[ホーム] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] 122327

FULMAR-S Watching & Drinking
おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ (メッセージ欄にタグは使えません)
  http を書き込む時は、右のボックスにチェックを入れてね (^^)
URL
添付File
アイコン (アイコンをお選び下さい) [アイコンサンプル]
パスワード (最初の2文字を qw にしてください 英数8文字以内)
文字色

 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180421百味 fulmar 投稿日:2018/04/25(Wed) 09:40 No.8242  

 早朝、悪牛で回数券値引で牛丼を食う。

 午後、トロロ沢に行く。回数券がなくなっているので秋津迄の回数券を駅で購入。トロロ沢行きの電車賃は秋津や東村山行きと同じ値段。どちらも時々行くからトロロ沢行きの回数券を買うより汎用性があって使い勝手が良いのです。だからトロロ沢行きの回数券は買わず、秋津行きかや東村山行きを買います。普通回数券は10回分の代金で切符が11枚買えるから、約1割、より正確には約9%得。3ヶ月の有効期間内に6往復以上するならお得です。

 トロロ沢駅前のドラッグストアでヴィタミンCのサプリメントを購入。ポイントが一千数百円分溜まっている。今度何か買うときに使おう。百味で飲む。ウイスキーを呑みきったので新たなボトルを入れる。最近は所謂銘酒には余り興味がなくなりました。非道く不味くなければ安い酒で良いと思うようになりました。これも歳のせいかなぁ。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180422最近の墓地 fulmar - 2018/04/26(Thu) 05:17 No.8243  

 昔の友人達と墓参に行きました。待ち合わせは小平駅。行先は駅の北側の小平霊園だと思っていたら墓地は南側にあるとのこと。途中の道端にコゴメウツギやらカナメモチやらの花が咲いていました。

 着いたのは「此處は斎場かいな」と思うようなトコでした。先ず墓石が私が連想するようなものとは全く違う。そして多くの墓石に例えば「夢」だとか「想い」だとか変な言葉が大書してある。「何だこれは。最近の首都圏の新しい墓地ってこんなもんなのか」と物凄い違和感を持ちました。

 それでも可成りの墓には家紋が彫られています。家紋フリークな私は色々見て回りました。もう色々な家紋があって種々雑多です。首都圏は日本全国からの吹き溜まりってことでしょう。古くからの墓地では輪に違い鷹羽許りとか家紋の多様性が低いことが多いのですが。

 それでもお天気が良くて良かった。道々、バイクライダーのKと話した。流石、何十年もバイクで内外を広く走り回っているだけあって各地をよく知っている。私の田舎やら生地やら飛島、駒止峠迄よく知っていた。「六連島迄橋が掛かっている」と言うので「そんなはずはない。竹の子島の間違いだろ」と言ったら、「あ、そうだった」とか、文殊山の中腹の日本三大文殊の文殊堂とかも知ってた。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180423高圧洗滌 fulmar - 2018/04/26(Thu) 05:39 No.8244  

 管理組合が業者を雇って本来は専有部分が多いはずの排水管の高圧洗滌をしてくれました。ほぼ毎年のことです。何年かに一度はサンドブラストで排水管内壁の付着物を落として樹脂ライニングもします。最大トラブルの一つが排水管関係だもんね。台所、風呂場、洗面所何れも問題なしとのことでした。

 夕刻、鍼灸院に行く。痛みが内臓疾患に由来する可能性もあるので内科で診てもらった方が良いかもと言われた。あり得ないではないなぁ。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180424ゼンマイ切れ fulmar - 2018/04/28(Sat) 16:33 No.8245  

 心のゼンマイが愈々切れてしまった。それを言いに会社に出掛けた。お昼前に大盛に着いて丸一で豚カツ食べてから会社に行く。多分、私は6月か7月に会社を辞めることになるだろう。

 夕刻、値引屋書店で本買い。同時に昔の同僚との待ち合わせ場所も兼ねる。本買いが済んで隣のラウンジみたいな店で呑む。閉店迄ダベって帰宅。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180425慎ましく仕事 fulmar - 2018/04/28(Sat) 16:35 No.8246  

 余り支出もせず、残務整理的にthin clientで仕事していました。

 あ、pay dayだったんだ。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180426ロキソニン fulmar - 2018/04/28(Sat) 16:37 No.8247  

 お昼にまけやのまけ丼食べて新設の食品スーパーでカレイの切り身、長芋、ショルダーベーコンとか購入。

 夕刻、鍼灸院に行く。帰ってからカレイを煮たり、長芋をすったりして酒呑んでバナナボート状態で寝る。二三日家にあったロキソニンを寝る前にのむので痛みが減った。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180427打ち合わせ fulmar - 2018/04/28(Sat) 16:40 No.8248  

 前から気になっている海外案件があるので、会社で打ち合わせのため出社。これだけは頑張って何とかしないと。

 雑用をする。何か手際が悪い。人はこうやってボケていくのだろうか。ヤだなぁ。

 先日の元同僚と亦呑む。秋葉原の赤津加を提案されたので予約を頼んでおいた。そうしたら予約で満席状態とのこと。仕方がないので神田の新八を予約。

 値引屋書店で注文しておいた本だけをピックアップして新八に急ぐ。お店に着いて予約席に案内されたら彼がいない。おかしいと思って電話。どうも道に迷ったらしい。案外、方向音痴なのかしら。

 帰りに「ざざんざ」でモルトウイスキーを引っ掛けてジッグザッグと帰宅。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180429カロナール fulmar - 2018/04/30(Mon) 09:24 No.8250  

 カロナールとカルベジロールをもらうために紹介状と先月の健康診断結果を持って病院に行った。珍しや女医さんだった。時たまいるらしいが、私は初めてだった。

 駅前の薬局に処方箋を持って行って薬を買う。その後でギョーマンで冷やし中華を食べる。今年の最初の冷やし中華だ。もう冷やし中華が出る初夏なんだなぁ。

 洗濯屋にズボンとワイシャツを出す。

 自宅で呑む。退職すると月給が貰えなくなるから成るべく金をかけない練習をし始めなければならない。カロナールをのむが寝ると矢張り痛い。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180429過ちの八国山 fulmar - 2018/05/01(Tue) 02:18 No.8251  

 4月の最終日曜日ということで、八国山何でも観察オフに参加するために東村山駅に行きました。ところが定時の9時半になっても誰も来ない!?

 改めて主催者のJokerさんからのe-mailを読んでみると、開催日は翌日でした。何と間抜けなことでしょう。帰ろうかなとも思いましたが、折角来たから一人でも歩こうと決めました。キンラン、ギンランも見たいし。

 当日、駅ー八国山ー北山公園ー駅の間で見聞きした鳥その他の生き物は以下の通りです。

 オナガC、ムクドリV1、ヒヨドリV3、スズメV2、シジュウカラS、ハシブトガラスC、コゲラC、ツバメFC、ウグイスS、ケラspC、ガビチョウC、コジュケイS、ヤマガラS、カルガモV4、ハシボソガラスC
 スズメがメイティングしていました。

草本花:ホタルブクロ、ワスレナグサ、シュンギク、ユウゲショウ、アメリカフウロ、オッタチカタバミ、ノミノツヅリ、ヒルガオ、キュウリグサ、メキシコマンネングサ、タツナミソウsp、ギンラン、キンラン、ニガナ、コウゾリナ、ムラサキサギゴケ、ニワゼキショウ、ウマノアシガタ、タガラシ、ジシバリ
木本花:オオムラサキ、モッコウバラ、ヤマボウシ、ヤマツツジ、ツルウメモドキ、ニシキギ
植物他:ミザクラsp実、ナワシロイチゴ蕾、ツルドクダミ株、センニンソウ株、ムラサキシキブ蕾、ウグイスカグラ実、ササバギンラン?株
昆 虫:アゲハチョウsp、モンキアゲハ、ダイミョウセセリ、クロヒカゲ、クロハナムグリ、コチャバネセセリ、コミスジ、ツマグロヒョウモン♂
動物他:ウシガエル

 オフが翌日だったので拍子抜けして「稲田堤のたぬき家に行ってみよう」と思いついてしまいました。東村山駅に着いて国分寺に出て西国分寺経由で稲田堤へ。駅からテクテク歩くと約10分で多摩川です。あ、やってる。良かった。若い人達のグループが一杯。でも座れないほどでもないので満々と水を湛えた多摩川を見乍らビールを呑んだのでした。稲田堤駅迄の途中に仏具オフがあったので一寸引っ掛かり。出た許りの「よつばと!」の新刊を見付けて速攻で購入。ラッキー!



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180430今日もダラダラ fulmar - 2018/05/03(Thu) 07:14 No.8252  

 月末の月曜日だが、日曜日が昭和の日(って何だ?)なのでその振り替え休日でお休み。溜まった仕事をしなくてはいけないのについダラダラして仕舞います。お昼に悪牛の牛丼を定期券のお値引で食べて、夕方早めに無気力茶屋に行って呑む。

 もう直ぐ月給取りを辞めて給料がなくなるのだから、外食、外呑みは控えて内食、宅呑みにしなくてはならないんだけど長年の習慣は簡単には変わらない。でもぼつぼつと自炊して、宅呑みも始めています。

 最後にピザ食べたらもう満腹でした。4月もかくて終わりぬ。


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180411リハビリ fulmar 投稿日:2018/04/15(Sun) 05:39 No.8230  

 社長と話をして気持ちが落ち着いたと言っても、まだ本調子ではありません。まぁリハビリ期間です。それでも前日部長から言われた案件に着手。該当ホルダを開けてみると、会社案内みたいなファイルはあったけど肝心の契約書ファイルがない。部長に契約書がないからmailで送ってと電話。少しづつ仕事は始めた。

 お昼にまけやでまけカレー食って、ウォルマートで葡萄ジュースとか、その向かいの百円ショップで台所の三角コーナー用のネットとか購入。もう流石に要らないので抛りだしていた毛布をクリーニング屋に持って行く。

 夕刻、養老乃瀧で呑みました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180412英文契約 fulmar - 2018/04/15(Sun) 05:42 No.8231  

 自宅で朝飯食って(本来これが普通なんだけど。リタイアしたら自炊しなくちゃなぁ)、蜿蜿とスイス人の書いた英文契約書を読んでいました。ネイティヴでない人間の書いた英文は時々よく分からない箇所があります。母語の表現、感覚をそのまま英文に持ち込んだからでしょう。日本人の英語も、変な英語だなぁと思うけど自分も日本人だから分かり易い。

 夕刻、無気力茶屋へ行って呑みました。これもリタイアしたら宅呑み主体に切り替えなくちゃいけないなぁ。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180413鍼灸院 fulmar - 2018/04/15(Sun) 09:44 No.8232  

 私の仕事場兼寝室にはLANケーブルが1本しか来ていません(今のトコ無線LANは嫌い。何せ新しいものが嫌いな新しがり屋ですから)が、仕事をしていると会社支給のthin clientの他に、英単語やイディオムを引いたり検索などのために自分のMac Book Airも使いたくなることがあります。thin clientでも出来ないことはありませんが可也使い難いのです。

 そこでお昼にLANケーブルを買いに行きました。その帰りに「あれ、こんなトコに鍼灸院がある」とよく行く病院の直ぐ近くに鍼灸院を発見しました。名前で検索して電話してみました。

 三時か四時頃にA4で20枚程度の英文契約書が片付いたので、今日はもう良いやと徒歩で出掛けてみました。話をすると鍼よりも電気治療の方が良さそうだと言われました。体に微弱な電流を通電させて筋肉のコリをほぐし、炎症を鎮めるのだそうです。私は基本的に「電気」と名が付く治療は胡散臭いと信用していないのですが、長らく寝るとバナナボート状態なので、効くなら胡散臭くても構わない、ダメモトでやってみることにしました。溺るるものは藁をも掴む気持ちです。

 やってみると何とも変な感覚です。でも最後の方で寝そべっていた台から起き上がる際、盛大に♪デーオイデデーオ、イデデイデデイデデ・・・となっちゃいました。鍼灸院の方でも呆れて次回からは寝そべらず、台に座ったままやりましょうと云うことに。お会計は\970也、保険が使えるとは言ってもとても安い。

 そのまま、駅前のギョーマンへ。回鍋肉とかを肴に紹興酒などを引っ掛けて帰宅しました。

 その日の夜はこれ迄に例のないほど痛かった。変なことをしたせいかも知れません。少なくとも体が反応している。良くなる前兆かも知れない。悪くなる一方の可能性もありますが。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180414サクラ保護林再... fulmar - 2018/04/15(Sun) 13:54 No.8233  

 昨日:14/04/18は、翌日天気が崩れそうなのと、回数券が翌日迄なのとで再度高尾のサクラ保護林に行ってきました。今回は前回よりも多少早めに着きました。

 サクラ保護林とその周辺(正確には高尾駅→サクラ保護林→高尾駅)で見聞きした鳥やその他の生き物は以下の通りです。鳥以外は恣意的に選択しました。全部は書ききれないし、知らない、思い出せない、忘れたのも沢山あるからです。サクラ保護林なのでサクラは省略。ミヤマカラスアゲハ(だと良いなぁ)らしいのとかも見ましたが同定出来ず。

 まだ八重桜を中心に咲いているサクラも沢山。風で空気の中を多くの花びらが舞うのはとても気持ちが良い。桜吹雪、好きです。血の魅力と続けるとヤクザ映画ですが。

ツバメV1、ドバトV2、ハクセキレイV3、キジバトV4、セグロセキレイV5、スズメV6、カワラヒワFC、ウグイスS、シジュウカラS、ヒヨドリV8、ホオジロC、メジロC、ガビチョウC、コゲラC、ヤマガラS、ハシブトガラスV7

花草本:カラスノエンドウ、ヂシバリ、セリバヒエンソウ、タチツボスミレ、キランソウ、キュウリグサ、ホタルカズラ、ヒメウズ、フデリンドウ、シャガ、ヤマルリソウ、イチリンソウ、ホウチャクソウ、ウマノアシガタ、ヤブニンジン、ムラサキケマン、ジロウボウエンゴグサ(←わざと書いてみました)、ツボスミレ、ミミガタテンナンショウ、イワボタン、チゴユリ、スズメノエンドウ、カスマグサ
花木本:ベニバナトキワマンサク、クサボケ、クサイチゴ、ヤマブキ、ウワミズザクラ、コバノガマズミ、ミツバアケビ、カナメモチ
植物他:アオイスミレ株、フタリシズカ株、ムラサキシキブ蕾、ガマズミ蕾、コゴメウツギ蕾、ダイコンソウ株、
昆 虫:モンシロチョウ

 毎月一二回は来よう。まぁ、思うだけで終わっちゃうことも多いんだけどさ。帰りに亦秋津のサラリーマンで呑む。前回よりは酒もお勘定も控えめでした。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180415古本購入 fulmar - 2018/04/16(Mon) 08:42 No.8234  

