国山何でも観察オフに行きました。本日:24/02/19は西武園駅からの出発で総勢:4人(男2、女2)です。

 途中で体調が悪化しタクシーを呼んで帰宅しましたが、それ迄に見聞きした鳥は以下の通りです:

 キジバトV、ハシブトガラスC、モズV、シジュウカラS、メジロV、ヒヨドリV、ウグイスC、ジョウビタキ♀V、コゲラV、トビFS、エナガV、ガビチョウV、カシラダカV、ムクドリFC



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗25/02/19ごみ取りフィ... fulmar - 2019/03/05(Tue) 07:39 No.8623  

 洗濯機のごみ取りフィルタの破れが非道くなったのでBic Cameraに交換部品はあるかと電話で問い合わせたらあるとのことだったので取り置きして置いて貰いました。

 体調も可也良くなったので、お昼前に狭山の本屋に頼んでおいた本を取りに行ってから、Bic Cameraに取り置きして置いて貰ったごみ取りフィルタを取りにブクロに行きました。

 狭山の本屋で買った「進化の法則は北極のサメが知っていた」の中のニシオンデンザメの話は面白かった。

 ブクロで最初に行ったのはジュンク堂書店です。狭山の本屋で「取次に丁合いのない版元だ」と断られた旅するミシン店の「サルと屋久島 ヤクザル調査隊とフィールドワーク」を買うのです。序でに猛禽類の冊子も見付けたので購入。此處には他所にはなさそうな冊子類があることがあるので要注意です。

 次いでBic Cameraに取り置きして置いて貰ったごみ取りフィルタを買いに行きます。\340と安かったので貯まったポイントを使い現金の支出はなしでした。

 線路の向こう側の「三福」で一寸一杯。キンミヤの300ml壜があるのに気が付き頼み、空壜を持って帰りました。

渡辺佑基「進化の法則は北極のサメが知っていた」河出新書 河出書房新社 2019年 ISBN978-4-309-63104-2
半谷吾郎 松原始「サルと屋久島 ヤクザル調査隊とフィールドワーク」旅するミシン店 2018年 ISBN978-4-908194-08-5


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2018年10月に買った本 fulmar 投稿日:2018/10/06(Sat) 10:46 No.8433  

 10月に買った本です。購入額約\101,539です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2018年は省略しました。

【DVD】
佐伯清監督 「現代やくざ 盃返します」97 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
加藤泰監督 「懲役十八年」98 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
深作欣二監督 「博徒外人部隊」99 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
中島貞夫監督 「現代やくざ 血桜三兄弟」100 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ

【Mook】
ジャパンクラス編集部編 「JAPAN CLASS オレたちはニッポンに追いつけるのか!?」 東邦出版

【画集】
ハンター,ルーク 山上佳子訳 「野生ネコの教科書」 エクスナレッジ

【雑誌】
 「dancyu 201811号おにぎり。」 プレジデント社
 「楽園 28」 白泉社

【書籍】
エクランド,イーヴァル 南條郁子訳 「予測不可能性、あるいは計算の魔 あるいは、時の形象をめぐる瞑想」 みすず書房
スマリヤン,レイモンド・M 川辺治之訳 「スマリヤン 数理論理学講義」下 日本評論社
茅田砂胡 「デルフィニア戦記外伝3 ポーラの戴冠式」 C・NOVELS 中央公論新社
久賀谷亮 「脳が老いない世界一シンプルな方法」 ダイヤモンド社
久保田浩行 「生物をシステムとして理解する 細胞はラジオと同じ!?」 共立スマートセレクション 共立出版
高橋洋一 「米中貿易戦争で日本は果実を得る 2019〜世界と日本の真実」 悟空出版
高野秀行 「辺境メシ ヤバそうだから食べてみた」 文藝春秋
高柳盛芳語り かくまつとむ文 「モリさんの狩猟生活 群馬・奥利根の名クマ猟師が語る」 山と渓谷社
坂井建雄監修 「不思議すぎる人体のしくみ図鑑」 宝島社
三浦展 「昼は散歩、夜は読書。」 而立書房
三橋順子 「新宿 性なる街の歴史地理」 朝日選書 朝日新聞出版
鹿島茂 井上章一 「京都、パリ この美しくもイケズな街」 プレジデント社
若林栄四 「アメリカ経済の終焉 破裂する資産バブルと政治の堕落」 集英社
小山信也 「リーマン教授にインタビューする」 青土社
石平 「アメリカの本気を見誤り、中国を「地獄」へ導く習近平の狂気」 ビジネス社
川上和人監修 「トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ」 西東社
太田和彦 「酒と人生の一人作法」 亜紀書房
大石英司 「覇権交代1 韓国参戦」 C・NOVELS 中央公論新社
大竹槇一 「ブレないトランプが世界恐慌を巻き起こす」 李白社
中原圭介 「AI×人口減少 これから日本で何が起こるのか」 東洋経済新報社
長谷川慶太郎 「2019長谷川慶太郎の大局を読む」 李白社
坪内祐三 「新・旧銀座八丁 東と西」 講談社
坪内祐三 「昼夜日記」 本の雑誌社
土屋健 「サメ帝国の逆襲 海洋生命5億年史」 文藝春秋
日下公人 「「発想」の極意 人生80年の総括」 李白社
嵐山光三郎 「老いてますます官能的」 新講社

【新書】
安田峰俊 「さいはての中国」 小学館新書 小学館
安藤優一郎 「ビジュアル版 江戸の《新》常識」 SBビジュアル新書 SBクリエイティブ
横山祐典 「地球46年気候大変動 炭素循環で読み解く、地球気候の過去・現在・未来」 ブルーバックス 講談社
岡本隆司 「歴史で読む中国の不可解」 日経プレイアシリーズ 日本経済新聞出版社
吉越浩一郎 「定年デジタルリタイアライフが10倍楽しくなる」 ワニブックスPLUS新書 ワニ・プラス
宮家邦彦 「AI時代の新・地政学」 新潮新書 新潮社
宮崎学 「山口組と日本 結成103年の通史から近代を読む」 祥伝社新書 祥伝社
栗田昌裕 「謎の蝶 アサギマダラはなぜ海を渡るのか?」 ベスト新書 ベストセラーズ
斎藤孝 「50歳からの孤独入門」 朝日新書 朝日新聞出版
坂爪真吾 「パパ活の社会学 援助交際、愛人契約と何が違う」 光文社新書 光文社
三浦展 「100万円で家を買い、 週3日働く」 光文社新書 光文社
小林正博 「書ければ読める! くずし字・古文書入門」 潮新書 潮出版社
松原隆彦 「図解 宇宙のかたち 「大規模構造」を読む」 光文社新書 光文社
松本修 「全国マン・チン分布考」 インターナショナル新書 集英社インターナショナル
森永卓郎 「ビンボーでも楽しい定年後」 中公新書ラクレ 中央公論新社
成毛眞 「定年まで待つな! 一生稼げる逆転のキャリア戦略」 PHPビジネス新書 PHP研究所
石井暁 「自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体」 講談社現代新書 講談社
川島博之 「習近平のデジタル文化大革命 24時間を監視され全人生を支配される中国人の悲劇」 講談社+α新書 講談社
池田清彦 「いい加減くらいが丁度いい」 角川新書 KADOKAWA
田宮寛之 「東京五輪後でもぐんぐん伸びるニッポン企業」 講談社+α新書 講談社
東海林さだお 「ひとりメシの極意」 朝日新書 朝日新聞出版
堀江重郎 「寿命の9割は「尿」で決まる」 SB新書 SBクリエイティブ
鈴置高史 「米韓同盟消滅」 新潮新書 新潮社