 午後、トロロ沢にお出掛け。百味で呑む。ウイスキーが残り少なくなった。次に行ったら新ボトルを頼まなくては。

 そのあと古本屋で須賀敦子の文庫本を購入。

須賀敦子「須賀敦子全集」1 河出文庫 河出書房新社 2006年 ISBN4-309-42051-6



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180416給油 fulmar - 2018/04/17(Tue) 05:17 No.8235  

 早朝、朝飯食べに悪牛に行きました。勿論\80値引してくれる期間限定定期券持って。定期のお蔭で最近よく悪牛に行きます。定期券での値引を餌(普通はインセンティヴとかいう)に顧客の来店頻度を上げると云う悪牛の悪巧み(普通は販売促進とかプロモーションとかいう)は私に刺さったようです。勿論、定期が切れたらもう行きません。値引の切れ目が縁の切れ目さ。

 この間から点きっぱなしのフューエルランプが気になって悪牛の後はガソリンスタンドへ。ボロ車と灯油缶に給油するのです。その内ガス欠でエンストしそうだし、部屋はまだうすら寒いしね。

 昼に7-11に弁当買いに行った序でに近くの本屋で「傘寿まり子」の新刊を購入。

 夕刻、鍼灸院再訪。前回行った日の夜前代未聞に痛かったと言ったらあれこれ予想したようなことを言ってました。ホントかどうか分かりませんが。最後に痛み止めを塗ってた。姑息だなぁ。

 終わって、無気力茶屋で呑んで帰宅。

おざわゆき「傘寿まり子」6 講談社 2018年 ISBN978-4-06-511368-4



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180417宅呑み fulmar - 2018/04/18(Wed) 09:03 No.8237  

 朝、暫く振りに鳥見散歩に出掛けました。少し間が開くと確実に季節は動いています。今にも降り出しそうな空模様でしたが殆ど降られませんでした。

 お昼に定食屋に行く。その後、先日13日の金曜日と云うおめでたい:ominousな日に開店した近くの食品スーパーに行ってみました。ブルガリアの葡萄酒があったので珍しいと買ってみました。ナスと麻婆茄子の素も購入。開店記念にTポイント5倍と銘打っていましたがレシート見たら5倍でこれかよと言う位しょぼいものでした。

 夕刻、買ってきたナスで麻婆茄子を作り、それを肴に二三日前に呑み残した白葡萄酒とかを呑みました。酒が弱くなると安上がりで良いなぁ。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180418昨日に同じ fulmar - 2018/04/21(Sat) 05:33 No.8239  

 前日と同様、お昼に定食屋に行く。その後も同様でそばの新規開店の食品スーパーでカツオ刺身とか生ハンバーグとか購入。

 夕刻、これらを肴に前日買ったブルガリアの白葡萄酒を呑んだのでありました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180420値引きなし fulmar - 2018/04/22(Sun) 09:10 No.8241  

 本買いに秋津に行って来ました。秋津迄行かないと漫画も含めて私が欲しいと思う新刊書が配本されてくるお店がないのです。売れないから配本されない、配本されないから買わない/買えないと云う悪循環が零細書店には成立しているんでしょうね。まぁ「今日はあの本/漫画が出る日だ」と思って本買いする人は余り多くないでしょうが。

 夕刻、養老乃瀧で呑みました。麦焼酎のボトルが空になったのでもう一本頼みました。


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本171ハコイリのムスメ fulmar 投稿日:2015/11/16(Mon) 09:49 No.6806  

 池谷理香子の新作「ハコイリのムスメ」を読みました。彼女の作品は可也前から読んでいますが本作も面白い。

 ホントに今更乍らに気が付いたのですが、漫画は、いや漫画以外の殆ど全ての表現もそうでしょうが、売れてナンボのものです。だから漫画の作者も編輯者も売れるために如何に面白くするか粉骨砕身しています。

 売れている作品は大抵面白い。売れていれば表現として優れているとは全然限らないけど、優れた作品は大抵そこそこは売れている。世に知られない売れないけど優れた作品と云うのも理屈上ではあるかも知れないけど、まぁ、極めて稀な例外だと思います。此處で「売れてる」とは海賊版や違法コピー等作者や版元にお金が入らないケースも言うんですけど。

 極論すると「優れている」ってのはマーケットでの購入(違法なお金にならない購入も含む)と云う投票で決まる面があると思います。有料で購入と云う投票をした人が沢山いるから無料の違法購入と云う投票も出て来るのであって、誰も有料で買わないのに違法な無料のみが出て行くケースはないと思いますが。

 華岡と云う何處か新幹線沿いの地方都市の爺さんが一代で築いた資産家の跡取孫娘である園田珠子は、箱入の女子高生ですが彼氏が出来て仕舞いました。その彼氏は高校を出たら家業を継ぐために東京の専門学校に行ってしまいます。

 彼氏を追い掛けて東京の学校に出て行くために、珠子は何度も爺さんに土下座してお願いしますが全然受け付けてもらえません。そのために彼女が打った手は、潰れかけたお店「つがわ」への支援を爺さんに頼みに来ている津川家の長男津川紀之との偽装婚約でした。二人共何とか(紀之は悠々と、珠子は補欠で)名門秀栄大学へ入学。「秀栄」って版元の集英社の捩りで、モデルは早稲田、慶応、上智のどれかだろうと思います。

 さて、すったもんだの末の珠子の東京生活はどうなって行くのやら。尚、珠子は新彼女の目の前で彼氏にストーカー呼ばわりされて速攻で振られてしまいます。

池谷理香子「ハコイリのムスメ」1 MARGARET COMICS cocohana 集英社 2015年 ISBN978-4-08-845453-5



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本172消費は誘惑する fulmar - 2016/02/24(Wed) 15:27 No.6983  

 こんな本をwebで買いました。タイトルが良いなぁ。何處迄が正題で何處からが副題かよく分かりませんが全部書くと「消費は誘惑する 遊廓・白米・変化朝顔 十八、十九世紀日本の消費の歴史社会学」です。

 「消費は誘惑する」だけでもフラフラッとしますが、次の「遊廓・白米」迄はまだ常識的でも、「変化朝顔」と続くのが凄い。思わず手が出てしまいました。

 これは読まざるべからず。

貞包英之「消費は誘惑する 遊郭・白米・変化朝顔」 青土社 2015年 ISBN978-4-7917-6890-5



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本173生物はなぜ誕生したのか fulmar - 2016/02/24(Wed) 20:26 No.6986  

 昨年、出版された"A NEW HISTORY OF LIFE"の翻訳です。 「新しい」のが特徴です。とても面白そうで読み始めた許りです。プレカンブリアンの原生代の「紀」の名前なんて初めて知りました。

 「良いことその日その日160224」#6985で「地政学で読む世界覇権2030」も書いたけど、3冊ともどれも面白い。これはもう得意技の平行読するしかありません。問題は全部四百頁前後もあるってことですよねぇ。まぁ、当分読み終わらないので長く楽しめるとも言えるんですけど。

ウォード,ピーター カーシュヴィンク,ジョゼフ 梶山あゆみ訳 「生物はなぜ誕生したのか」 河出書房新社 2016年  ISBN978-4-309-25340-4



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本174齋藤史全歌集 fulmar - 2016/04/04(Mon) 11:14 No.7064  

 リフォームのための部屋整理をしていたら、「齋藤史全歌集 1928-1993」の広告パンフレットが出て来ました。1996年12月発売予定とありますから、20年前の物です。版元は大和書房。予価12,000円、高〜〜い〜!! どう云う訳かウィリアム・モリスの花のデザインがあしらってあります。

 馬場あき子、秦恒平、高橋睦郎が広告批評を書いています。若い頃の写真と87歳(1986年秋)の写真が掲載されています。知らなかったら同じ人物とは気付かないでしょう。

 うーむ、こんな物が出て来るとは。全歌集は買わなかったけど。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本175ハナコ月記 fulmar - 2016/04/06(Wed) 08:46 No.7070  

 リフォームのための本整理をしていたら、吉田秋生「ハナコ月記」が出てきて暫し読み耽って仕舞いました。

 「ハナコ月記」はマガジンハウスの雑誌「Hanako」に1988年06月から1993年02月迄掲載されたものです。「日」記ではなく「月」記となっているのは月1回掲載だったからでしょう。

 いやぁ、バブル真っ盛りから破裂直後の時期です。出て来るエピソードもバブル期だなぁって感じたっぷりです。ワタシは余りカンケーなかったけど。

 ウチの近所(車で行ったら)にもバブルの頂点頃に高値掴みした人達が住んでるトコがあります。バスがないと通えない狭山丘陵の山の上。他人事だからどーでもいーけど、どーしてんのかなぁ。五千万とかそれ以上で買った家、今壱千万でも誰も買わないだろうなぁ。あんな遠いトコ。雪降るとタイヤが滑ってバス運休するし。

吉田秋生「ハナコ月記」 筑摩書房 1993年 ISBN4-480-87222-1



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本176これは何だ!支離滅裂 fulmar - 2016/04/15(Fri) 14:19 No.7085  

 今、リフォームの終わった部屋で本の整理をしていて偶々或る棚に並んだ本を見て「何て支離滅裂な組み合わせだ!」と我乍ら驚いてしまいました。

 その棚にあったのは「神と自然の科学史」「グノーシス」「忍び寄るバイオテロ」」「スロー地震とは何か」「虫食む人々の暮らし」「カメのきた道」「石油の成因」「ビバ☆オヤジ酒場」

 私の興味の対象はこんなに散漫なのかぁ〜〜

川崎謙「神と自然の科学史」 講談社選書メチエ 講談社 2005年 ISBN4-06-258345-3
筒井賢治「グノーシス」 講談社選書メチエ 講談社 2002年 ISBN4-06-258313-5
山内一也 三瀬勝利「忍び寄るバイオテロ」 NHKブックス 日本放送出版協会 2003年 ISBN4-14-001961-1
川崎一朗「スロー地震とは何か」 NHKブックス 日本放送出版協会 2006年 ISBN4-14-091055-0
野中健一 「虫食む人々の暮らし」 NHKブックス 日本放送出版協会 2007年 ISBN978-4-14-091091-7
平山廉「カメのきた道」 NHKブックス 日本放送出版協会  2007年 ISBN978-4-14-091095
田口一雄「石油の成因」 地学ワンポイント 共立出版 1998年 ISBN4-320-04632-3
かなつ久美「ビバ☆オヤジ酒場」 ワニブックス 2004年 ISBN4-8470-1531-2



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本177小網代の谷のトンボ図鑑 fulmar - 2016/07/09(Sat) 08:01 No.7276  

 昨日は友人達と築地場外の「たけの」に行って呑みました。築地に行く途中でブクロのジュンク堂に寄ったら題記のような小冊子がありました。これは買わざるべからずと速攻で購入。

 10頁に"bog"、"swamp"、"marsh"の説明がありました。皆知っている単語(どれも大雑把には湿地)ですが、こんな意味の違いがあるとは。

 冊子の詳細は以下の通り:

江良弘光著 岸由二監修「小網代の谷のトンボ図鑑」 小網代野外活動調整会議 2015年 ISBN codeなし



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本178 43歳無職さんが完結 fulmar - 2016/07/30(Sat) 09:54 No.7312  

 昨日:29/07/16値引屋書店で買ったいけだたかしの「43歳無職さん」8を読んだらなんとこの巻で完結してしまいました。

いけだたかし「43歳無職さん」8 MFコミックスフラッパー KADOKAWA 2016年 ISBN978-4-04-068291-4



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本179アジア文化探検 fulmar - 2016/07/31(Sun) 06:55 No.7315  

 高校生のとき、中尾佐助の「栽培植物と農耕の起源」を読みショックを受けました。以後、彼の大抵の本は読みました。最近、昔買った「アジア文化探検」を読み返しました。彼は文がうまく分かり易いし、着想が鋭く深い。二度読み三度読みにも十分耐えられます。彼なくしては照葉樹林文化と云う概念は成立しなかったかも知れません。

中尾佐助「アジア文化探検」講談社現代新書 講談社 1968年
中尾佐助「栽培植物と農耕の起源」岩波新書 岩波書店」1966年



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本180不思議の国のトムキンス fulmar - 2016/08/05(Fri) 08:49 No.7323  

 本日:05/08/16、ハミレスで押し紙対策の読売新聞を読んだら一面の右下に「白楊社100周年記念出版」としてジョージ・ガモフの「不思議の国のトムキンス」の復刻版の広告が載っていました。

 懐かしい! 中学生の頃私はジョージ・ガモフの本をトムキンスシリーズを始めとしてよく読んでいました。ジョージ・ガモフは火の玉宇宙、ビッグ・バング(まだその頃はビッグ・バングなんて言葉はありませんでしたが)の提唱者でした。若し交通事故で死ななければきっと彼はノーベル賞を受賞したでしょう。

ガモフ,ジョージ 伏見康治訳「不思議の国のトムキンス」[復刻版] 白楊社 ISBN978-4-82691000-2



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本181御朱印帳 fulmar - 2016/08/14(Sun) 13:08 No.7345  

 今朝:14/08/16に行って、押し紙対策のタダ新聞読みました。今は新聞なんか購読していませんが、今も昔も新聞は下から読みます。新聞の一面の下は縦割りになった細かい本や雑誌の広告が掲載されているのが普通です。二面や三面の下ももっと大きなコマ割で出版社の本や雑誌の広告が掲載されていることが多いです。

 これは本読みにとっては普通の習慣だろうと思います。

 私も全ての本や雑誌に関心がある訳ではないので詰まらなさそうな(私にとって)広告も多いです。今日も一面下部の広告を見ると「何じゃ、これは」と云う本が出ています。「運気を拓く霊山巡拝<御朱印帳>」です。如何にも胡散臭そうな本です。関東周辺の霊山をパワースポットと見立てての巡回ガイドブックで、参拝記念の印がもらえる欄付きの本だそうです。

 実に下らない。でも買う人結構いるんだろうな。山岳信仰の名残で、古くからの霊場として崇められてきた山の頂には神社仏閣が鎮座していることがよくある。そうした山々や神社仏閣を観光するのも悪くはないと思うが、何がパワースポットだ。莫迦莫迦しい。

重信秀年「運気を拓く霊山巡拝<御朱印帳>」六月書房。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本182ハセケイようやく気付く fulmar - 2016/09/03(Sat) 21:22 No.7370  

 先日:01/09/16、長谷川慶太郎の「「世界大波乱」でも日本の優位は続く」を購入しました。読んだら「船の鉄板は厚さ九センチ、それに対して(原発の)圧力容器の鉄板は厚さが一九センチもある」p31(括弧内はfulmarの註)と書いてありました。やっと気が付いたんだ。