【文庫】
岸本葉子 「50歳になるって、あんがい、楽しい。」 だいわ文庫 大和書房
秋川滝美 「放課後の厨房男子 野獣飯?篇」 幻冬舎文庫 幻冬舎
太田和彦 「関西で飲もう 京都、大阪、そして神戸」 小学館文庫 小学館
塚本邦雄 「文庫版 塚本邦雄全歌集」2 短歌研究文庫 短歌研究社
峰守ひろかず 「こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌2」 電撃文庫 KADOKAWA
和久田正明 「十手婆 文句あるかい 火焔太鼓」 二見時代小説文庫 二見書房

【漫画】
さおとめ やぎ 「あいだにはたち」1 モーニングKC 講談社
はるこ 「酒と恋には酔って然るべき」 A.L.C.DX 秋田書店
遠藤浩輝 「ソフトメタルヴァンパイア」5 アフタヌーンKC 講談社
金田一蓮十郎 「NとS」1 KCデザート 講談社
劇団雌猫 「シン・浪費図鑑 悪友たちのないしょ話2」 小学館
劇団雌猫原案 朝陽昇まんが 「まんが浪費図鑑」 小学館
呉由姫 「金色のコルダ 大学生編」1 花とゆめコミックス 白泉社
佐々大河 「ふしぎの国のバード」5 BEAM COMIX KADOKAWA
細野不二彦 「ギャラリーフェイク」34 BIG COMICS 小学館
細野不二彦 「バディドッグ」 ビッグコミックス 小学館
作画芋Uto 原作金田一蓮十郎 「モーメント」 KCデザート 講談社
森恒二 「創世のタイガ」4 イブニングKC 講談社
西浦キオ 「リトル・ロータス」1 LINE COMICS LINE Digital Frontier
大井昌和 「フォアグラと牛丼」 少年サンデーコミックスSP 小学館
大石まさる 「タイニードライブ」2 YOUNG KING COMICS 少年画報社
鶴田謙二 「新装版 Forget-me-not」1 KCDX 講談社
内田春菊 「すとまんが がんまんが人工肛門編」 BUNKASHA COMICS ぶんか社
二ノ宮知子 「七つ屋志のぶの宝石匣」8 KC Kiss 講談社
入江喜和 「ゆりあ先生の赤い糸」2 KC Be Love 講談社
売野機子 「ルポルタージュ追悼記事」1 モーニングKC 講談社
白井弓子 「大阪環状結界都市」 BONITA COMICS 秋田書店
板場広し 「姉と暮らす」 真激COMICS クロエ出版
豊田悠 「パパと親父のウチ呑み」2 BUNCH COMICS 新潮社
麻生みこと 「小路花唄」3 アフタヌーンKC 講談社
霧島すばこ 「僕しか知らない君のナカ。」上下 BAMBOO COMICS 竹書房
林久美子 「イシャコイH」6 HLC Silky 白泉社
Ω子 「リアル風俗嬢日記 今日も元気にヌいてます」 BIG COMICS 竹書房

【図鑑】
吉川寛 海野和男 「アゲハチョウの世界 その進化と多様性」 平凡社



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2018年11月に買った本 fulmar - 2018/11/08(Thu) 05:04 No.8469  

 11月に買った本です。購入額は約\89,956です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2018年は省略しました。

【DVD】
小沢茂弘監督 「博徒一家」101 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ

【書籍】
アタリ,ジャック 林昌宏訳 「海の歴史」 プレジデント社
アルバレス,ウォルター 山田美明訳 「ありえない138億年史 宇宙誕生と私たちを結ぶビッグヒストリー」 光文社
ブルボン小林 「ザ・マンガホニャララ 21世紀のマンガ論」 クラーケン
マクガバン,マリオン 斉藤裕一訳 「ギグ・エコノミー来襲 新しい市場・人材・ビジネスモデル」 CCCメディアハウス
ライアン,マイケル・J 東郷えりか訳 「動物たちのセックスアピール 性的魅力の進化論」 河出書房新社
ライク,デイヴィッド 日向やよい訳 「交雑する人類 古代DNAが解き明かす新サピエンス史」 NHK出版
岩田耕一郎 「ルベーグ積分 理論と計算手法」 森北出版 2015年
原俊雄 「超雷爆撃機「流星改」1 独逸からの贈り物」 VICTORY NOVELS 電波社
山田章一 「超新星 Core-Collapse Supernovae」 新天文学ライブラリー 日本評論社 2016年
秋川滝美 「田沼スポーツ包丁部!」 幻冬舎
須田桃子 「合成生物の衝撃」 文藝春秋
杉本舞 「「人工知能」前夜 コンピュータと脳は似ているか」 青土社
川口マーン恵美 「老後の誤算 日本とドイツ」 草思社
大田眞也 「猛禽探訪記」 弦書房 2016年
渡辺順子 「世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン」 ダイヤモンド社
渡邉哲也 「2019年 アメリカはどこまで中国を崩壊させるか そして日本が歩む繁栄の道」 徳間書店
渡邉哲也 「GAFA vs. 中国」 ビジネス社
嶋中雄二 「第3の超景気」 日本経済新聞出版社
日高義樹 「アメリカに敗れ去る中国」 徳間書店
武田邦彦 「今、心配されている環境問題は実は心配いらないという本当の話」 山と渓谷社
養老孟司 「猫も老人も、役立たずでけっこう」 ネコメンタリー 猫も、杓子も。 河出書房新社
落合陽一 「デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂」 PLANETS
和泉裕司 「天空の覇戦 震電戦闘機隊、出撃!」 RYU NOVELS 経済界

【新書】
かのよしのり 「歩兵の戦う技術 銃弾や砲弾が飛び交う戦場で勝利して生き残る」 サイエンス・アイ新書 SBクリエイティブ
ヤマザキマリ 「仕事に縛られない生き方」 小学館新書 小学館
井上寿一 「機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか」 講談社現代新書 講談社
宇山卓栄 「朝鮮属国史 中国が支配した2000年」 扶桑社新書 扶桑社
岡田斗司夫 「ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く」 PHP新書 PHP研究所
宮崎正弘 「AI監視社会・中国の恐怖」 PHP新書 PHP研究所
近藤大介 「習近平と米中衝突 「中華帝国」2021年の野望」 NHK出版新書 NHK出版
原岡喜重 「初めての解析学 微分、積分から量子力学まで」 ブルーバックス 講談社
高橋洋一 「未来年表 人口減少危機論のウソ」 扶桑社新書 扶桑社
黒川伊保子編著 「妻のトリセツ」 講談社+α新書 講談社
坂井隆之 宮川裕章 毎日新聞フィンテック取材班 「AIが変えるお金の未来」 文春新書 文藝春秋
榊原英資 「「金融緩和時代」の終焉、世界経済の大転換」 詩想社新書 詩想社
松村秀一 「空き家を活かす 空間資源大国ニッポンの知恵」 朝日新書 朝日新聞出版
成毛眞 「俺たちの定年後」 ワニブックス【PLUS】新書 ワニブックス
桃崎有一郎 「武士の起源を解きあかす 混血する古代、創発される中世」 ちくま新書 筑摩書房
白央篤司 「自炊力 料理以前の食生活改善スキル」 光文社新書 光文社
野口悠紀雄 「入門 AIと金融の未来」 PHPビジネス新書 PHP研究所
和田秀樹 「年代別 医学的に正しい生き方 人生の未来予測図」 講談社現代新書 講談社
櫻井武 「「心」はいかにして生まれるのか 最新脳科学で解き明かす「情動」」 ブルーバックス 講談社