 数年前初めて「原発の格納容器の厚みは19mm」との彼の記述を読んで「これは19cmの誤記に違いない」と思いました。常識的に考えて原発のpressure vesselがそんなに薄い訳がないからです。色々ググりましたし、大型の原発のpressure vesselの諸元から形状を円筒と仮定して厚さを19mmと19cmとして重量を計算しても見ました(物凄い乱暴な仮定ですがorder:桁の検証だからこれで十分です)が矢張り19cmの方が相対的に実情に近いとの結論でした。

 でも彼はその後も何度も「原発の格納容器の厚みは19mm」と書いていましたから誤記ではなく誤解であることが分かりました。ハセケイって案外数字に弱いんだなぁって感じました。大体、19mm位の厚さの鉄板ならウチの近くの現場にも転がってました。

 確か、日下公人との対談本(どれだったか今覚えていません)で「支那の建設現場では建設機械は24時間稼働しっぱなしだが、日本の建機はビクともしない。5年間の累積稼働時間は8,000時間」と云う趣旨の発言をしたのには笑ってしまいました。一年が8,760時間であることを知っていたらこんな間違いをする筈はありません。日下公人も長谷川慶太郎も「一年は8,760時間である」と云う極常識的なことを知らなかったのでしょう。

 併し、編輯者や校閲係の常識のなさにも呆れます。こんな基本的なミスも指摘出来ないのですから。

長谷川慶太郎「「世界大波乱」でも日本の優位は続く」 PHP研究所 2016年 ISBN978-4-569-83063-6



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本183誰寝 fulmar - 2016/09/25(Sun) 07:35 No.7402  

 此處んとこ、サラ・イネスの誰寝:誰も寝てはならぬを読んでケタケタ笑っていました。

 赤坂のデザイン事務所「寺」に集うアラフォーのダメダメなおっちゃん達:髪の長い若い美人が好きで何時もそんなカノジョがいるバツ3のゴロちゃん(社長)、ネコと競艇が好きで、育ちの関係で茶道、華道、和装関係に詳しくどう云う訳か年上にモテるバツ1のハルキちゃん(お陰で園芸にも強くなった)、建機と野球が好きなこれまたバツ1のヤーマダくん(あとの二人は締切が近づくとトンズラする悪癖あり)や、それを取り巻く美女?達のユールリとしたお話です。

 別にギャグ漫画ではないのですが、何故か不思議に可笑しい。この作品も終わって4年以上経ちますが、次の「セケンノハテマデ」も終わってしまいました。この変オモロイ作家次も出して欲しいです。

サラ イネス「誰も寝てはならぬ」17 ワイドKCモーニング 講談社 2012年 ISBN978-4-06-337739-2
裏表紙の"Nessun dorma"は誰寝だと思うけど何語? イタリア語かしら。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本184わたしの小さな古本屋 fulmar - 2016/09/28(Wed) 02:22 No.7405  

 昨日:27/09/16、ブックオフから頼んだ本が届いた。その中の一冊が田中美穂の「わたしの小さな古本屋」。著者は岡山県倉敷市で蟲文庫と云う古本屋を営んでいる。

 バイト先をクビになった日、21歳で突如「古本屋をやろう」と思い立ち蟲文庫を開業し二十余年を経て今日に至っている。

 自分でも書いているが著者は不器用な人なのだろう。人付き合いも生きることも。でも蟲文庫は何とか続いている。新業態の古本屋であるブックオフが出来てから街の古本屋が沢山潰れた。でも残っている店もあるし新規参入もあるらしい。何が存否を分けているのかは知らないが蟲文庫は続いている。多分、平凡な非凡なのだろう。

 粗一気に読了した。本読みなら読まざるべからずだと思う。

田中美穂「わたしの小さな古本屋」ちくま文庫 筑摩書房 2016年 ISBN978-4-480-43381-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本185なんでお店が儲からないの... fulmar - 2016/10/05(Wed) 19:15 No.7408  

 タイトルから色々なお店全般の話かと思いました。併し、この本で言う「お店」とは飲食店のことでした。

 書いてあることは殆どが当たり前のことです。当たり前のことが当たり前と思っていない人は一杯いるし、分かっていても当たり前のことを当たり前に継続出来る人は案外少ない。それとホリエモンは頭が良いが、頭が良くない(頭が悪いとは限らない)人のことがよく分かっていないのではないかという気がします。そんなもん分かる必要がないと思っているのかも。

 まぁ分かり易い本でペラペラと読了しました。所々「そうかぁ?」と思う点もなくはなかったが概ね当たり前だと思いました。まぁ、私は「不味いものは旨い」とか訳分からないことを書くような奴なので、旨いものへの入れ込みは彼程ではありませんが。

堀江貴文「なんでお店が儲からないのかを僕が解決する」 ぴあ 2016年 ISBN978-4-8356-2896-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本186お前は俺を殺す気か fulmar - 2016/10/05(Wed) 19:30 No.7409  

 シギサワカヤの「お前は俺を殺す気か」第4巻を読みました。あとがきによると第5巻で完結だそうです。そんなぁ、もっとダラダラ続けて欲しいなぁ。

 これだけではないけど、この作品も私は絵とセリフで書かれた詩かなぁと思っています。当然意味なんかありません。詩に意味がないというのも微妙に間違いだけど、意味があるというのも間違っている。まぁ、意味なんかどうでもよろしい。作品が味わえれば。

シギサワカヤ「お前は俺を殺す気か」4 白泉社 2016年 ISBN978-4-592-71107-0



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本187Lock Her Up! fulmar - 2016/10/18(Tue) 18:30 No.7413  

 先日:13/10/16、掲題の本を買いました。邦題は「ヒラリーを逮捕、投獄せよ」です。同書によると米国の民主党大統領候補であるヒラリー・クリントンが今月末頃迄に逮捕されるだろうとのこと。私は著者の副島隆彦は余り評価していないのですが、何せタイトルが凄い。どんな本かなと読み始めたら面白くて一気に読了しちゃいました。

 ヒラリーが逮捕される理由は、国務長官だった時にリビアの独裁者だったカダフィを殺し、彼が溜め込んだ巨額の外貨(独裁者とはいえ一応それはリビア国の財産です)を強奪してシリア、イラクにばらまきイスラム国を作らせたというものです。ウソかホントかは兎も角、まぁ、アメリカならやりそうなことです。でもバレたら立派な国際法違反です。

 普通はそういうことがあったとしても極秘裡に実行処理され何の証拠も残りません。ところが今回はどうもそうではなかったらしい。おバカなことにヒラリーはそうしたことの指示連絡に何重にも防禦された国務省の公用メールアドレスではなく、自分の個人メールアドレスを使っていたようです。これは日本でも「公務に私的メールアドレスを使った」として非難されていることは報道されましたが、その公務の中身は報道されません。でも所詮個人メールアドレスですからハッキングされちゃったようです。もう知ってる人は知ってる状態らしいです。

 ですから、共和党大会では"Lock her up"が連呼され、民主党でもサンダース支持派からは"Hillary not for president, but for prison"と罵られる始末。

 さぁ、11月08日の大統領選挙前迄にヒラリー・クリントンは逮捕されるのでしょうか。見ものですねぇ。

副島隆彦「ヒラリーを逮捕、投獄せよ」光文社 2016年 ISBN978-4-334-97896-9



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本188ネコがこんなにかわいくな... fulmar - 2016/11/05(Sat) 07:27 No.7427  

 昨日:04/11/16、値引屋書店で本買いした中の一冊がこの「ネコがこんなにかわいくなった理由」です。最近、値引屋書店や駅ビル書店などでこの本(PHP新書)を見かけるようになったのですが、須藤真澄のイラストが描かれていることもあり「ネコ本」の一種として敬して遠ざけていました。私は明らかにイヌ派ではなくネコ派ですが、ネコ本は殆ど買いません。

 所が昨日値引屋書店で本書を手に取って(見るだけならタダですから)中身を見ると、著者は生物学者(分子系統学と保全生物学)で、ネコ:Felis catus、食肉目:Carnivora、哺乳綱:mammaliaなどなど生物学的なことも沢山書かれていて並みのネコ本ではないと判断して購入。Good job!でした。

 帰宅して買った本出しして本書をよく見ると帯※のblurbに養老孟司が「こういう真剣なネコ本が読みたかった。読みやすいし……」と書いてあるのに気が付きました。私の購入理由と同じです。今読んでいる最中ですが、読んでいて楽しい。

 一緒に買ったものの一つが白泉社の漫画雑誌「楽園」です。今私が買っている漫画雑誌はこれのみです。今の一押しは黒咲練導かな。

黒瀬奈緒子「ネコがこんなにかわいくなった理由」 PHP新書 PHP研究所 2016年 ISBN978-4-569-83096-4
※ 帯と思ったのは、実はそのように見えるカヴァの一部でした。今:on 07/11/16 at 06:45気が付きました。尚、本書は最近時々見かける二枚カヴァ(普通のPHP新書のカヴァの上にもう一枚全然別のスタイルのカヴァが重ねられています)の本です。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本189冒険エレキテ島第2巻 fulmar - 2016/12/17(Sat) 16:10 No.7479  

 近日:22/12/16、鶴田謙二の「冒険エレキテ島」第2巻が発売される予定。第1巻の発売が26/10/11だから5年振りです。一般的な書籍では別に珍しくもないインタヴァルですが、今日日の漫画本としては稀有なことでしょう。

 エレキテ島とは北太平洋を漂流しているらしい謎の島です。まぁヒョウタン島みたいなもんです。ヒョウタン島にはガバチョやらトラヒゲやらが住んでいて「ガバス」と云う通貨迄ありますが、エレキテ島には建物はあるものの人が住んでいるのかも疑問です。

 伊豆七島だかの離島在住の若くて美人のヒロインみくらちゃんは巻頭で死んでしまった毛唐のじいちゃんとオンボロ複葉機での航空便配達請負業をやっていますが、じいちゃんの遺品から謎のエレキテ島の存在を知り、仕事の傍らそれを追いかけ始めます。さてどうなっていくのやら22日が待ち遠しいです。

鶴田謙二「冒険エレキテ島」1 講談社 2011年 ISBN978-4-06-376146-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gifRe: 189冒険エレキテ島第2巻発売... fulmar - 2016/12/19(Mon) 05:34 No.7482  

 あちゃーっ、題記の鶴田謙二の「冒険エレキテ島」第2巻は来年の3月11日に発売延期になってしまいました。

 更に4月21日に再延期になってしまいました。

 第2巻は遅れに遅れ、何度も発売日が延び、現時点では22/08/17発売予定ですが、これもどうなることやら。理由は明らかです。作者の遅筆です。追記 on 07/07/17



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本190有名企業からの脱出 fulmar - 2017/01/26(Thu) 23:25 No.7561  

 二三日前にWebで注文した題記の本が来たので、昨日:25/01/17辺りから読み始め先程読了しました。

 中身は殆ど当たり前のこと許りで、寧ろ余り目新しいことがないなぁという印象すら受けます。9年前から8年にわたって書いたことをまとめたもののようなので一寸酷かも知れません。では、殆どのことが日本で常識化しているかというとちっともそうではなさそうなのが問題ですが、それは著者の責任ではないでしょう。

 ただ、今後の世界が著者が想定している(であろう)ような世界観通りに推移していくかどうかは多少疑問ですが。

 どうでも良さそうな「症状35 現代アートで試す、自分の軸。誰もいいと言っていないものを評価できるか?」も趣旨、言いたいことは分かるけど一寸どうかなぁと思います。何か欧米的な価値観に偏り過ぎているような気もします。ひょっとしたらこれ迄イメージされていたような現代アートはもうどうでも良いのかも知れません。少なくともこれ迄とは違ったタイプの表現が出現し、並列するかも知れません。音楽の世界で所謂クラシックが一ジャンルに過ぎなくなったように。えと、昨日はVivaldiやらABBAやら端唄やら聞いてました。

 最後の方の「ルノワールなんて大嫌いです。日本人の作家でも平山郁夫は嫌い。・・・」(p216)は偶々でしょうが同感です。私は印象派は好きな方ですがルノワールは好きになれません。全然関係ないけど、日本人はビュッフェが好きな人が多いみたいだけど、私は初期の何点かを除いてダメだなぁと思っています。殆ど自己模倣してるだけだと思っています。

 美術展に行くと内容や作者等の人気や知名度によって人出が違いますが、共通しているのは男女の性比が極端にアンバランスなことです。大雑把な目分量ですが男性は女性の三分の一かそれ以下ではないでしょうか。来ている男性も奥さんや彼女に連れて来られて渋々という人も少なくないような気もします。これも本書の趣旨に通底しているのかも知れません。

冨山和彦「有名企業からの脱出」 幻冬舎 2016年 ISBN978-4-344-03020-6



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本191宇宙に「終わり」はあるの... fulmar - 2017/02/24(Fri) 17:21 No.7640  

 宇宙の始まりとかこれ迄の歴史とかの本は沢山あるのに将来はどうなるのかと云う本は余りありません。熱力学的な熱死の話は昔読んだことはあるけど。

 そう云う意味でもとても面白い本です。この宇宙(あの宇宙も一杯あるっていうマルチヴァースと云う説もあるけど、あの宇宙もあの世と同じで原理的に絶対観測出来ない)の始まりから、今:宇宙開闢以来138億年、10の100乗=100極(ゴク)の自乗年後(この途方もない遠未来に比べたら未来仏の弥勒が衆生済度に現れる56億7千万年後なんてほんの明日みたいなもんです)のビッグウィンパー時代迄のことが書いてあります。まぁ、今の宇宙論の色々な説の中で現時点では一番尤もらしい説を開陳しているのですが、これが5年後、10年後とかの将来も同様かどうかは可也疑問です。

 巻末の年表から最後の方を拾ってみると:
・銀河崩壊時代 1垓(ガイ)年後 銀河がブラックホールに飲み込まれ宇宙に残るのはブラックホールと漂流天体のみ
・物質消失時代 1正(セイ)年後 漂流天体などの物質を構成する素粒子が崩壊
・ビッグウィンパー時代 10の100乗年後 最大質量のブラックホールすらホーキング輻射で蒸発 殆ど何にもなくなった宇宙がエンドレスに膨張し続ける

1垓:10の20乗 1正:10の40乗

吉田伸夫「宇宙に「終わり」はあるのか」 ブルーバックス 講談社 2017年 ISBN978-4-06-502006-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本192フィリピンパブ嬢の社会学 fulmar - 2017/03/14(Tue) 06:05 No.7688  

 ひょんなことからフィリピンに関心を持った社会学徒が在日フィリピン人やフィリピンパブを調査している内に二三歳年上の美人のフィリピンパブ嬢と知り合い、ついついデキてしまい、学友や指導教官(女性)や母親などに「お前は騙されているんだ、別れろ」と反対され乍らも、とうとう夫婦になってしまうと云う社会学本と云うよりも私小説ならぬ私ノンフィクション本です。男女の仲は分からないからなぁ。

 帯のbluebには「前代未聞、抱腹絶倒」と書かれています。「前代未聞」と言いますが、フィリピンパブ嬢とデキてしまい子迄なした日本人男性は幾らでもいます。ミイラ取りがミイラになって研究対象のパブ嬢とデキてしまい波乱万丈の上結婚してしまった社会学徒と云う点では前代未聞かも知れません。記述の限りでは子供はまだのようですが。「抱腹絶倒」とは全然思いませんでした。驚天動地な話だなぁとは思いましたが。

 女性の指導教官がコトの成り行きを聞くなり柳眉を逆立てて「あなたのお母様に会わせる顔がない。フィリピンパブ嬢なんかとは直ぐ別れなさい」と逆上したのにも吃驚ですが、お相手は中々大した女性らしく、著者が学友、女性指導教官、母親などに会わせると次々と籠絡?してこれ迄の反対は何處へやらファンになったしまいます。性格も良さそうな女性だしね。

 併し、著者が彼女と一緒にフィリピンの家族や親戚に会いに行った際の家族や親戚の様子を読むと後進国だなぁと思ってしまいます。比国はこんなザマで離陸できるのでしょうか。農地改革も出来てないようだし、出来ないんじゃないかなぁ。この夫婦もこれからも家族にボラレ続けるのでしょうか。他国事乍ら他人事乍ら気になってしまいます。

 読み物としては面白いです。保証します。彼女:奥さんは色白の美人らしいけど写真見たかったなぁ。

中島弘象「フィリピンパブ嬢の社会学」新潮新書 新潮社 2017年 ISBN978-4-10-610704-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本193空電ノイズの姫君 fulmar - 2017/04/28(Fri) 07:34 No.7782  

 昨日:27/04/17買った冬目景の「空電ノイズの姫君」を読みました。矢張り冬目景は良い。昔より良くなってると思う。

冬目景「空電ノイズの姫君」1 BIRZ COMICS 幻冬舎コミックス 2017年 ISBN978-4-344-83973-1



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本194傘寿まり子 fulmar - 2017/06/12(Mon) 11:48 No.7872  

 先日、偶然値引屋書店でおざわゆきの「傘寿まり子」第1巻を買いました。

 「傘」は略字で「&#20176;」(傘からメを4つ取った形)とも書きます。「&#20176;」を「八」+「十」と見立てれば「80」。つまり傘寿とは八十歳のことです。

 ヒロインの幸田まり子は物書きで八十歳。自宅に4世代で住んでいますが居所がなくなったように感じて家出しホームレスになってしまいます。途中で声を失った野良猫クロを拾います。色々あってその昔同業女性の夫で密かに片思いした八百坂さんと再会し、同棲することになってしまいます。

 何と言うスピード変化なんだ。もう目が離せません。ネットで調べると第2巻、第3巻も出ていることを知り速攻で購入。追って配送されるでしょう。

おざわゆき「傘寿まり子」1 KCDX 講談社 2016年 ISBN978-4-06-393074-0



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本195傘寿まり子二三巻 fulmar - 2017/06/13(Tue) 15:36 No.7874  

 本日:13/06/17、webで注文した「傘寿まり子」第2、3巻が届きました。

 凄い、凄い。ジェットコースター展開しています、まり子80歳の家出は。第4巻は3ヶ月後の13/09/17に出る予定らしい。出たらすぐ買うぞ。

おざわゆき「傘寿まり子」2 KCDX 講談社 2017年 ISBN978-4-06-393143-3
おざわゆき「傘寿まり子」3 KCDX 講談社 2017年 ISBN978-4-06-393191-4



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本196築地まんぷく回遊記 fulmar - 2017/06/14(Wed) 18:49 No.7876  

 ドア近くの書棚を見たら「傘寿まり子」の著者による掲題の本を見付けました。

 5年前の本だけど読んでて面白い。築地で私が行くのは「たけの」(本書では多け野食堂」と「魚竹」位だけど。「魚竹」は東京屈指の居酒屋だと思っています。「たけの」はこ汚いけど美味いお店。銀座の「三州屋」とま反対だけどよく似てるなぁと思っています。

おざわゆき「築地まんぷく回遊記」ぶんか社 2012年 ISBN978-4-8211-4346-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本197コンピュータは数学者にな... fulmar - 2017/07/05(Wed) 18:10 No.7910  

 昨日:04/07/17、書棚整理していたら掲題の本が出て来ました。2年前に買った本です。

 買ったのは覚えていますが、副題が「数学基礎論から証明とプログラムの理論へ」であることはすっかり忘れていました。買った時にはこの副題も購入の決め手になった筈ですが。

 本題だけだと何だかこないだ終了した東ロボくんプロジェクト(ロボットは東大に合格できるか)みたいです。勿論、これを実際の受験生がやることと同じようなことをして合格出来るかということなら現状では不可能です。それは強い人工知能を要求するということですし、ロボティクス的にも大変難しいでしょう。

 帯のblurbに「「不完全性定理」「P対NP問題」などの論争の歴史を最新アップデートし、「人工知能」の未来にまで架橋する数理論理学の決定版!」とあります。もう、読まざるべからず。

 論理学ねぇ。様相論理とか無限値論理とかも。無限値論理なんてあるんだろうか、それってもう論理学というより測度論になりそう。

照井一成「コンピュータは数学者になれるのか? 数学基礎論から証明とプログラムの理論へ」 青土社 2015年 ISBN978-4-7917-6851-6



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本198バイオレンスアクション fulmar - 2017/07/20(Thu) 09:18 No.7926  

 アイスキャンディーを咥えた女の子がピストルを持っている絵柄やタイトルのアンマッチに惹かれて買ってみました。そうジャケ買いです。私はノンフィクションなどは基本的に著者やタイトルで買います。主題主義です。でも、漫画の場合は基本的には既存の気に入った作者の作品を買いますが、時々ジャケ買いもします。そうしないとレパートリーが広がりません。ハズレも多いですし、ジャケ買わずも沢山あります。

 ヒロインのケイは専門学校の生徒、20歳。人材派遣会社に登録してアルバイトで派遣の仕事をしています。よくあることです。でもその派遣会社の仕事は殺人その他の荒事の請負です。ケイは派遣の殺し屋なのです。

 殺人や戦闘による人死にが出てきますが、全然重くなく軽快です。軽々と無感動に殺人が進行します。この軽快さが良い。ありそうでなかった漫画です。第1巻も買わなくちゃ。

浅井蓮次 沢田新原作「バイオレンスアクション」2 BIG SPIRITS COMICS SP 小学館 2017年 ISBN978-4-09-189593-6



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gifRe: 本182ハセケイようやく気付... fulmar - 2017/12/13(Wed) 14:49 No.8068  

> 確か、日下公人との対談本(どれだったか今覚えていません)で「支那の建設現場では建設機械は24時間稼働しっぱなしだが、日本の建機はビクともしない。5年間の累積稼働時間は8,000時間」と云う趣旨の発言をしたのには笑ってしまいました。

 対象の本が分かりました。日下公人 長谷川慶太郎「反「デフレ不況」論 それでも日本企業が勝つ理由」PHP研究所 2010年 ISBN978-4-569-77944-7です。

 指摘の箇所はp43です。ハセケイの発言を引用します:

>いま中国が、日本のあとを追いかけて、一所懸命に建設機械をつくっています。値段は三分の一で、格好も日本製品と変わらない。ところが、それを買う人はほとんどいません。なにしろ耐久性が違うのです。中国では昼夜なしで建設機械を動かすので、五年間で八千時間にも達します。

 五年間の時間数は43,824時間(閏年は一回と仮定)です。昼夜兼行なら約四万時間になるはずです。多分、「八千時間」の前に「年平均」を付けるのを忘れたか、教えた人は「年平均八千時間」の積りで言ったのにハセケイが「五年間で累計で八千時間」と間違えて理解したかどちらかでしょう。こう云うミスは編輯者か校正者が指摘しなければいけないのに見てないんでしょうねぇ。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本199響 fulmar - 2018/01/22(Mon) 09:09 No.8123  

 日曜日:20/01/18にマーッサージの帰りに古本屋で掲題の漫画を買いました。面白い。当日翌日に既刊の8巻迄を買って読みました。最新巻以外は皆古本です。

 舞台は、公立高校(マチちゃんが昔センセイと呼ばれていたハシモト県立カナガワ高校辺りかなぁ)で、其處の一年生のJKが凶暴な天才小説家でドタバタするお話です。文学漫画では全然なくて設定が少し変わっているピカレスク(悪漢小説)漫画ですね。

柳本光晴「響 小説家になる方法」8 BIG COMICSスペリオール 小学館 2018年 ISBN978-4-09-189707-7



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif本200わが心の日蓮 fulmar - 2018/04/21(Sat) 14:06 No.8240  

 現代短歌を多少ともかじった人なら福島泰樹を知っていよう。併し、そんな奇特な人は滅多にいないので大抵の人はその名を知らない。当たり前のことである。

 図書整理をしていたら、彼の「わが心の日蓮」なる本が出て来た。全く記憶にないが福島泰樹と日蓮の取り合わせの奇妙さによって衝動買いしたのだろう。そして当然のこと乍ら本棚の隅に埋没していた。そして本日再発見となったわけだ。

 日蓮宗徒と云うと石原莞爾とか井上日召とかエキセントリックな人の名前許り思い浮かべてしまう。

 どれどれと本を開いて、巻末の著者紹介を読んだら末尾に「下谷法昌寺住職。」と書いてあった。

 え、えー! 福島泰樹って坊主だったのか! 知らなかった。まぁ人が何を職業としようと勝手だけど。

福島泰樹「わが心の日蓮」春秋社 2010年 ISBN978-4-393-13642-3


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩17/04/18 fulmar 投稿日:2018/04/18(Wed) 04:58 No.8236  

 昨朝:17/04/18、見聞きした鳥は以下の通りです。

 シジュウカラV1、ハシブトガラスV9、(ニワトリC)、ツグミV10、ウグイスS、メジロFC、エナガV14、ハクセキレイV2、ヒヨドリV4、キジバトV3、アオゲラC、ツバメF、ムクドリV5、スズメV6、ガビチョウV13、ホオジロV11、コジュケイV12、ハシボスガラスV7、シメC、コゲラC、カワラヒワV8、C130HハーキュリーズF、オナガFC、キジS、モズC
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング
Vの後の数字は視認した順番

 鳥以外の観察した動植物は以下の通りです。

草本花:アマドコロ、キツネアザミ、クレマチス、ダイコン、コムギSP、オオムギ、セリバヒエンソウ、クサノオウ、ヘラオオバコ、カキドオシ、スズメノエンドウ、スイバ、ギシギシSP、ノミノツヅリ
木本花:フジ、アケビ、ミツバアケビ、シモクレン、シュロ、コマユミ、ニワトコ、シロヤマブキ、モッコウバラ、ミズキ、ヤマブキ
植物他:オダマキ蕾、コバノズイナ蕾、マサキ蕾、アスパラガス蕾、マユミ蕾、コゴメウツギ蕾、イボタノキ蕾、バラモンギク蕾



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩20/04/18 fulmar - 2018/04/21(Sat) 04:08 No.8238  

 昨朝:20/04/18、見聞きした鳥は以下の通りです。

 シジュウカラV1、ヒヨドリV8、メジロC、ガビチョウC、ハシブトガラスFC、オナガV2、キジバトF、ムクドリV3、スズメV4、キジS、ツバメV5、ハシボソガラスV6、ヒバリS、ツグミV7、カワラヒワC、ホオジロV8、カワセミC、ウグイスS、カルガモV9、(ニワトリC)、シメC、モズC、T-4F、C-1F
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング

 鳥以外の観察した動植物は以下の通りです。

草本花:ハルジオン、ハハコグサ、カキネガラシ、ツタバウンラン、ツボスミレ、キツネアザミ、アメリカフウロ、オオアマナ、ムラサキツユクサ、ネギ、バラモンギク、スミレ
木本花:コデマリ、オオデマリ、ミズキ
植物他:ヒヨドリジョウゴ株、マユミ蕾、ミツバ株、アレチヌスビトハギ株、シラン蕾
昆 虫:クマバチ、ナミアゲハ、キアゲハ、モンシロチョウ


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180401サクラ保護林 fulmar 投稿日:2018/04/02(Mon) 05:41 No.8218  

 昨日:01/04/18は、天気も良く暖かそうなので高尾のサクラ保護林に行ってきました。例によってダラダラしていたので高尾駅に着いたら11時半過ぎになって仕舞いました。ならばと駅前の玉川亭でもりそばなど食べていざ出陣です。

 サクラ保護林とその周辺(正確には高尾駅→サクラ保護林→高尾駅)で見聞きした鳥やその他の生き物は以下の通りです。鳥以外は恣意的に選択しました。全部は書ききれないし、知らない、思い出せないのも沢山あるからです。サクラ保護林なのでサクラは省略。ウスバシロチョウ、ルリシジミ、らしいのとかタテハチョウ類なんかも飛んでいましたが同定する迄には至らず。

ツバメV1、スズメV2、セグロセキレイV3、シジュウカラS、ウグイスS、コゲラC、ヤマガラS、メジロC、ホオジロV4、アオゲラC、ハシブトガラスV5、コジュケイS、ハシボソガラスC、エナガC、ムクドリF、ハクセキレイFC
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング
Vの次の数字は視認:Vした順番です。なお、全体の並び順は姿、声等何でも存在を確認した順です。

花草本:タチツボスミレ、キジムシロ、オオイヌノフグリ、キュウリグサ、アミガサユリ、ミミガタテンナンショウ、ヤマルリソウ、エイザンスミレ、ヒゴスミレ、ムラサキケマン、イワボタン、セントウソウ、カントウタンポポ、ヒメウズ、
花木本:ベニバナトキワマンサク、クサイチゴ、タムシバ、ヤマブキ、モミジイチゴ、キブシ、ミツマタ、ヒイラギナンテン、
植物他:アオイスミレ株、キランソウ株、ヤブレガサ株、ヒナスミレ株、ナガバノスミレサイシン株、フユイチゴ株、キジョラン株、メギ株、ヤブコウジ実
昆 虫:テングチョウ、ビロウドツリアブ、キタキチョウ

 来週辺りにも亦来よう。帰りに秋津のサラリーマンで痛飲。痛いのは財布でしたが。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180402年金 fulmar - 2018/04/04(Wed) 17:12 No.8219  