【文庫】
小松左京 「やぶれかぶれ青春期 大阪万博奮闘記」 新潮文庫 新潮社
長谷川裕 「貸本屋のぼくはマンガに夢中だった」 草思社文庫 草思社
塚本邦雄 「百花遊歴」 講談社文芸文庫 講談社
網野徹哉 「興亡の世界史 インカとスペイン 帝国の交錯」 講談社学術文庫 講談社

【漫画】
おざわゆき 「傘寿まり子」8 KCDX 講談社
おざわゆき 渡邊博光 「おざわゆき&渡邊博光のおたから町中華」 ぶんか社
ひかわきょうこ 「魔法にかかった新学期」2 花とゆめCOMICS 白泉社
ひぐちアサ 「おおきく振りかぶって」30 アフタヌーンKC 講談社
ヤマシタトモコ 「違国日記」3 FC SWING 祥伝社
ゆうきまさみ 「究極超人あ〜る 通常版」1 BIG SPIRITS COMICS SP 小学館
井上智徳 「CANDY & CIGARETTES」4 ヤンマガKC 講談社
益田ミリ 「沢村さん家のそろそろご飯ですヨ」 文藝春秋
吉村明美 「ふたりぼっち」2 FLOWER COMICS α 小学館
原田重光原作 松本救助作画 「魔女は三百路から」1 YOUNG ANIMAL COMICS 白泉社
甲斐ひろゆき 「はんなり大人教育」 富士見コミックス 富士見出版
高須賀由枝 「コミンカビヨリ」8  KC kiss 講談社
高浜寛 「ニュクスの角灯」5 SPコミックス リイド社
高野ひと深 「私の少年」5 ヤンマガKC 講談社
桜井海 「おじさまと猫」1-2 ガンガンコミックスpixiv スクウェア・エニックス
成田美名子 「花よりも花の如く」18 花とゆめCOMICS 白泉社
西尾維新 大暮維人 「化物語」3 KCDX 週刊少年マガジン 講談社
霜月星良 「京の都の香の路」1 BRIDGE COMICS KADOKAWA
池谷理香子 「ハコイリのムスメ」7 MARGARET COMICS cocohana 集英社
中村光 「聖☆おにいさん」16 モーニングKC 講談社
南Q太 「ひらけ駒!Return」1 モーニングKC 講談社
木城ゆきと 「銃夢火星戦記」6 イブニングKCDX 講談社

【図鑑】
関慎太郎 「野外観察のための 日本産 両生類図鑑 第2版」 緑書房
関慎太郎 「野外観察のための 日本産 爬虫類図鑑 第2版」 緑書房
高嶋清明 「鳴き声から調べる昆虫図鑑 おぼえておきたい75種 パソコン用CD付き」 文一総合出版



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2018年12月に買った本 fulmar - 2018/12/09(Sun) 03:20 No.8511  

 12月に買った本です。購入額は約\78,554です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2018年は省略しました。そろそろ奥付ベースでは2019年発行の本も出始めます。

【Mook】
ジャパンクラス編集部編 「JAPAN CLASS この星にニッポンがあってよかった!」 東邦出版

【書籍】
チャム,ジョージ ホワイトソン,ダニエル 水谷淳訳 「僕たちは、宇宙のことぜんぜんわからない」 ダイヤモンド社
ルトワック,エドワード 奥山真司訳 「ルトワックの"クーデター入門"」 芙蓉書房出版
宮崎正弘 宮脇淳子 「本当は異民族がつくった! 虚構国家中国の真実」 ビジネス社
宮脇淳子 「【新装版】封印された中国近現代史」 ビジネス社 2019年
高橋洋一 田村秀男 「日経新聞と財務省はアホだらけ」 産経新聞出版
高森直史 「海軍と酒 帝国海軍糧食余話」 潮書房光人社 2016年
高濱賛 「日本人が知っているようで知らないアメリカ」 海竜社
今井澂 「米中の新冷戦時代 漁夫の利を得る日本株」 フォレスト出版 2019年
新井紀子 ぐっちーさん 「日本を殺すのは、誰よ!」 東邦出版
申尚穆 岩井利子訳 「韓国の外交官が語る 世界が見習うべき日本史 今こそ大事な江戸時代の真の姿」 楓書店
石平 「中国人の善と悪はなぜ逆さまか 宗族と一族イズム」 産経新聞出版
川村裕子 「王朝生活の基礎知識 古典の中の女性たち」 角川選書 KADOKAWA 2005年
大石英司 「覇権交代2 孤立する日米」 C・NOVELS 中央公論新社
中島秀之 丸山宏編著 「人工知能 その到達点と未来」 小学館
坪内祐三 「テレビもあるでよ」 河出書房新社
渡邉哲也 「ゴーン・ショック! 事件の背後にある国家戦略と世界経済の行方」 徳間書店
福岡伸一 「ナチュラリスト 生命を愛でる人」 新潮社
福田桃果 「京都大学熊野寮に住んでみた ある女子大生の呟き」 エール出版社
北野幸伯 「日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う」 育鵬社
堀江貴文 「堀江貴文 vs. 鮨職人 鮨屋に修行は必要か?」 ぴあ
木村泰司 「人騒がせな名画たち」 マガジンハウス
落合陽一 猪瀬直樹 「ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法」 KADOKAWA
林譲治 「超武装戦闘機隊2 ウェーク島大激戦」 VICTORY NOVELS 電波社
和田秀樹 「自分を信じるということ ありのままで生きる」 マガジンハウス

【新書】
フレディ松川 「絶対ボケない生活 増補改訂版」 健康人新書 廣済堂出版
岡本健 「巡礼ビジネス ポップカルチャーが観光資源になる時代」 角川新書 KADOKAWA
夏川浩 「中国人富裕層のトリセツ 彼らの「心」と「サイフ」を開かせる極意」 サンエイ新書 三栄書房
岸野正剛 「今日から使える物理数学 普及版 難解な概念を便利な道具にする」 ブルーバックス 講談社
宮崎克己 「ジャポニスム 流行としての「日本」」 講談社現代新書 講談社
橋爪大三郎 大澤真幸 「アメリカ」 河出新書 河出書房新社
黒川伊保子 「ヒトは7年で脱皮する 近未来を予測する脳科学」 朝日新書 朝日新聞出版
太田和彦 「居酒屋へ行こう。」 ポプラ新書 ポプラ社
中村仁一 近藤誠 「新版 どうせ死ぬなら「がん」がいい」 宝島社新書 宝島社
中谷巌 「「AI資本主義」は人類を救えるか 文明史から読みとく」 NHK出版新書 NHK出版
中島恵 「日本の「中国人」社会」 日経プレミアシリーズ 日本経済新聞出版社
藤井厳喜 古田博司 「韓国・北朝鮮の悲劇 米中は全面対決へ」 WAC BUNKO ワック
藤井厳喜 石平 「米中「冷戦」から「熱戦」へ トランプは習近平を追い詰める」 WAC BUNKO ワック
服部幸 「イラストでわかる ネコ学大図鑑」 宝島社新書 宝島社
夢枕獏 岡本道雄 「縄文探検隊の記録」 インターナショナル新書 集英社インターナショナル
門田隆将 高橋洋一 「日本を覆うドリーマーたちの「自己陶酔」」 WAC BUNKO ワック
和田秀樹 「60歳からの勉強法 定年後を充実させる勉強しない勉強のすすめ」 SB新書 SBクリエイティブ
櫻井よしこ 洪ヒュン 「韓国壊乱 文在寅政権に何が起きているのか」 PHP新書 PHP研究所