 トロロ沢の年金事務所に行って色々年金のことを聞きました。その上で手続きして呉れて、どうやら私も生まれて初めて年金と云うものが貰えそうです。

 帰宅してから電車でトロロ沢にお出掛け。百味で呑みました。帰りにトロロ沢駅前の悪牛で\300の回数券を買いました。08/05/18迄なら何回でも\80値引してくれるそうです。4回行けば元が取れます。\80値引の牛丼食べて帰宅しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180403図鑑購入 fulmar - 2018/04/04(Wed) 17:14 No.8220  

 郵便局に”JAPAN CLASS”の1年分:6冊の購読料を払い込みに行きました。定価だと\6,000のところを\5,000で自宅迄郵送して呉れて17%安い。こう云うものの常として段々マンネリ化して面白くなくなる。現に最新号も今一つだった。1年後にも購読継続するかどうかは今後の内容次第だな。

 古本屋で図鑑とか購入。「高山に咲く花」は刊行当時で\3,000+VATの所を\2,000弱です。2002年の刊行だからAPGVには準拠していないけど、植物は変わらない。変わるのは人間の認識の方:分類方法だから良いのです。もう一冊の「野の花フィールド日記」は身近な植物のイラスト図鑑。見開き2頁で植物1種(関連する植物などの絵や記述があることもある)で読み易い。知らなかったのはハグロソウ位。近縁のキツネノマゴと花が似てるかなぁ。

 夕刻、養老乃瀧にお出掛けでした。

清水建美 木原浩「高山に咲く花」山渓ハンディ図鑑 山と渓谷社 2002年 ISBN4-635-07008-5
松岡真澄「野の花フィールド日記」MY DATA図鑑 山と渓谷社 1995年 ISBN4-635-58021-0



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180404佐渡の北雪 fulmar - 2018/04/07(Sat) 12:05 No.8221  

 夕刻、駅前の無気力茶屋へお出掛け。佐渡の北雪があったので呑みました。佐渡は新潟県だけど越後ではないので良いのです。私は越後の酒は「鶴の友」以外は呑みません。

 お勘定の時に「何時もよりも高いなぁ」と感想を言ったら、「北雪呑まれたからですよ」との応答。あ、そうか、300MLで\1,300近くするもんね。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180405トロロ沢へ行く fulmar - 2018/04/07(Sat) 12:06 No.8222  

 夕刻、トロロ沢へお出掛け。たまにはマチ迄行かないとね。

 百味で呑んで大人しく帰宅しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180406カツオ刺身 fulmar - 2018/04/09(Mon) 00:29 No.8223  

 夕刻、養老乃瀧に行きました。カツオの刺身を食べました。初ガツオなのかなぁ。

 目には青葉
 山ホトトギス
 初ガツオ

 うーん、ホトトギスはまだ一寸早いなぁ。麦焼酎の4合瓶を頼む。最後はざるそば食って締めでした。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180407横浜鶴見 fulmar - 2018/04/12(Thu) 08:38 No.8225  

 前の前の会社時代の元同僚が横浜でコミュニティカフェをやっているというので行ってみました。武蔵野線、南武線経由だと案外遠くない。

 鶴見駅から京急線を潜り、鶴見川を渡るところ迄は良かったがそのあとが良くない。迂闊なことに二丁目と一丁目を勘違いして明後日の方に歩いて行って仕舞ったのでした。ショートメイールで連絡取り乍ら軌道修正。

 お店の前で彼女が近所の人と話をしていた。嗚呼やっと着いたぁ。小さな小綺麗な店だ。でも立地からして客入りが良いとはとても思えないなぁ。客もいないのでお店でだべる。営業は6時迄だそうで、ご両親の夕食の準備をしてから呑みに出掛ける。

 北の国バルと云う店に入ってシラーをボトルで頼んで呑み乍ら話す。ボトルが空になってからは白葡萄酒をグラスで頼む。結果的にはボトルでとった方が安かったかも。

 二三年、いや三四年以上会ってなかったから蜿蜿と話をした。ふと「もう十時とかかな」と携帯の時間を見たら、12時過ぎ。ええーっ、もう電車ないじゃん! 二人で余りの時間の経つのの早さに吃驚。もうどうしようもないので更に白葡萄酒を一杯ずつ頼んじゃいました。

 結局、カフェの二階のフリースペースに泊めてもらいました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180408整体 fulmar - 2018/04/13(Fri) 07:01 No.8226  

 朝、カフェを辞して鶴見駅に向かう。鶴見川で川沿いの手摺などにとまっているカモメを近寄ってよく見ると、前日夜目遠目でウミネコと思ったのはユリカモメでした。夏羽、冬羽が混じっています。

 京浜東北線、南武線、武蔵野線、西武池袋線を経て9時半過ぎに帰宅。やれやれ大変でした。でも14時に田虫で予約があるので一休みしたら13時過ぎには出掛けなければなりません。

 田虫に行って体を揉んでもらいました。横たわった台の上で体を動かすたびに腹筋が盛大に痛い。揉みようがないのかこれだけはどうにもならないようです。鍼治療してくれるトコを探さないといけないのかなぁ。

 帰りにトロロ沢で途中下車。暫く振りにサイゼリヤに行く。メネストローネとフォッカチオ食べたら白葡萄酒が進まない。250mlのデカンタを少し残して出る。疲れているのかなぁ。

 風呂釜を洗滌しようとジャバを買って帰宅しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180409未だ癒えず fulmar - 2018/04/14(Sat) 06:21 No.8227  

 相変わらず無気力症候群の儘です。平日だというのにやる気全く起こらず。それでも、何とかmailで社長と面談を取り付けました。要するにどうしたもんですかねぇとの相談です。

 先日行った友人のお母さんが認知症だそうです。医師の見立てではアルツハイマー病ではないそうですが、見立てが違っているかも知れないし、アルツハイマー病ではないとしても多少は参考になるかも知れない(全く役に立たないかも知れないけど)と画期的なアルツハイマー病治療法の発見者の啓発本を郵送しました。

 7-11で何か買ってそれを肴に白葡萄酒を宅呑みしました。

プレデセン,デール 山口茜訳「アルツハイマー病 真実と終焉」 ソシム 2018年 ISBN978-4-8026-1140-4



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180410社長と面談 fulmar - 2018/04/14(Sat) 06:26 No.8228  

 本日:10/04/18、午前10時に社長と面談です。少しゆっくり目に自宅を出て会社に向かいます。

 本社で多分創業者から三代目の若社長と体調、精神状態、来し方行く末などを話して、結論は無理をせず少なくとも今年度一杯は勤めると云うまぁ在り来たりのものでした。それでも色々話をして気分が落ち着きました。

 会社はこれから後任を探さなければいけないだろう。それが容易ではないから私がまだいるんだけど。

 面談が終わったら車内には寄らずに帰りました。会社を出たトコで貿易部門の部長から電話が入っていたことに気付いて電話で話しましたけど。駅ビル書店でショールーミングしてから、値引屋書店で本買いして、ブクロ駅構内でBass pale aleを3 pints呑んだりして帰宅しました。


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180321-1雪 fulmar 投稿日:2018/03/21(Wed) 12:56 No.8201  

 本日:21/03/18は、朝方は何か霙っぽい雨でしたが、先程外を見ると全てがうっすらと銀世界になっています。雪です。


http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180321-2雪から雨 fulmar - 2018/03/23(Fri) 04:25 No.8204  

 雪から雨に変わりました。薄っすらと積もった雪も皆溶けるでしょう。

 夕刻、養老乃瀧に行って呑みました。お勘定の段になって財布を持って来るのを忘れたことに気が付きました。仕方がないので次回迄待ってもらうことに。常連になっているとこんなとき助かります。ドジな話です。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180322金払いに fulmar - 2018/03/24(Sat) 11:37 No.8206  

 夕刻、連荘で養老乃瀧に行きました。前日の呑み代を払わなければなりません。入店して最初にしたことは前日の未払代金の支払いです。

 キープしていた麦焼酎を呑みきったのでお代わり。空ビンは持って帰ります。日曜日に葡萄酒持ち込みの呑み会をやるので、わざわざデカンタを持っていくのは面倒で4合瓶をデカンタ代わりにしようとの魂胆です。或る程度以上の赤葡萄酒は開けて直ぐは硬くて余り美味くないことが多いからデカンタージュした方が宜しい。私はデカンタージュは邪道だと思っているから自宅では原則としてしません。でも外呑みの場合は仕方ない。まぁ、いざとなったら瓶振りと云う荒技もあるし。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180323何もしない金曜... fulmar - 2018/03/25(Sun) 14:59 No.8207  

 嗚呼、何もしたくない。何もしなくても腹は減るし排泄もする。こう云うことは意志とは余り関係ないんだなぁ。人間死ぬ迄は生きてるし、生きて入る内は息もする、心臓は勝手に動く、飲み食いするし大小便も出る。

 んなもんで、夕刻にトロロ沢に行く。給料日なもんでトロロ沢駅前の銀行のATMでお金を下ろし、ヴィタミンサプリメントを買って、百味に行く。よう混んどるなぁ、百味は。こんなに混む店もそうはないぞ。店にいる社長も内心ホクホクだろうなぁ。アリャリャ、此處でもボトル呑み切ってしもうた。ウイスキーの新ボトルを入れる。

 良い気分になって電車で帰宅して寝ました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180324何もしない土曜... fulmar - 2018/03/28(Wed) 03:47 No.8208  

 土曜日も何にもしたくない症候群である。午後も日の高いうちに無気力茶屋に行って呑む。此處でも泡盛のボトルが空になった。二度あることは三度あるもんだ。

 ふらふらと帰宅して寝ました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180325八国山とワイン... fulmar - 2018/03/28(Wed) 04:03 No.8209  

 朝、八国山何でも観察会に西武園駅迄お出掛け。風もなくうらうらと春の良いお天気です。オオタカ、ツバメ、コチドリを見ました。ツバメは今年の初認です。昼過ぎに、東村山から帰宅。

 夕刻からは、上石神井の居酒屋で赤葡萄酒持ち込みの呑み会です。私はボルドーを一本持って行きました。勿論、ソムリエナイフ、ワイングラス(ガラスとプラスチック)、それとデカンタ代わりの空の焼酎4合瓶も持参。他にはイタリアのバローロとニュージーランド。NZはスクリューキャップだけど、ボルドーとバロールはコルクなのでソムリエナイフで抜栓。ボルドーを4合瓶に入れ替える。直ぐ呑むにはデカンタージュして強制酸化させないとね。バローロはえらく軽かった。よく呑みました。

 終わっても、マクドでお茶して深更に帰宅でした。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180326丸ノ内で呑み会 fulmar - 2018/03/28(Wed) 06:52 No.8210  

 前日に引き続いて今度は、丸ノ内のKITTEで呑み会です。んなもんで、電車賃の節約もあって朝から会社に行きます。出社すると自宅から会社までの往復の電車賃が後日支給されるからです。まぁセコい話ですが。

 例の通り、会社では雑用です。一件客先との取引基本契約案をチェック。お昼に午前中電話が入っていたことに気づく。貿易部門の部長からです。午後一で席に電話を入れるが、社内のどこかにこもっているらしい。そこで会社支給iPhoneに「本日出社」のmailを入れる。夕刻、部長が私の席に来たので、インドネシア案件の打ち合わせ。先日送った覚書案についての相談とのこと。要するに過去の誰かの調査不足による失敗の尻拭いみたいな話。先方の親会社も巻き込んだ三者契約にしたらどうかと提案。それで修正案を書いてくれとのこととなった。

 夕刻、退社して東京駅へ。十数分遅れる。定時が5時半で30分でKITTE迄行くのは無理である。メンバーは昔の会社の同僚(上司も含む)。私はその後幾つかの会社を転々としたが、彼らはずっと同じ会社にいたので話題はその会社の人間の動静など許り。他に話題はないのかと思うが、共通の話題ってそれしかないかも知れない。私は名前を言われてもなんとなく顔が思い出せるかどうかの人が多い。

 8時過ぎに解散。地下鉄丸ノ内線でブクロ経由で帰宅。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180327財布忘れセーフ fulmar - 2018/03/28(Wed) 10:51 No.8213  

 前日からの客先との取引基本契約案チェックを完了。次いでインドネシア案件の覚書修正案の起草に取り掛かる。味もそっけもない修正案が出来たので依頼先の部長に送る。

 夕刻、養老乃瀧に出掛ける。途中で財布を持って来ていないことに気付く。幸い、カードホルダは持って来ているので回り道してATMで現金を下ろす。これで先日の二の舞は避けられました。

 良い機嫌になって帰宅しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180328通院で有休 fulmar - 2018/03/30(Fri) 09:07 No.8214  

 一昨日:28/03/18は、ハートセンタに通院通院することになっていました。でも疑問がありました。「不整脈の症状がなくなったのでもう此處:ハートセンタには来なくて宜しい。だがヤクは続けた方が良いだろうから、かかりつけの病院に手紙を書くからそれを持って行って以後はその病院から貰いなさい」と言われていて手紙も郵送されてきました。なのになぜまだ通院するのだろうと。そこでその数日前に電話で問い合わせて見ました。「私は今月28日に通院することになっているか」と。答えは「そんな予約は入っていません」でした。私の思い込みだったのです。

 併し、有休は取って仕舞いました。仕方がないから一寸早いけどかかりつけの病院にヤクを貰いに行くことにしました。ヤクが多少多目にあっても困りません。まぁ、ヤクは本質的には毒なんですけど。而もハートセンタからの手紙を持っていくのを忘れた。まぁ良い、そのヤクはまだ暫くあります。その合間にワイシャツをクリーニング屋に出したり、自治会費を管理事務所に払ったりしました。

 夕刻は、前の前の会社に勤務していた当時の年下の同僚達と数年振りに会う約束になっているのです。時間に余裕があるので値引屋書店に寄って本買いすることにしました。実際には新たに買った本はそうなくて大方は事前にmailで注文した本でした。計20冊、\26,000弱也(お値引前)。思えし嵩張るので数冊の漫画以外は宅急便で送って貰うことに。この店は\15,000以上は希望すれば宅配して呉れます。大抵は持って帰るのですが、時々送って貰います。自分の本も一緒に送って貰うこともあります。重いんだもん。

 東京駅の待ち合わせ場所に行ったら、約束の時間迄間があるので買った漫画を読んでました。約束の時間になっても現れないので訝っていたらショートメール。改札の外の少し離れた場所にいたようです。Sさん、恰幅の良いおばさんになったなぁ。K君も少し太ったんじゃない。私は相変わらずデブだけどさ。行先はK君が予約した「ふくべ」です。うーん、四半世紀振りかも。