【文庫】
スタヴリディス,ジェイムズ 北川知子訳 「海の地政学 海軍提督が語る歴史と戦略」 ハヤカワノンフィクション文庫 早川書房
マグレイン,シャロン・バーチュ 冨永星訳 「異端の統計学 ベイズ」 草思社文庫 草思社
岡茂雄 「本屋風情」 角川ソフィア文庫 KADOKAWA
細音啓 「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」 富士見ファンタジア文庫 KADOKAWA
三浦しをん 「お友達からお願いします」 だいわ文庫 大和書房
山口恵以子 「愛よりもなほ」 幻冬舎文庫 幻冬舎
山本巧次 「江戸の闇風 黒桔梗闇草子」 幻冬社時代小説文庫 幻冬舎
志木沢郁 「食いしん坊同心 謎を食らわば皿まで」 角川文庫 KADOKAWA
小川一水 「天冥の標 青葉よ、豊かなれ PART1」X ハヤカワ文庫 早川書房
中島みゆき 「中島みゆき全歌集 2004-2015」 朝日文庫 朝日新聞出版
南綾子 「ぬるま湯女子会」 双葉文庫 双葉社

【漫画】
usi 「デリバリー」8 Houbunsha Comics 芳文社
えすとえむ 「いいね!光源氏くん」 FEEL COMICS swing 祥伝社 2016年
さおとめ やぎ 「あいだにはたち」2 モーニングKC 講談社
シギサワカヤ 「魔法少女は死亡する」 白泉社
とりのなん子 「とりぱん」24 ワイドKCモーニング 講談社
ひうらさとる 「ホタルノヒカリ BABY」2 KC kiss 講談社
ひうらさとる 「もいちどあなたに」1 MARGARET COMICS 集英社
ゆうきまさみ 「新九郎、奔る!」1 BIG SPIRITS COMICS SP 小学館
ラズウェル細木 「酒のほそ道」44四十四 NICHIBUN COMICS 日本文芸社 2019年
宇仁田ゆみ 「ふかしぎ草子」 宇仁田ゆみ作品集 白泉社
吉田秋生 「海街diaryH 行ってくる」 FLOWER COMICS 小学館
久部緑郎 トリバタケハルノブ 「三十歳バツイチ無職、酒場はじめます。」2 ヤングジャンプコミックスGJ 集英社
弓月光 「甘い生活 2nd season」11 ヤンジャンCOMICS GJ 集英社
細野不二彦 「バディドッグ」5 ビッグコミックス 小学館 2019年
篠原千絵 「夢の雫、黄金の鳥籠」12 Petit Comic FLOWER COMICS α 小学館
篠房六郎 「おやすみシェヘラザード」2 IKKI COMIX 小学館 2019年
小山愛子 「舞妓さんちのまかないさん」8 少年サンデーコミックスSP 小学館
松田奈緒子 「重版出来!」12 ビッグコミックス 小学館
森薫 「乙嫁語り」11 BEAM COMIX KADOKAWA
深谷かほる 「エデンの東北」16 BAMBOO COMICS 竹書房
水谷フーカ 「14歳の恋」9 白泉社
水谷京子 「野獣は激しく奪う」10 花とゆめCOMICS 白泉社
瀬野反人 「ヘテロゲニア リンギスティコ 異種族言語学入門」1 Kadokawa Comics A KADOKAWA
西炯子 「初恋の世界」5 FLOWER COMICS α 小学館
早良朋 「へんなものみっけ!」 BIG SPIRITS COMICS 小学館 2017年
麻生みこと 「そこをなんとか」15 HC SP 白泉社
漫画白樺鹿夜 原作江本マシメサ 「北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし」1 PASH! Comics 主婦と生活社
有生青春 「婚姻届に判を捺しただけですが」2 FEEL COMICS 祥伝社



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2019年01月に買った本 fulmar - 2019/01/11(Fri) 16:01 No.8555  

 01月に買った本です。購入額は約\69,487です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2019年は省略しました。

【Mook】
工藤隆宏編輯 「徹底研究!! GAFA」 洋泉社MOOK 洋泉社

【雑誌】
 「季刊 社会運動 2019・1」 0円生活を楽しむ 市民セクター政策機構

【書籍】
EDA 「異世界料理道」16 ホビージャパン
マンキュー, N.グレゴリー 足立英之他訳 「マンキュー経済学U マクロ編(第2版)」 東洋経済新報社 2005年
伊藤元重 「百貨店の進化」 日本経済新聞出版
吉田親司 「ガ島要塞1942 南溟の大海戦!」 RYU NOVELS 経済界
宮崎正弘 「日本が危ない!一帯一路の罠 マスコミが報道しない中国の世界戦略」 ハート出版
宮崎正弘 田村秀男 「中国発の金融恐慌に備えよ!」 徳間書店
宮崎正弘 渡邉哲也 「2019年 大分断する世界」 ビジネス社
上田信 「東ユーラシアの生態環境史」 世界史リブレット 山川出版社 2006年
深田萌絵 「日本のIT産業が中国に盗まれている」 ワック
中村純夫 「謎のカラスを追う 頭骨とDNAが語るカラス10万年史」 築地書館 2018年
田中英道 「日本が世界で輝く日」 育鵬社
筒井康隆 「不良老人の文学論」 新潮社 2018年
藤田紘一郎 「「腸」が喜ぶお酒の飲み方 病気にならない、太らない、若返る」 日本実業出版社
藤田昌雄 「陸軍と厠」 潮書房光人新社 2018年
冨山和彦 「ビッグチャンス 追い風の今、日本企業がやるべきこと」 PHP研究所 2014年
文慶圭 「逆鱗 倭政、それは天恵でした」 文芸社 2017年
兵頭二十八 「米中「AI大戦」 地球最後の覇権はこうして決まる」 並木書房 2018年
平松洋子 「そばですよ 立ちそばの世界」 本の雑誌社 2018年
平野まつじ 「2040年の日本 データでしめす、日本の人口再増加」 幻冬舎メディアコンサルティング 2017年
平野まつじ 「2040年の日本 飛躍する日本の豊かさ」 幻冬舎メディアコンサルティング 2018年
養老孟司 「神は詳細に宿る」 青土社