 周りの様子が大変わりしていて一人だったらきっとたどり着けないだろうなぁ。店の中は余り変わっていない。置いてある酒の銘柄も。と謂うことは一寸古い銘柄が多いってこと。古い銘柄だから悪いってこととは限らないけど。K君は相変わらず病気と怪我のデパートだなぁ。脳梗塞と狭心症?とかをやったそうだ。どちらもカテーテルでの手術。膠原病やリンパ腫もあるそうだ。AI進化による職業、雇用の大変動、癌治療の発達とか色々話した。Sさんは自宅でコミュニティカフェをやっているとのこと。幾ら家賃と人件費が埋没コスト化していると言っても年商\300,000は少な過ぎるなぁ。珈琲一杯で何時間も粘って店主である彼女との話を独占させるなんてビジネスモデル、価格体系の設定が悪過ぎる、と言うかそんなこと何も考えてないんだなぁ。

 「ふくべ」の後も八重洲地下街の喫茶店で閉店迄お茶していました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180329やる気益々なし fulmar - 2018/03/30(Fri) 12:58 No.8216  

 お昼にat largeで焼肉定食を食べ、愈々空っけつになりかけたボログルマに給油しました。これで当面路上でガス欠でエンストする怖れは遠退きました。

 午後、マネジャーから案件処理の催促電話あり。元々やる気がない處に催促されると益々やる気が失せ誰がやるもんかとなって仕舞います。早めにお出掛けしてして前日のヤクを薬局でピックアップして養老乃瀧へ。麦焼酎食らって良い気分になって寝て仕舞いました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180330無気力茶屋 fulmar - 2018/04/01(Sun) 03:05 No.8217  

 無気力なので、無気力茶屋へ行って呑んでました。ピザ食べた。

 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2017年10月に買った本 fulmar 投稿日:2017/10/30(Mon) 12:08 No.8023  

 10月に買った本です。購入額約48,605円です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2017年は省略しました。

【DVD】
鈴木則文監督 「関東テキヤ一家 喧嘩仁義」72 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
マキノ雅弘監督 「日本やくざ伝 総長への道」73 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
鈴木則文監督 「兄弟仁義 逆縁の盃」74 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ

【Mook】
ジャパンクラス編集部編 「JAPAN CLASS ニッポンよ、お前さんはいっつも……」 東邦出版

【書籍】
KGB職員 小川政邦訳 「KGBの世界都市ガイド」 晶文社 2001年
スマリヤン,レイモンド・M 川辺治之訳 「スマリヤン 数理論理学講義」上 日本評論社
ダウドナ,ジェニファー 櫻井祐子訳 「CRISPR 究極の遺伝子編集技術の発見」 文藝春秋
稲垣栄洋 「スイカのタネはなぜ散らばっているのか」 草思社
高橋洋一 「ついにあなたの賃金上昇が始まる! 2018〜世界と日本経済の真実」 悟空出版
鹿島茂 「東京時間旅行」 作品社
秋川滝美 「居酒屋ぼったくり」8 アルファポリス
小川了 「サヘルに暮らす 西アフリカ・フルベ民族誌」 NHKブックス 日本放送出版協会 1987年
松本徹三 「AIが神になる日」 SBクリエイティブ
川口淳一郎 「科学技術のフロントランナーがいま挑戦していること AI・ロボット・生命・宇宙…」 秀和システム
長谷川慶太郎 「2018長谷川慶太郎の大局を読む」 李白社
渡邉哲也 猫組長 「ヤクザとオイルマネー」 徳間書店
武田知弘 「大日本帝国の発明」 彩図社 2015年
遙士伸 「孤高の日章旗3 欧州遠征!」 RYU NOVELS 経済界

【新書】
ブレイディみかこ 「労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱」 光文社新書 光文社
伊藤善資 「江戸の居酒屋」 歴史新書 洋泉社
浦上満 「北斎漫画入門」 文春新書 文藝春秋
金順姫 「ルポ 隠された中国 習近平「一強体制」の足元」 平凡社新書 平凡社
三浦展 「横丁の引力」 イースト新書 イースト・プレス
志賀貢 「知的性生活 医師が教える大人の性の新常識」 角川新書 KADOKAWA
小林武彦 「DNAの98%は謎 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か」 ブルーバックス 講談社
水谷和夫 山本豊津 「コレクションと資本主義 「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる」 角川新書 KADOKAWA
中島恵 「なぜ中国人は財布を持たないのか」 日経プレミアシリーズ 日本経済新聞出版社
中島博之 「戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊」 講談社+α新書 講談社
兵頭二十八 「東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる」 講談社+α新書 講談社
堀井憲一郎 「愛と狂乱のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか」 講談社現代新書 講談社

【文庫】
乾くるみ 「蒼林堂古書店へようこそ」 徳間文庫 徳間書店 2010年
興津要 「大江戸商売ばなし 庶民の生活と商いの知恵」 PHP文庫 PHP研究所 1997年
三浦しをん 「極め道 爆笑エッセイ」 光文社文庫 光文社 2007年
種村季弘 「江戸東京《奇想》徘徊記」 朝日文庫 朝日新聞社 2006年
養老孟司 甲野善紀 「自分の頭と身体で考える」 PHP文庫 PHP研究所 2002年
 「文語訳 旧約聖書T 律法」 岩波文庫 岩波書店 2015年
 「文語訳 旧約聖書U 歴史」 岩波文庫 岩波書店 2015年

【漫画】
usi 「デリバリー」6 Houbunsha Comics 芳文社
カラスヤサトシ 「カラスヤサトシの日本文学紀行」 講談社
こばやしひよこ 「ハンツー×トラッシュ」13 ヤンマガKC 講談社
モリコロス 「のぼさんとカノジョ?」8 ZENON COMICS ノース・スターズ・ピクチャーズ
小川麻衣子 「ひとりぼっちの地球侵略」13 ゲッサン少年サンデーコミックス 小学館
松田奈緒子 「重版出来!」10 ビッグコミックス 小学館
深谷かほる 「エデンの東北」11 BAMBOO COMICS 竹書房
西炯子 「たーたん」2 FLOWER COMICS α 小学館
西炯子 「初恋の世界」3 FLOWER COMICS α 小学館
浅井蓮次 沢田新原作 「バイオレンスアクション」3 BIG SPIRITS COMICS SP 小学館
入江亜季 「北北西に曇と往け」1 HARTA COMIX KADOKAWA
麻生みこと 「小路花唄」2 アフタヌーンコミック 講談社
夢路行 「あの山越えて」31 A.L.C.SELECTION 秋田書店
木尾士目 「Spotted Flower」3 白泉社
六多いくみ 「ににんはとり」2 JOUR COMICS 双葉社

【図鑑】
飯島正広 土屋公幸 「リス・ネズミハンドブック」 文一総合出版 2015年
林将之 「秋の樹木図鑑 紅葉・実・どんぐりで見分ける約400種」 廣済堂出版



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2017年11月に買った本 fulmar - 2017/11/30(Thu) 12:47 No.8058  

 11月に買った本です。購入額約70,117円です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2017年は省略しました。

【DVD】
降旗康男監督 「新網走番外地 大森林の決斗」75 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ

【画集】
冨田章 「ビアズリー怪奇幻想名品集」 東京美術 2014年

【書籍】
コーシャン,ダニエル ウェルカー,グラント 太田美和子訳 「奇跡のスーパーマーケット」 集英社インターナショナル
シュミット,ヴィルヘルム 津崎正行訳 「老年を愉しむ10の発見」 三笠書房
フィンレー、ブレット アリエッタ,マリー=クレア 熊谷玲美訳 「「きたない子育て」はいいことだらけ」 プレジデント社
伊形慶子 「イギリス流 小さな家の贅沢な工夫」 KADOKAWA
吉本隆明 「吉本隆明全集13 1972-1976」 吉本隆明全集 晶文社
宮脇淳子 「教科書には書かれていない封印された中国近現代史」 ビジネス社
斎藤成也 「日本人の源流 核DNA解析でたどる」 河出書房新社
山田真由美 「おじさん酒場」 亜紀書房
山田泰司 「3億人の中国農民工 食いつめものブルース」 日経BP社
鹿島茂 「病膏肓に入る 鹿島茂の何でもコレクション」 生活の友社
週刊ダイヤモンド編集部編 「創価学会と共産党 激変する巨大組織のカネ・権力・ヒエラルキー」 ダイヤモンド社
青沼陽一郎 「侵略する豚」 小学館
谷甲州 「覇者の戦塵1945 戦略爆撃阻止」 中央公論新社
渡邉哲也 「日中開戦2018 朝鮮半島の先にある危機」 祥伝社
保江邦夫 前野隆司 「人間はロボットよりも幸せか?」 マキノ出版
茂木健一郎 「頭は「本の読み方」で磨かれる」 三笠書房 2015年
野口裕之 渡邉哲也 「ヤバすぎて笑うしかない狂人理論が世界を終わらせる」 ビジネス社
羅門祐人 中岡潤一郎 「大東亜大戦記3 第二次ミッドウェー海戦」 RYU NOVELS 経済界
嵐山光三郎 「枯れてたまるか!」 新講社

【新書】
NHKスペシャル取材班 「人工知能の「最適解」と人間の選択」 NHK出版新書 NHK出版
シンシアリー 「なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか 韓国人による日韓比較論」 扶桑社新書 扶桑社
シンシアリー 「韓国人による嘘韓論」 扶桑社新書 扶桑社 2016年
安倍晋三 百田尚樹 「日本よ、咲き誇れ」 WAC BUNKO ワック
角井亮一 「物流大崩壊」 宝島社新書 宝島社
菊地俊朗 「山の社会学」 文春新書 文藝春秋 2001年
吉田勝次 「素晴らしき洞窟探検の世界」 ちくま新書 筑摩書房
今泉忠明 「飼い猫のひみつ」 イースト新書Q イースト・プレス
佐藤智恵 「ハーバード日本史教室」 中公新書ラクレ 中央公論新社
三浦展 「中高年シングルが日本を動かす 人口激減社会の消費と行動」 朝日新書 朝日新聞出版
山本龍彦 「おそろしいビッグデータ 超類型化AI社会のリスク」 朝日新書 朝日新聞出版
小野善康 「消費低迷と日本経済」 朝日新書 朝日新聞出版
西岡力 「ゆすり、たかりの国家」 WAC BUNKO ワック
壇蜜 「たべたいの」 新潮新書 新潮社
田中道昭 「アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ペゾスの大戦略」」 PHPビジネス新書 PHP研究所
渡辺正峰 「脳の意識 機械の意識 脳神経科学の挑戦」 中公新書 中央公論新社
福田幸広 「それでも美しい動物たち 亜南極からサバンナまで、写真で知る「生き方」のリアル」 サイエンス・アイ新書 SBクリエイティブ
平松洋 「最後の浮世絵師 月岡芳年」 角川新書 KADOKAWA
養老孟司 「遺言。」 新潮新書 新潮社
林真理子 壇蜜 「男と女の理不尽な愉しみ」 集英社新書 集英社

【文庫】
下川裕治 「僕はLCCでこんなふうに旅をする」 朝日文庫 朝日新聞出版
三浦しをん 「悶絶スパイラル」 新潮文庫 新潮社 2012年
鹿島茂 「新版 吉本隆明1968」 平凡社ライブラリー 平凡社
塚本邦雄 「詞華美術館」 講談社文芸文庫 講談社
浜なつ子 「アジア的生活」 講談社文庫 講談社 2000年
北尾トロ 「猟師になりたい! 山の近くで愉快に暮らす」2 角川文庫 KADOKAWA
和久田正明 「地獄耳4 お耳狩り」 二見時代小説文庫 二見書房

【漫画】
あきづき空太 「赤髪の白雪姫」18 花とゆめCOMICS 白泉社
あろひろし 「よめヨメかなたさん」3 MANGA TIME COMICS 芳文社 2013年
きら 「人生は薔薇の色」1 office YOU COMICS 集英社クリエイティブ
ひかわきょうこ 「魔法にかかった新学期」1 花とゆめCOMICS 白泉社
ヤマシタトモコ 「違国日記」1 FC SWING 祥伝社
井上智徳 「CANDY & CIGARETTES」1-2 ヤンマガKC 講談社
甘詰留太 「喰フ女」 YOUNG KING COMICS 少年画報社
甘詰留太 「三十路おとめとモテはたち」4 YOUNG KING COMICS 少年画報社
佐々大河 「ふしぎの国のバード」4 BEAM COMIX KADOKAWA
深谷かほる 「エデンの東北」12 BAMBOO COMICS 竹書房
瀬尾公治 「風夏」18 KCマガジンコミックス 講談社
大見武士 「ちょろこいぞ! 休刊さん」 YKコミックス 少年画報社
辻灯子 「敗者復活戦!」3 MANGA TIME COMICS 芳文社
鶴田謙二 「デンキ科學処やなぎや」 復刊ドットコム

【図鑑】
飯島正広 土屋公幸 「モグラ ハンドブック」 文一総合出版 2015年



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2017年12月に買った本 fulmar - 2017/12/30(Sat) 14:32 No.8083  

 12月に買った本です。購入額約105,807円です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2017年は省略しました。版元によっては発行日を実際よりも多少遅く表示することがあるので、年内に来年発行の本も発売されます。

【DVD】
大沢茂弘監督 「博奕打ち 一匹竜」76 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
中島貞夫監督 「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」77 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ 2018年
降旗康男監督 「新網走番外地 吹雪のはぐれ狼」78 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ 2018年

【Mook】
ジャパンクラス編集部編 「JAPAN CLASS ニッポン人って、つくづくラッキーだな!」 東邦出版
 「散歩の達人 東京名酒場」 旅の手帖MOOK 交通新聞社