【新書】
ギルバート,ケント 「本当は世界一の国日本に告ぐ大直言」 SB新書 SBクリエイティブ
加藤雅之 「あきれた紳士の国イギリス ロンドンで専業主夫をやってみた」 平凡社新書 平凡社 2017年
橘玲 「もっと言ってはいけない」 新潮新書 新潮社
宮坂昌之 定岡恵 「免疫と「病」の科学 万病のもと「慢性炎症」とは何か」 ブルーバックス 講談社 2018年
君塚直隆 「ヨーロッパ近代史」 ちくま新書 筑摩書房
古畑康雄 「精日 加速度的に日本化する中国人の群像」 講談社+α新書 講談社
今野真二 「漢字とカタカナとひらがな 日本語表記の歴史」 平凡社新書 平凡社 2017年
小谷太郎 「宇宙はどこまでわかっているのか」 幻冬舎新書 幻冬舎
上念司 「官僚と新聞・テレビが伝えないじつは完全復活している日本経済」 SB新書 SBクリエイティブ
森田健司 「江戸暮らしの内側 快適で平和に生きる知恵」 中公新書ラクレ 中央公論新社
須藤斎 「海と陸をつなぐ進化論 気候変動と微生物がもたらした驚きの共進化」 ブルーバックス 講談社
須藤靖 「不自然な宇宙 宇宙はひとつだけなのか?」 ブルーバックス 講談社
倉本一宏 「内戦の日本古代史 邪馬台国から武士の誕生まで」 講談社現代新書 講談社 2018年
増田隆一 「ユーラシア動物紀行」 岩波新書 岩波書店
東直子 穂村弘 「しびれる短歌」 ちくまプリマー新書 筑摩書房
八木澤高明 「娼婦たちは見た イラク、ネパール、中国、韓国」 角川新書 KADOKAWA
輿水精一 「大人が愉しむウイスキー入門」 ちくま新書 筑摩書房
落合陽一 「日本進化論」 SB新書 SBクリエイティブ
鈴木貴博 「格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方」 講談社+α新書 講談社
齋藤孝 「読書する人だけがたどり着ける場所」 SB新書 SBクリエイティブ

【文庫】
群ようこ 「しいちゃん日記」 角川文庫 角川書店 2010年
群ようこ 「ネコと昼寝 れんげ荘物語」 ハルキ文庫 角川春樹事務所 2018年
群ようこ 「パンとスープとネコ日和」 ハルキ文庫 角川春樹事務所 2013年
群ようこ 「ヒガシくんのタタカイ」 ハルキ文庫 角川春樹事務所 2002年
群ようこ 「またたび回覧板」 ハルキ文庫 角川春樹事務所 2018年
群ようこ 「働かないの れんげ荘物語」 ハルキ文庫 角川春樹事務所 2015年
群ようこ 「福も来た パンとスープとネコ日和」 ハルキ文庫 角川春樹事務所 2016年
佐久本庸介 「青春ロボット」 ディスカヴァー文庫 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2017年
坂井希久子 「ハーレーじじいの背中」 双葉文庫 双葉社
三浦しをん 「光」 集英社文庫 集英社 2013年
山口恵以子 「真夏の焼きそば 食堂のおばちゃん5」 ハルキ文庫 角川春樹事務所
小川一水 「天冥の標 青葉よ、豊かなれ PART2」X ハヤカワ文庫 早川書房
上原善広 「幻の韓国被差別民 「白丁」を探して」 河出文庫 河出書房新社
平松洋子 「味なメニュー」 新潮文庫 新潮社 2018年
平谷美樹 「草子屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞」 だいわ文庫 大和書房 2018年

【漫画】
coco 「今日の早川さん」4 早川書房
あきづき空太 「赤髪の白雪姫」20 花とゆめCOMICS 白泉社
えすとえむ 「いいね!光源氏くん」2 FEEL COMICS swing 祥伝社
オノ・ナツメ 「どこかでだれもが食べている」 文藝春秋 2018年
オノ・ナツメ 「ハヴ・ア・グレイト・サンデー」1 モーニングKC 講談社 2017年
オノ・ナツメ 「ハヴ・ア・グレイト・サンデー」2 モーニングKC 講談社 2018年
金田一蓮十郎 「ゆうべはお楽しみでしたね」6 ヤングガンガンコミックス スクウェア・エニックス
九尾たかこ 「彼とねこが待っている。」1 BRIDGE COMICS KADOKAWA
空木哲生 「山を渡る 三多摩大岳部録」1 HARTA COMIX KADOKAWA 2018年
佐藤宏海 「いそあそび」1-2 アフタヌーンKC 講談社 2018年
細野不二彦 「バディドッグ」2 ビッグコミックス 小学館 2017年
細野不二彦 「バディドッグ」3 ビッグコミックス 小学館 2018年
篠房六郎 「おやすみシェヘラザード」1 BIG SPIRITS COMICS 小学館 2018年
酒川郁子 「お江戸まかない帖」 BUNKASHA COMICS ぶんか社 2015年
酒川郁子 「お江戸まかない帖 深川めし」 BUNKASHA COMICS ぶんか社 2016年
西尾維新 大暮維人 「化物語」4 KCDX 週刊少年マガジン 講談社
石塚真一 「BLUE GIGANT SUPREME」1 BIG COMICS SP 小学館 2017年
早良朋 「へんなものみっけ!」2-3 BIG SPIRITS COMICS 小学館 2018年
池辺葵 「プリンセスメゾン」6 BIG COMICSスピリッツ 小学館
竹葉久美子 「やさしいセカイのつくりかた」2 電撃コミックス アスキー・メディアワークス 2011年
竹葉久美子 「やさしいセカイのつくりかた」3 電撃コミックス アスキー・メディアワークス 2012年
竹葉久美子 「やさしいセカイのつくりかた」4 電撃コミックス アスキー・メディアワークス 2013年
竹葉久美子 「やさしいセカイのつくりかた」5 電撃コミックス アスキー・メディアワークス 2014年
竹葉久美子 「やさしいセカイのつくりかた」6 電撃コミックス アスキー・メディアワークス 2015年
冬目景 「空電ノイズの姫君」 BIRZ COMICS 幻冬社コミックス
入江亜季 「北北西に曇と往け」3 HARTA COMIX KADOKAWA
梅木泰佑 「あせびと空世界の冒険者」8 Ryu Comics 徳間書店 2017年
板場広志 「社畜と少女の1800日」1-2  Houbunsha Comics 芳文社 2017年
板場広志 「社畜と少女の1800日」3-5  Houbunsha Comics 芳文社 2018年
板場広志 「社畜と少女の1800日」6  Houbunsha Comics 芳文社
柳本光晴 「響 小説家になる方法」11 BIG COMICSスペリオール 小学館

【図鑑】
日本チョウ類保全協会編 「フィールドガイド 増補改訂版 日本のチョウ」 誠文堂新光社



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2019年02月に買った本 fulmar - 2019/02/03(Sun) 18:08 No.8586  

 02月に買った本です。購入額は約\46,026です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2019年は省略しました。