【雑誌】
 「日経おとなのOFF January 2018 2018美術展」 日経BP社

【書籍】
EDA 「異世界料理道」12 ホビージャパン
pha 「人生にゆとりを生み出す 知の整理術」 大和書房
カスパロフ,ガルリ 染田屋茂 「DEEP THINKING 人工知能の思考を読む」 日経BP社
ビガン,デイヴィッド・R 野中香方子訳 「人類の祖先はヨーロッパで進化した」 河出書房新社
フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議 「中国経済崩壊のシナリオ」 実業之日本社
フォン・シュラー,マックス 日高裕明訳 「アメリカ人が語る 日本人に隠しておけないアメリカの"崩壊"」 ハート出版
ラザフォード, アダム 垂水雄二訳 「ゲノムが語る人類全史」 文藝春秋
横山信義 「旭日、遥かなり」7 C・NOVELS 中央公論新社
岡田斗司夫 「大人の教養として知りたい すごすぎる日本のアニメ」 KADOKAWA
梶原みずほ 「アメリカ太平洋軍 日米が融合する世界最強の集団」 講談社
橘玲 「専業主婦は2億円損をする」 マガジンハウス
宮崎正弘 「AIが文明を衰滅させる ガラパゴスで考えた人工知能の未来」 文芸社
宮崎正弘 「習近平の独裁強化で世界から徹底的に排除され始めた中国」 徳間書店
宮崎正弘 「連鎖地獄」 ビジネス社
宮台真司 二村ヒトシ 「どうすれば愛しあえるの」 ベストセラーズ
牛窪恵 「「おひとりウーマン」消費! 巨大市場を支配する40・50代パワー」 毎日新聞出版
経産省若手プロジェクト 「不安な個人、立ちすくむ国家」 文藝春秋
江本マシメサ 「タイガの森の狩り暮らし 契約夫婦の東欧ごはん」 主婦と生活社
今井澂 「日経平均3万円 だから日本株は高騰する!」 フォレスト出版 2018年
斎藤史郎 「逆説の日本経済論」 PHP研究所
室谷克実 加藤達也 「韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実」 産経新聞出版
小林弘幸 「死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい」 幻冬舎
庄子大亮 「大洪水が神話になるとき 人類と洪水 五〇〇〇年の精神史」 河出ブックス 河出書房新社
水谷竹秀 「だから、居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人」 集英社
石平 「習近平の終身独裁で始まる中国の大暗黒時代」 徳間書店
大石英司 「第三次世界大戦 沖縄沖航空戦」7 C・NOVELS 中央公論新社
大竹聡 「新幹線各駅停車 こだま酒場紀行」 ウェッジ
中原圭介 「中原さん、経済オンチの私に日本の未来を教えてください」 SBクリエイティブ
中村ケイジ 「日本有事「鉄の蜂作戦2020」」 RYU NOVELS 経済界
鶴見斉 「0円で生きる 小さくても豊かな経済の作り方」 新潮社
日高敏隆 「日高敏隆 ネコの時間」 STANDARD BOOKS 平凡社
日本取引所グループ 「日本経済の心臓 証券市場誕生!」 集英社
福島香織 「「中国の悪夢」を習近平が準備する」 徳間書店
堀江貴文 「グルメ多動力」 ぴあ
木戸良彦 「超日本製品論」 日経BP社
柳川範之 「人工知能は日本経済を復活させるか」 大和書房
涌井貞美 「道具としての複素関数」 日本実業出版社
羅門祐人 「世界最終大戦 反撃開始」4 ヴィクトリー ノベルズ 電波社
落合陽一 「超AI時代の生存戦略 シンギュラリティに備える34のリスト」 大和書房
鷲田小彌太 「四〇歳から始める最強の勉強法」 海竜社

【新書】
井上章一 「京都ぎらい 官能篇」 朝日新書 朝日新聞出版
稲畑耕一郎 「出土遺物から見た中国の文明 地はその宝を愛しまず」 潮新書 潮出版社
宮脇淳子 監修岡田英弘 「日本人が知らない満洲国の真実 封印された歴史と日本の貢献」 扶桑社新書 扶桑社 2018年
窪薗晴夫 「通じない日本語 世代差・地域差からみる言葉の不思議」 平凡社新書 平凡社
原田曜平 「それ、なんで流行ってるの?」 ディスカヴァー携書 ディスカヴァー・トゥエンティワン
古谷経衡 「「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす」 イースト新書 イースト・プレス
後藤明 「世界神話学入門」 講談社現代新書 講談社
高橋洋一 「朝鮮半島 終焉の舞台裏」 扶桑社新書 扶桑社 2018年
山下智博 「上海の中国人、安倍総理はみんな嫌いだけど8割は日本文化中毒!」 講談社+α新書 講談社
山口直樹 「世界で一番わかりやすいおいしいお酒の選び方」 ディスカヴァー携書 ディスカヴァー。トゥンティーワン 2016年
小川剛生 「兼好法師 徒然草に記されなかった真実」 中公新書 中央公論新社
瀬川拓郎 「縄文の思想」 講談社現代新書 講談社
川端裕人 海部陽介監修 「我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち」 ブルーバックス 講談社
長山靖生 「「ポスト宮崎駿」論 日本アニメの天才たち」 新潮新書 新潮社
田中康弘 「ニッポンの肉食 マタギから食肉処理施設まで」 ちくまプリまー新書 ちくま書房
嶋浩一郎 松井剛 「欲望する「ことば」 「社会記号」とマーケティング」 集英社新書 集英社
藤田紘一郎 「40歳からはパンは週2にしなさい」 健康人新書 廣済堂出版
八幡和郎 「韓国と日本がわかる 最強の韓国史」 扶桑社新書 扶桑社 2018年
齊藤元章 井上智洋 「人工知能は資本主義を終焉させるか 経済的特異点と社会的特異点」 PHP新書 PHP研究所

【文庫】
坂井希久子 「ころころ手毬ずし 居酒屋ぜんや」 ハルキ文庫 角川春樹事務所
坂井希久子 「ふんわり穴子天 居酒屋ぜんや」 ハルキ文庫 角川春樹事務所
坂井希久子 「ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや」 ハルキ文庫 角川春樹事務所 2016年
松坂和夫 「現代数学序説 集合と代数」 ちくま学芸文庫 筑摩書房
草凪優 「黄昏に君にまみれて」 幻冬舎アウトロー文庫 幻冬舎
渡辺恒彦 「理想のヒモ生活」10 ヒーロー文庫 主婦の友社 2018年

【漫画】
おざわゆき 「傘寿まり子」5 KCDX 講談社
きくち正太 「瑠璃と料理の王様と」6 イブニングKC 講談社
シギサワカヤ 「お前は俺を殺す気か」5 白泉社
とりのなん子 「とりぱん」22 ワイドKCモーニング 講談社
はしゃ 「さめない街の喫茶店」 イースト・プレス
ヤマザキコレ 「ふたりの恋愛書架」2 KIRARA MENU 芳文社 2013年
ラズウェル細木 「酒のほそ道」42四十二 NICHIBUN COMICS 日本文芸社
安倍夜郎 「深夜食堂」19 BIG COMIC SP 小学館
益田ミリ 「こはる日記」 KADOKAWA
榎本ナリコ 「センチメントの行方」1 BIRZ COMICS 幻冬舎コミックス
円城寺マキ 「恋はつづくよどこまでも」4 FLOWER COMICS α 小学館
遠藤浩輝 「ソフトメタルヴァンパイア」3 アフタヌーンKC 講談社
河内遙 「涙雨とセレナーデ」3 KCDX 講談社
甘詰留太 「ボクだけ知ってる一宮さん」2 YOUNG Animal Comics 白泉社 2018年
吉村明美 「ふたりぼっち」1 FLOWER COMICS α 小学館
吉田秋生 「吉田秋生本」 漫画家本sp 小学館
久部緑郎 トリバタケハルノブ 「三十歳バツイチ無職、酒場はじめます。」1 ヤングジャンプコミックスGJ 集英社
犬上すくね 「東京No Vacancy」2 白泉社
荒川弘 「百姓貴族」5 WINGS COMICS 新書館
小山愛子 「舞妓さんちのまかないさん」4 少年サンデーコミックスSP 小学館
深谷かほる 「夜廻り猫」3 KADOKAWA
船戸明里 「Under the Rose」10 BIRZ COMICS DX 幻冬舎コミックス
大井昌和 「ちぃちゃんのおしながき繁盛記」9 BAMBOO COMICS 竹書房
大井昌和 「四季を食べる女」 BAMBOO COMICS 竹書房
池谷理香子 「ハコイリのムスメ」5 MARGARET COMICS cocohana 集英社
津田雅美 「ヒノコ」8 花とゆめコミックス 白泉社
鶴田謙二 「冒険エレキテ島」2 KCDX 講談社
木城ゆきと 「銃夢火星戦記」5 イブニングKCDX 講談社
Ω子 「リアル風俗嬢日記 彼氏の命令でヘルス始めました」 BAMBOO ESSAY SELECTION 竹書房



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2018年01月に買った本 fulmar - 2018/02/02(Fri) 05:44 No.8135  

 01月に買った本です。購入額約84,106円です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2018年は省略しました。

【DVD】
深作欣二監督 「博徒解散式」79 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
中島貞夫監督 「兄弟仁義 関東兄貴分」80 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ

【書籍】
ウェインライト,トム 千葉敏生訳 「ハッパノミクス 麻薬カルテルの経済学」 みすず書房 2017年
コンクリン,デヴィッド 仁木めぐみ訳 「コンクリンさん、大江戸を食べつくす」 亜紀書房 2017年
タッカー,アビゲイル 西田美緒子訳 「猫はこうして地球を征服した 人の脳からインターネット、生態系まで」 インターシフト
ボストロム, ニック 倉骨彰訳 「スーパーインテリジェンス 超絶AIと人類の運命」 日本経済新聞出版社 2017年
メイ・フォン 小谷まさ代訳 「中国「絶望」家族 「一人っ子政策」は中国をどう変えたか」 草思社 2017年
ワイツープロジェクト 「その仕事、3秒で完了! パソコンの神ワザ200」 宝島社 2017年
阿川佐和子 大石静 「オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉」 文藝春秋
吉田親司 「修羅の八八艦隊 日本海大血戦!」 RYU NOVELS 経済界
吉本隆明 「吉本隆明全集14 1974-1977」 吉本隆明全集 晶文社 2017年
橘玲 「80'sエイティーズ ある80年代の物語」 太田出版
原田ひ香 「ランチ酒」 祥伝社 2017年
勝又壽良 「バブルで衰退する中国 技術力で復活する日本」 アイバス出版 2017年
西田輝夫 「70歳、はじめての男独り暮らし」 幻冬舎 2017年
増田悦佐 「最強の資産は円である!」 ビジネス社
大石英司 「第三次世界大戦 フィンテックの戦場」8 C・NOVELS 中央公論新社
長谷川貴博 「AI化する銀行」 幻冬舎メディアコンサルティング 2017年
陳破空 高口康太 「カネとスパイとジャッキー・チェン 分断される民主化運動と中国の行く末」 ビジネス社
福岡伸一 「動的平衡3 チャンスは準備された心にのみ降り立つ」 木楽舎 2017年
福島香織 「習近平王朝の危険な野望 毛沢東・ケ小平を凌駕しようとする独裁者」 さくら舎
野田聖二 「2018年 資本主義の崩壊が始まる」 かんき出版
劉文志 「経済も民心も急速に荒廃 習近平の絶対化でいま中国で起きている大破局」 徳間書店 2017年
林譲治 「帝国海軍イージス戦隊2 南海の奇襲攻撃!」 ヴィクトリー ノベルズ 電波社
鈴木涼美 「オンナの値段」 講談社 2017年
 「JAPAN 外国人が驚いたすごいニッポン170」 宝島社

【新書】
ギルバート,ケント 「日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人」 SB新書 SBクリエイティブ
ジョイス,コリン 鍛原多恵子訳 「マインド・ザ・ギャップ 日本とイギリスの<すきま>」 NHK出版新書 NHK出版
井田茂 「地球外生命体 実はここまできている探査技術」 マイナビ新書 マイナビ出版 2017年
丸山学 「ご先祖様、ただいま捜索中! あなたのルーツもたどれます」 中公新書ラクレ 中央公論新社
岸博幸 「オリンピック恐慌」 幻冬舎新書 幻冬舎
吉田類 「酒は人の上に人を造らず」 中公新書 中央公論新社
金重明 「方程式のガロア群 深遠な会の仕組みを理解する」 ブルーバックス 講談社
原田曜平 「平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか?」 角川新書 KADOKAWA
古谷経衡 「日本を蝕む「極論」の正体」 新潮新書 新潮社
更科功 「絶滅の人類史 なぜ「私たち」が生き延びたのか」 NHK出版新書 NHK出版
細川博昭 「身近な鳥のすごい事典」 イースト新書Q イースト・プレス
山田拓 「外国人が熱狂するクールな田舎の作り方」 新潮新書 新潮社
小出・フィッシャー・美奈 「マネーの代理人たち ウォール街から見た日本株」 ディスカヴァー携書 ディスカヴァー・トゥエンティワン
小谷太郎 「言ってはいけない宇宙論 物理学7大タブー」 幻冬舎新書 幻冬舎
石平 「なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか 「脱中華」の日本思想史」 PHP新書 PHP研究所
太田和彦 「老舗になる居酒屋 東京・第三世代の22軒」 光文社新書 光文社
中島秀之 ドミニク・チェン 「人工知能革命の真実 シンギュラリティの世界」 WAC BUNKO ワック
中島明日香 「サイバー攻撃 ネット社会の裏側で起きていること」 ブルーバックス 講談社
長谷川嘉哉 「一生使える脳 専門医が教える40代からの新健康常識」 PHP新書 PHP研究所
南後由和 「ひとり空間の都市論」 ちくま新書 筑摩書房
楊海英 「「中国」という神話 習近平「偉大なる中華民族」のウソ」 文春新書 文藝春秋

【文庫】
橘玲 「国家破産はこわくない」 講談社+α文庫 講談社
松本理恵 「山小屋ごはん」 ヤマケイ文庫 山と渓谷社 2017年
壇蜜 「壇蜜日記」1 文春文庫 文藝春秋 2014年
壇蜜 「壇蜜日記」2 文春文庫 文藝春秋 2015年
和久田正明 「提灯奉行」 小学館文庫 小学館

【漫画】
やまむらはじめ 「天にひびき」7-8 YOUNG KING COMICS 少年画報社 2013年
やまむらはじめ 「天にひびき」9-10 YOUNG KING COMICS 少年画報社 2014年
ゆうきまさみ 「でぃす×こみ」3 Big Spirits Comics SP 小学館
伊図透 「銃座のウルナ」1 BEAM COMIX KADOKAWA 2016年
岡野雄一 「ペコロスの母の忘れもの」 朝日新聞出版
嘉村朗 「まじめだけど、したいんです」1-2 JOUR COMICS  双葉社 2017年
犬上すくね 「より道カフェ通り」 BAMBOO COMICS 竹書房 2012年
犬上すくね 「東京No Vacancy」1 白泉社 2016年
高須賀由枝 「コミンカビヨリ」7 KC Kiss 講談社
黒咲練導 「放課後プレイManiax」 Dengeki Comics KADOKAWA 2017年
山本祟一郎 「からかい上手の高木さん」1 ゲッサン少年サンデーコミックスSP 小学館 2014年
小栗左多里 トニー・ラズロ 「ダーリンの東京散歩 歩く世界」 小学館
新久千映 「新久千映のお酒のお時間です」 MF comic essay KADOKAWA
森恒二 「創世のタイガ」2 イブニングKC 講談社
水谷京子 「野獣は激しく奪う」8 花とゆめCOMICS 白泉社
水野十子 「遥かなる時空の中で6」5 KCxARIA 講談社
西島大介 「すべてがちょっとずつ優しい世界」 講談社 2012年
内田春菊 「がんまんが 私たちは大病している」 BUNKASHA COMICS ぶんか社 2019年
二ノ宮知子 「七つ屋志のぶの宝石匣」6 KC Kiss 講談社
麻生みこと 「そこをなんとか」14 HC SP 白泉社
木村紺 「巨娘」5 アフタヌーンKC 講談社
矢口高雄 「マタギ」 ヤマケイ文庫 山と渓谷社 2017年
柳本光晴 「響 小説家になる方法」1-2 BIG COMICSスペリオール 小学館 2015年
柳本光晴 「響 小説家になる方法」3-5 BIG COMICSスペリオール 小学館 2016年
柳本光晴 「響 小説家になる方法」6-8 BIG COMICSスペリオール 小学館 2017年
陸乃家鴨 「花咲け!おとめ塾」上 YC COMICS 少年画報社 2006年
陸乃家鴨 「彼女の残り香」 FUJIMI COMICS 富士見出版 2007年
陸乃家鴨 「未確認 幼なじみ」上下 YC COMICS 少年画報社 2009年