【Mook】
ジャパンクラス編集部編 「JAPAN CLASS ニッポンがオレたちの唯一の希望だ!」 東邦出版

【書籍】
NHK番組制作班編 「日本人のおなまえっ! 日本がわかる苗字の謎」 集英社インターナショナル
okama 「okamaの楽しいキャラづくり」 復刊ドットコム
スティルウェル,ジョン 川辺治之訳 「逆数学 定理から公理を「証明」する」 森北出版
ひろゆき 「このままだと、日本に未来はないよね。」 洋泉社
宇多川久美子 「薬剤師の本音 65歳を過ぎたら飲んではいけない薬」 宝島社
宮脇淳子 「満洲国から見た近現代史の真実」 徳間書店
秋川滝美 「居酒屋ぼったくり」11 アルファポリス
川上和人 「鳥肉以上、鳥学未満。」 岩波書店
中村桂子 「あそぶ 12歳の生命誌」X 中村桂子コレクションいのち愛づる生命誌 藤原書店
渡辺靖夫 井関文隆 越山洋三 先崎啓究 「ハイタカ」vol.03 フィールドガイド日本の猛禽類 フィールドデータ 2015年
渡辺靖夫 越山洋三 先崎啓究 井関文隆 「ノスリ」vol.04 フィールドガイド日本の猛禽類 フィールドデータ 2017年
渡辺靖夫 先崎啓究 井関文隆 越山洋三 「サシバ」vol.02 フィールドガイド日本の猛禽類 西本眞理子植物画工房マカロン 2013年
日高義樹 「2020年「習近平」の終焉 アメリカは中国を本気で潰す」 悟空出版
半谷吾郎 松原始 「サルと屋久島 ヤクザル調査隊とフィールドワーク」 旅するミシン社 2018年
福岡伸一 「わたしの すきな もの」 婦人乃友社

【新書】
関裕二 「「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける」 PHP新書 PHP研究所
古澤明 「光の量子コンピューター」 インターナショナル新書 集英社インターナショナル
佐藤優 宮家邦彦 「世界史の大逆転 国際情勢のルールが変わった」 角川新書 KADOKAWA
小林ふみ子 「へんちくりん江戸挿絵本」 インターナショナル新書 集英社インターナショナル
谷口義明 「宇宙はなぜブラックホールを造ったのか」 光文社新書 光文社
渡辺佑基 「進化の法則は北極のサメが知っていた」 河出新書 河出書房新社
堀江貴文 「僕たちはもう働かなくていい」 小学館新書 小学館

【文庫】
ヴォールレーベン,ペーター 長谷川圭訳 「樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声」 ハヤカワ文庫 早川書房 2018年
チーズプロフェッショナル協会 「世界のチーズ図鑑ミニ」 マイナビ文庫 マイナビ出版
岸本葉子 「週末の人生 カフェ、はじめます」 双葉文庫 双葉社
岩田宏 「渡り歩き」 草思社文庫 草思社
坂井希久子 「あったかけんちん汁 居酒屋ぜんや」 ハルキ文庫 角川春樹事務所
三浦しをん 「本屋さんで待ちあわせ」 だいわ文庫 だいわ書房
小川一水 「天冥の標 青葉よ、豊かなれ PART3」X ハヤカワ文庫 早川書房
森川絵夢 「春、ひとり暮らし。隣に住むのはお姉さん。」 宝島社文庫 宝島社
八神淳一 「したたり美女酒場」 三交社文庫 三交社
望月麻衣 「京都寺町三条のホームズ」1 双葉文庫 双葉社 2015年
和久田正明 「十手婆 文句あるかい お狐奉公」 二見時代小説文庫 二見書房

【漫画】
はるこ 「酒と恋には酔って然るべき」2 A.L.C.DX 秋田書店
やまむらはじめ 「姫ヤドリ」3 サンデ−GXコミックス 小学館
羽鳥まりえ 「特売ですよ!!信長様」 YKコミックス 少年画報社
遠藤浩輝 「ソフトメタルヴァンパイア」6 アフタヌーンKC 講談社
原田重光原作 松本救助作画 「魔女は三百路から」2 YOUNG ANIMAL COMICS 白泉社
山田金鉄 「あせとせっけん」1 モーニングKC 講談社 2018年
新久千映 「タカコさん」4 ZENON COMICS ノース・スター・ピクチャーズ
新久千映 「ワカコ酒」12 ZENON COMICS ノース・スター・ピクチャーズ
西村しのぶ 「砂とアイリス」4 集英社
谷川史子 「おひとり様物語」8 ワイドKC kisss 講談社
漫画半二合 原作バンダイナムコ エンターテインメント 「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After 20」1 サイコミ Cygames 2018年



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2019年03月に買った本【暫定】 fulmar - 2019/03/03(Sun) 17:26 No.8614  

 03月22日迄に買った本です。購入額は未定です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2019年は省略しました。

【雑誌】
 「楽園 29」 白泉社

【書籍】
ギルバート,ケント 石平 「「米中冷戦」で日本は漁夫の利を得る」 宝島社
シンシアリー 「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 韓国人による日韓比較論」 扶桑社
スタジオクゥ ひさよ&うにさ 「温泉浴衣をめぐる旅」 コミックエッセイの森 イースト・プレス
ひろゆき 「これからを生きるための無敵の お金の話」 興陽舘
ファン,ジェイソン 多賀谷正子訳 「トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ」 サンマーク出版
リンツラー,キャロル アン 松浦俊輔訳 「進化する人体 虫垂、体毛、親知らずはなぜあるのか」 柏書房
阿川佐和子 「いい女、ふだんブッ散らかしており」 中央公論新社
黄文雄 「なぜ韓国は未来永劫幸せになれないのか」 ビジネス社
岸本葉子 「人生後半、はじめまして」 中央公論新社
技術評論社編集部 「ゼロから始めるドコモAQUOS sense2 SH-01L スマートガイド」 技術評論社
橘玲 「人生は攻略できる」 ポプラ社
宮崎正弘 大竹愼一 「米中壊滅 日中スワップ協定なんてとんでもない」 李白社
高橋洋一 「ド文系大国日本の盲点 反日プロパガンダはデータですべて論破できる」 三交社
高月靖 「日本コンプレックス 韓国人の対日意識の深層」 バジリコ
川上洋一 「東京いきもの散歩」 早川書房 2018年
大石英司 「覇権交代3 ハイブリッド戦争」 C・NOVELS 中央公論新社
谷甲州 「覇者の戦塵1945 硫黄島航空戦線」 中央公論新社
中崎タツヤ 「もたない男」 飛鳥新社 2010年
長谷川慶太郎 「今こそ「米中」を呑み込め 長谷川慶太郎の大局を読む緊急版」 李白社
猫組長 西原理恵子 「猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言 完全版」 扶桑社
綿貫淳子 「南極ではたらく」 平凡社
野島キウイ 「いい年して処女なの隠して生活しています。」 インフォレスト 2010年

【新書】
シンシアリー 「人を楽にしてくれる国・日本 韓国人による日韓比較論」 扶桑社新書 扶桑社
呉座勇一 「陰謀の日本中世史」 角川新書 KADOKAWA 2018年
三戸政和 「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」 講談社+α新書 講談社 2018年
市橋伯一 「協力と裏切りの生命進化史」 光文社新書 光文社
石井公成 「東アジア仏教史」 岩波新書 岩波書店
倉谷滋 「進化する形 進化発生学入門」 講談社現代新書 講談社
大内伸哉 「会社員が消える 働き方の未来」 文春新書 文藝春秋
平山令明 「はじめての量子化学 量子力学が解き明かす化学の仕組み」 ブルーバックス 講談社
養老孟司 「ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか? 脳化社会の生き方」 扶桑社新書 扶桑社

【文庫】
安田登 「体と心がラクになる「和」のウォーキング 芭蕉の"疲れない歩き方"でからだをゆるめて整える」 祥伝社黄金文庫 祥伝社
群ようこ 「たかが猫、されどネコ」 ハルキ文庫 角川春樹事務所
山口恵以子 「風待心中」 PHP文芸文庫 PHP研究所
山田英生編 「老境まんが」 ちくま文庫 筑摩書房
太田和彦 「おいしい旅 昼の牡蠣そば、夜の渡り蟹」 集英社文庫 集英社
和久田正明 「昼行燈 布引左内影御用」 ハルキ文庫 角川春樹事務所

【漫画】
おざわゆき 「傘寿まり子」9 KCDX 講談社
かねもりあやみ 「サチのお寺ごはん」6 A.L.C.SELECTION 秋田書店
きくち正太 「瑠璃と料理の王様と」9 イブニングKC 講談社
さおとめ やぎ 「あいだにはたち」3 モーニングKC 講談社
ヤマザキマリ 「オリンピア・キュクロス」1 ヤングジャンプコミックスGJ 集英社 2018年
ラズウェル細木 「美味い話にゃ肴あり」11 BUNKASHA COMICS ぶんか社
安倍夜郎 「深夜食堂」21 BIG COMIC SP 小学館
杏耶 「いいわけごはん」 幻冬舎コミックス
郷本 「ねこだまり」1 芳文社コミックス 芳文社 2018年
小山愛子 「舞妓さんちのまかないさん」9 少年サンデーコミックスSP 小学館
水野十子 「遙かなる時空の中で6」7 KCx 講談社
釣巻和 「のの湯」3 少年チャンピオン・コミックス・タップ 秋田書店
入江喜和 「ゆりあ先生の赤い糸」3 KC Be Love 講談社
売野機子 「ルポルタージュ追悼記事」2 モーニングKC 講談社
林久美子 「弟じゃなければよかったのに」 プリンセス・コミックスDXロマンス 秋田書店


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗11/02/19キノモトブシ fulmar 投稿日:2019/02/11(Mon) 23:47 No.8591  

 本日:11/02/19はキノモトブシ(紀元節)の日であるらしい。よく知らんけど、宮園節や一中節の親戚だろうか。

♪クーモニソービユルタカチホノー
♪ターカネオーロシニクーサモキモー

 んなもんで何の関連もないけど、朝麦飯を炊いた。一寸水が多めだったかな。

 キノモトブシを一節唸ったら勃然と淫慾、もとい飲慾が湧き起こり昼酒が呑みたくなった。百味って何時からだったかなぁ。昔もらった名刺があるハズ、と探したら11時開店だった。よし行こうと11時過ぎからお出掛けの支度。約一割引の回数券をヒン握って駅へ向かいます。

 正午過ぎに百味に着いた。毎度おなじみのサービス券を出して「キリンの生」と頼みます。この店はお会計の時に次回ように生ビールかサワーが一杯タダになるサービス券をくれるのです。生ビールには超不味いアサヒもあるので「キリン」と念押しします。別にキリンの生ビールが特に美味い訳でもない(極論すると日本の大手ビール会社のピルスナータイプのラガーは殆ど皆不味い)が、アサヒに比べれば遙かにマシ。

 キリンの生ビールの後は、ボトルキープのキリンの富士山麓ウィスキーのお湯割。肴は、ネギヌタ、串カツ、サンマ塩焼きとケンランゴーカ。何處がー、いや、儂の財布からすればね。最後は豚肉生姜焼き定食を食って帰って寝た。そしてさっき起きたトコです。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗12/02/19無気力な日 fulmar - 2019/02/13(Wed) 07:15 No.8596  

 寝るのが遅かったので目が醒めるのも遅く、目覚めても午後3時頃迄は殆ど寝床に潜り込みっぱなしで、屋外に出たのはゴミ捨てに行っただけ。寝床の中ではよく読んでいなかった竹葉久美子「やさしいセカイのつくりかた」全6巻などを読み直していました。

 3時過ぎにようやく起き上がって風呂に入って、秋津にお出掛け。サラリーマンで呑むためです。

 でもサラリーマンでも無気力で酒も進まず、燗酒2杯でお仕舞い。食欲もなくフラフラと駅の方に向かいます。駅ビルにある本屋に引っ掛かり暫し本や雑誌を物色。何も買わず最寄駅迄戻ります。

 駅前の喫茶店でアールグレイを飲み乍ら、読んでいたリチャード・メイビーの「イースト・アングリア」の続きを読んだ。しかし、本書は著者が鬱病からの恢復過程で書かれたもので読んでいてこっち迄沈鬱になりそうでした。著者がChiltern Hills東端から移り住んだEast Angliaの地はNorfolk、Suffolk、Cambridgeshireの境目に近い何處かなぁと云う気がする。若しそうなら其處はthe fensと云う湿地帯の端の方です。the fensは"waterland" by Swift, Grahamの舞台です。

竹葉久美子「やさしいセカイのつくりかた」6 DENGEKI COMICS アスキー・メディアワークス 2015年 ISBN978-4-04-869211-3
リチャード・メイビー「イースト・アングリア」ヴィレッジブックス 2007年 ISBN978-4-7897-3096-9
Swift, Graham"waterland" Picador 1984年 ISBN0-330-28395-2



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗13/02/19農協直売店 fulmar - 2019/02/14(Thu) 02:28 No.8597  

 朝遅く起きたので、空壜を持って車でハミレスに行く。後で食品スーパーに行って空壜を返して壜代をもらう積りがあるからだ。食品スーパー経由で帰宅。

 灯油を2斗使い切って仕舞ったので行きつけのスタンドにポリ缶持って買いに行く。此處迄来たからにはと序でに本屋にも行く。何しろウチのボロ車はガスガズラーだから単一目的で出掛けると不経済なのだ。帰りには前から気になっているあのどデカい農協の直売所にも寄ってみよう。

 本買った帰りに農協の直売店に寄ってみた。いや実に色々農産物を売っている。お茶もある。そう言えばこの辺は狭山茶所だった。食堂迄ある。一通り見て回るだけでも大変だし面白い。以後、給油や本買いに来た折には寄ることにしよう。幾つか、かき揚げ丼も含めて買って帰った。レシートを見たら此處は「あぐれっしゅ げんき村」と云うとんでもない名前だった。

 本日はdry day、酒呑まなかった。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗14/02/19吉祥寺に行っ... fulmar - 2019/02/16(Sat) 01:32 No.8599  

 朝、鳥見散歩をしていたらNさんからショートメイル。アルバイトの件だ。電話くれと返事したら、電話で午後吉祥寺で会おうと云うことになった。

 1月に面接してから梨の礫状態だったが、年齢制限が引っ掛ったらしい。それが何とかなったらしくやっと連絡が来たと云うことだそうだ。来週か再来週から仕事になるらしい。勝手な皮算用だと購入する本代位にはなりそうだ。そうだと助かるなぁ。

 帰りは来た道と同じルートで帰った。これ迄は何となく吉祥寺からバスに乗って西武線の駅迄行って電車で帰っていたが、これは行きの交通費より高い。だから止めた。バスより電車の方がエネルギー効率が良い。それがコストに反映しているのだろうと勝手に思っている。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗15/02/19昼酒 fulmar - 2019/02/19(Tue) 14:56 No.8607  

 朝、鳥見散歩に行き途中でハミレスに寄る。

 昼過ぎにトロロ沢に行く。百味で呑む。ボトルキープしていたウィスキーが空になったので新しいのを頼む。酒精50度のキリンの富士山麓。ウィスキーにしているのは、銘柄がこれ一つだけでしかもウィスキーをボトルキープしている人は少ない。50度であり、25度の焼酎に換算すると大して高くないなどの理由による。

 以前は焼酎をボトルキープしていたが本人が銘柄を忘れたり、お店の人が見付けられなくてあるのにないと言われたりすることがあったのでそう云う可能性の少ないウィスキーに変更した。

 締めにカツ煮定食(この店は14時迄お昼の定食もやっている)を食った。カツの肉の部分がやけに薄くてカツと言うよりシュニッツエルだなぁ。

 ヴィタミンB系のサプリメントを買って帰宅。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗16/02/19皮膚科 fulmar - 2019/02/19(Tue) 15:50 No.8608  

 午前中、乾燥肌対策の抗ヒスタミン剤がなくなるので皮膚科に行った。流行っているようで狭い待合室が満杯だ。序でに足の爪もつんでもらった。足の親指の爪が変に変形していて自分ではつめないのだ。皮膚科で爪をつんでもらえるのは有難い。

 駅前の薬局に処方箋を出して一旦帰宅。

 ブクロに出掛けるので駅に向かう。駅前のコンビニで田舎の家の電気代を払い込む。今月、先月と誰もいないはずなのに多少だけど電気を使ったことになっている。変だなぁ、確認しないと。薬局でヤクを回収して電車でお出掛け。

 ビックカメラで雑貨小物を買って千登利へGO! 千登利でネギヌタで米焼酎の炭酸割りを呑む。三杯呑んで退散。カレー食って帰宅しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗17/02/19ウィスキ−4L... fulmar - 2019/02/21(Thu) 02:58 No.8609  

 朝、ハミレスに行く。その後ウォルマートの向かいの食品スーパーで葡萄ジュースとか牛乳とか色々食材購入。食品スーパーではホワイトホース4LのPETボトル購入。これで買うとやまやの700ml壜の特売価格よりも多少安い。

 そうやって前回購入したのは5ヶ月前。これで当分ウィスキーには困らない。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗18/02/19鍋空焚き fulmar - 2019/02/21(Thu) 03:16 No.8610  

 朝から、アルバイト先からの電話をスタンバイして待っていたが、結局来ず。まぁ、明日か明後日かも知れないしね。

 朝、プラスティックゴミを出しに行った以外は自宅に引き籠り。当然、支出はなし。

 寝室のストーヴで水蒸気供給のために置いた鍋を空焚きして仕舞った。気が付いたら直ぐ降ろして水を掛けたが、水道水中の石灰分が固着して仕舞った。

 前日買ったホワイトホース4L入りPETボトルを空壜を総動員して移し替えした。その儘ではデカ過ぎて扱い辛いのだ。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif 酔狂亭日乗19/02/19匿名購買 fulmar - 2019/02/21(Thu) 10:27 No.8611  

 朝、鳥見散歩に行った。帰宅後里芋を煮た。カブの根と葉を塩揉みした。

 昨日、連絡が来なかったアルバイト先から電話あり。金曜日の午前中に面接を受けに行くことになった。先月面接を受けた会社と関係ありそうなのだが、どんな関係だか分からない。金曜日に行ったら聞いてみなければ。

 夕刻、ATMにお金をおろしに行く。

 キャッシュレス化なんて反対である。ヤクザであろうがなかろうが、購買履歴が匿名化された儘の現金支払いが一番である。

 支那みたいに乞食迄QR codeを介して電子マネーで施しを受けるなんてとんでもないことだ。そんなことは政府も含めたサプラライサイドの都合である。デマンドサイドはそんなこと望んでいない。

 まぁ、支那の人民元なんて偽札だらけで何時紙屑ジャンクになっても不思議のない信頼性ゼロのローカルカランシーだもんね。支那の庶民は他に選択肢がないから渋々使っているだけで、可能なら金(銅を5%混ぜた品位95%の慶福金が主体。グローバルスタンダードのフォーナインズ:99.99%の純金は柔らかくて磨耗し易い。慶福金は硬くて磨耗し難い)か米ドルとか日本円と云ったハードカランシーで持っていたいと思ってるがそんなチャンスは中々ない。ビットコインなどの仮想通貨は禁止された。

 支那の反革命人民抑圧政府は外貨準備は3兆ドル前後あると言っているが実態は殆ど底をついたらしい。GDPは日本の3倍とか言っているけれど、きちんと普通の基準で計算すれば大して変わらない規模じゃないかなぁ。除却と云う概念があるのかどうか疑問だ。

 ウォルマートの向かいの食品スーパーに糠床を売っていた。東海漬物の製品だそうだ。スーパーで糠床が売られているなどとは思っていなかったので速攻で購入。他にもカツオ刺身とか袋入りおでんとか小振りのとんかつソースとか泥ごぼうとか買った。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗20/02/19免許更新 fulmar - 2019/02/21(Thu) 11:50 No.8612  

 朝、トロロ沢警察署に免許の書き換えに行った。遅れてはいけないので早めに行った。番号札を取れと言われて、見たら私が一番だった。受付開始の8時半迄30分近くある。本を読んで待つ。

 免許更新の案内葉書には、8時半に遅れると受付しないと書いてあったが、実際には8時半を過ぎてもパラパラやってきて皆受付している。何だよう。余り早くに来るんじゃなかった。

 お蔭でゴールドの運転免許証を更新出来たのは良かったが、予想外に早く終わり過ぎた。今から行ってもまだ本屋開かないじゃないか。最近はちゃんと麦飯を炊いて食うことが多いので、何處かで飯を食って時間を潰すと云う技が使えない。そんなことをすると余計な金が掛かるし、食い過ぎになる。年金生活者になってから、お金の使い方に相対的にシビアになった。収入が減ったのだから当たり前である。

 昔、池田勇人は貧乏人は麦を食えと言ったそうだが、当時としては当然の発言である。併し、今でも大麦は安いのか? 先日買った押麦の値段を調べて5kgに換算してみた。すると、5kgで本体価格\1,863である。何だ、ちっとも安くないぞ。少なくとも値段だけで見ると、貧乏人は麦を食った方が良いかどうかは疑問である。私が買ったのは800gなので割高な可能性は大ありだが、大麦が5kgとか10kgと云った単位で普通に売られているかどうかは大いに疑問なので結論は変わるまい。

 堀兼のコスモのスタンドで灯油1斗購入。更に狭山の本屋に行って本十余冊購入。帰りに農協直売所に寄ったら月一度の休業日:第三水曜日だった。あちゃー、運が悪いなぁ。

 買った糠床でカブを漬けた。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

BBS by Kent (Joyful Note)  Edit by Ryokucchi
Icon by Ryokucchi