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2018年02月に買った本 fulmar - 2018/02/24(Sat) 12:51 No.8167  

 02月に買った本です。購入額約63,251円です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2018年は省略しました。

【DVD】
山下耕作監督 「女渡世人 おたの申します」81 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
山下耕作監督 「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」82 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ

【Mook】
ジャパンクラス編集部編 「JAPAN CLASS そう、これがニッポンって国なんだヨ!」 東邦出版

【書籍】
EDA 「異世界料理道」13 ホビージャパン
シンシアリー 「人を楽にしてくれる国・日本 韓国人による日韓比較論」 扶桑社
ホクトきのこ総合研究所監修 「改訂版 きのこ検定公式テキスト」 実業之日本社 2016年
井元剛 「平和を願う人工頭脳 純国産AIへの道」 日本工業新聞社 2017年
益田ミリ 「永遠のおでかけ」 毎日新聞出版
横山信義 「旭日、遥かなり」8 C・NOVELS 中央公論新社
宮崎佳典 新谷誠 中谷広正 「理工系のための離散数学」 東京図書 2013年
宮崎正弘 「米国衰退、中国膨張 かくも長き日本の不在」 海竜社
宮崎正弘 福島香織 「世界の中国化を食い止めろ」 ビジネス社
玉井建也 「幼なじみ萌え ラブコメ恋愛文化史」 藝術学舎 2017年
江本マシメサ 「タイガの森の狩り暮らし2 焼きたてパンと、暖かいスープを」 主婦と生活社
根本重之 「「ディープな高齢社会」ニッポンで稼ぐ 消費と流通の先を読む」 日本経済新聞出版社 2013年
子竜螢 「朝鮮半島暴発2 北朝鮮潜入作戦」 VICTORY NOVELS 電波社
松本品子 「滝田ゆう 昭和×東京下町セレナーデ」 コロナ・ブックス 平凡社 2017年
新井紀子 「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」 東洋経済新報社
倉山満 「世界の歴史はウソばかり 倉山満の国民国家論」 ビジネス社
中島恵 「中国人はなぜ「日本の老舗」が好きなのか 中国インバウンド54のヒント」 プレジデント社
渡邉哲也 「ポスト平成ですごいことになる日本経済2.0 2020年までに生じる世界のリスクと新たな秩序」 徳間書店
藤田紘一郎 「脳はバカ、腸はかしこい」 三五館 2012年
木下斉 「福岡市が地方最強の都市になった理由」 PHP研究所
羅門祐人 「異史・新生日本軍3 変革する未来」 RYU NOVELS 経済界

【新書】
ケント・ギルバート 「中華思想を盲信する中国人と韓国人の悲劇」 講談社+α新書 講談社
最相葉月 「理系という生き方」 ポプラ新書 ポプラ社
勝木俊雄 「桜の科学」 サイエンス・アイ新書 SBクリエイティブ
松原仁 「AIに心は宿るのか」 インターナショナル新書 集英社インターナショナル
上念司 「経団連と増税政治家が壊す本当は世界一の日本経済」 講談社+α新書 講談社
大隈典子 「脳の誕生 発生・発達・進化の謎を解く」 ちくま新書 筑摩書房 2017年
大江舜 「団塊絶壁」 新潮新書 新潮社
大坪ケムタ 「少年ジャンプが1000円になる日 出版不況とWeb漫画の台頭」 コア新書 コアマガジン
中島春紫 「日本の伝統 発酵の科学 微生物が生み出す「旨さ」の秘密」 ブルーバックス 講談社
田中潤 松本健太郎 「誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性」 光文社新書 光文社
藤田紘一郎 「人生100年時代の老いない食事」 Forest 2545 フォレスト出版
畑尾一知 「新聞社崩壊」 新潮新書 新潮社
養老孟司 「半分生きて、半分死んでいる」 PHP新書 PHP研究所
袁静 「日本人は知らない中国セレブ消費」 日経プレミアシリーズ 日本経済新聞出版社

【文庫】
岩本久則 「野鳥物語」 双葉文庫 双葉社 1998年
山口恵以子 「食堂のおばちゃん」 ハルキ文庫 角川春樹事務所 2016年
小出昭一郎 「物理現象のフーリエ解析」 ちくま学芸文庫 筑摩書房
勢古浩爾 「古希のリアル」 草思社文庫 草思社
西東三鬼 「西東三鬼全句集」 角川ソフィア文庫 KADOKAWA 2017年
谷川俊太郎 「ひとり暮らし」 新潮文庫 新潮社 2010年
塚本邦雄 「文庫版 塚本邦雄全歌集」 短歌研究文庫 短歌研究社
養老孟司 「バカのものさし」 扶桑社文庫 扶桑社
和久田正明 「髪結いの亭主」9 ハルキ文庫 角川春樹事務所

【漫画】
イェークストロム,オーサ 「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」4 MFコミックエッセイ KADOKAWA
じゃんぽ〜る西 「モンプチ 嫁はフランス人」3 祥伝社
ふじた 「ヲタクに恋は難しい」5 一迅社
伊図透 「銃座のウルナ」2 BEAM COMIX KADOKAWA 2016年
伊藤正臣 「マグネット島通信」1 BUNCH COMICS 新潮社
井上純一 「中国工場の琴音ちゃん」2 一迅社
夏目あやの 「高嶺の花なら落ちてこい!!」1-2 ガンガンコミックスONLINE スクウェア・エニックス 2016年
元町夏央 「紀伊半島 海町ごはん」1 芳文社コミックス 芳文社
原作新海誠 漫画琴音らんまる 「君の名は」1 MFコミックスalive series KADOKAWA 2016年
高浜寛 「ニュクスの角灯」4 SPコミックス リイド社
山本直樹 「分校の人たち」3 F×COMICS 太田出版
小玉ユキ 「宝石箱 小玉ユキよみきり集」 FLOWER COMICS α 小学館
新久千映 「タカコさん」3 ZENON COMICS ノース・スター・ピクチャーズ
新久千映 「ワカコ酒」10 ZENON COMICS ノース・スター・ピクチャーズ
森薫 「乙嫁語り」10 BEAM COMIX KADOKAWA
瀬尾公治 「風夏」19 KCマガジンコミックス 講談社
大槻一翔 「欅姉妹の四季」1 HARTA COMIX KADOKAWA
豊田悠 「パパと親父のウチご飯」 BUNCH COMICS 新潮社 2014年
陽気婢 「ラブホール」1 SUNDAY GX COMICS 小学館



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif2018年03月に買った本 fulmar - 2018/03/30(Fri) 11:10 No.8215  

 03月に買った本です。購入額約79,269円です。
 外国人の著者名は原則として、姓、名の順にしています。
 最後の年表記は奥付ベースの初刷出版年です。2018年は省略しました。

【DVD】
降旗康男監督 「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」83 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
山下耕作監督 「戦後最大の賭場」84 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ
小沢繁弘監督 「刃」85 東映任侠映画傑作DVDコレクション デアゴスティーニ

【画集】
冬目景 「冬目画集 20 SIMPLE EDITION」 幻冬舎コミックス

【書籍】
アイマー,デイヴィッド 近藤隆文訳 「辺境中国 新疆、チベット、雲南、東北部を行く」 白水社
プレデセン,デール 山口茜訳 「アルツハイマー病 真実と終焉」 ソシム
井上孝司他 「世界の未来兵器 最強ガイド」 学研プラス
井上太郎 「公安情報」 青林堂
呉善花 「韓国と北朝鮮は何を狙っているのか」 KADOKAWA
高橋洋一 「なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか」 KADOKAWA
室谷克実 「なぜ日本人は韓国に嫌悪感を覚えるのか」 飛鳥新社
秋川滝美 「居酒屋ぼったくり」9 アルファポリス
小川彩子 小川律昭 「地球千鳥足 バックパッカー夫婦の人間遺産と触れ合う旅」 幻冬舎メディアコンサルティング 2017年
小田嶋隆 「上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白」 ミシマ社
申尚穆 岩井利子訳 「韓国の外交官が語る 世界が見習うべき日本史 今こそ大事な江戸時代の真の姿」 楓書店
石黒浩 「僕がロボットをつくる理由 未来の行き方を日常からデザインする」 教養みらい選書 世界思想社
石平 「なぜ中国は民主化したくてもできないのか」 KADOKAWA
石平 黄文雄 「習近平の訂正復活で 中国が日本に仕掛ける最終戦争」 徳間書店
石毛直道 赤坂憲雄編 「食の文化を探る」 フィールド科学の入り口 玉川大学出版部
丁宗鐡 南伸坊 「漢方的生き方のすすめ」 毎日新聞出版
町山智浩 「激震! セクハラ帝国アメリカ 言霊USA2018」 文藝春秋
長谷川慶太郎 「長谷川慶太郎の大局を読む 緊急版 日本の難題」 李白社
日下公人 「絶対、世界が日本化する15の理由」 PHP研究所
日下公人 「日本人への遺言 最終章 「反核」愚問」 李白社
猫組長 「アンダー・プロトコル 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学」 徳間書店
富島健夫 「女人追憶」1 Classic Revival 小学館
福田和也監修 「文豪ナンバーワン決定戦」 宝島社
鳴沢真也 「天文学者が宇宙人を本気で探しています! 地球外知的生命体探査<SETI>の最前線」 洋泉社
羅門祐人 中岡潤一郎 「大東亜大戦記4 ソロモン大海戦!」 RYU NOVELS 経済界
譚&#29840;美 「近代中国への旅」 白水社 2017年
遙士伸 「パシフィック・レクイエム 黒十字と三色旗への使者」 RYU NOVELS 経済界

【新書】
アッカーマン,ジェニファー 鍛原多惠子訳 「鳥!驚異の知能 道具をつくり、心を読み、確率を理解する」 ブルーバックス 講談社
モーガン,ジェイソン 「リベラルに支配されたアメリカの末路 日本人愛国者への警告」 ワニブックスPLUS新書 ワニブックス
井上満郎 「お稲荷さんの正体 稲荷信仰と日本人」 歴史新書 洋泉社
一石英一郎 「日本人の遺伝子 ヒトゲノム計画からエピジェネティクスまで」 角川新書 KADOKAWA
越智敏之 「イギリス肉食革命 胃袋から生まれた近代」 平凡社新書 平凡社
吉田秀樹 歴史とみなと研究会 「港の日本史」 祥伝社新書 祥伝社
玉川陽介 「常勝投資家が予測する日本の未来」 光文社新書 光文社
高野秀行 「間違う力」 角川新書 KADOKAWA
佐藤信弥 「中国古代史研究の最前線」 星海社新書 星海社
佐藤成美 「「おいしさ」の科学 素材の秘密・味わいを生み出す技術」 ブルーバックス 講談社
山田博規 「あなたは"うつ"ではありません」 ベスト新書 ベストセラーズ
小山慶太 「<どんでん返し>の科学史 蘇る錬金術、天動説、自然発生説」 中央新書 中央公論新社
小嶋勝利 「誰も書かなかった老人ホーム」 祥伝社新書 祥伝社
森俊憲 「神スクワット 1日20回からの腹も凹む究極のメニュー」 宝島社新書 宝島社
田所敏夫 「大暗黒時代の大学 消える大学自治と学問の自由」 鹿砦社LIBRARY 鹿砦社
堀江貴文 「自分のことだけ考える 無駄なものに振り回されないメンタル術」 ポプラ新書 ポプラ社
堀泰典 安保徹 「最後は「免疫力」があなたを救う!」 扶桑社新書 扶桑社

【文庫】
リュティ,マックス 小澤俊夫訳 「ヨーロッパの昔話 その形と本質」 岩波文庫 岩波書店 2017年
下川裕治 阿部稔哉 「週末ちょっとディープなベトナム旅」 朝日文庫 朝日新聞出版
岸田緑渓 早坂信 奥村直史 「英語の謎 歴史でわかるコトバの疑問」 角川ソフィア文庫 KADOKAWA
砧大蔵 「漂流自衛隊1 ミッドウェイ大逆転」 コスミック文庫 コスミック出版 2017年
池田清彦 「ウソとマコトの自然学 生物多様性を考える」 中公文庫 中央公論新社
和久田正明 「地獄耳5 御金蔵破り」 二見時代小説文庫 二見書房

【漫画】
きくち正太 「瑠璃と料理の王様と」7 イブニングKC 講談社
こばやしひよこ 「ハンツー×トラッシュ」14 ヤンマガKC 講談社
つくみず 「少女終末旅行」6 BUNCH COMICS 新潮社
ひぐちアサ 「おおきく振りかぶって」29 アフタヌーンKC 講談社
伊駒一平 「奥様ワレメランド」 KAIOHSHA COMICS 海王社
伊図透 「ミツバチのキス 新装版」1 BEAM COMIX KADOKAWA
井上純一 「中国嫁日記」7 KADOKAWA
坂木原レム 「ペンタブと戦車」1上 MANGA TIME COMICS 芳文社
小林ユミオ 「星くずのプリンス」1 モーニングKC 講談社
新久千映 「新久千映のねこびたし」3 集英社ホームコミックス ホーム社
榛野なな恵 「Papa told me〜星へ続く階段〜」 Queens Comics 集英社
深谷かほる 「エデンの東北」 BAMBOO COMICS 竹書房
水谷フーカ 「14歳の恋」8 白泉社
清澄炯一 「めしあげ 明治陸軍糧食物語」2 Kadokawa Comics A KADOKAWA
池辺葵 「プリンセスメゾン」5 BIG COMICSスピリッツ 小学館
冬目景 「空電ノイズの姫君」2 BIRZ COMICS 幻冬舎コミックス
冬目景 「黒鉄・改」1 ヤングジャンプコミックスGJ 集英社
入江亜季 「北北西に曇と往け」2 HARTA COMIX KADOKAWA
白浜鴎 「とんがり帽子のアトリエ」3 モーニングKC 講談社
八木ナガハル 「無限大の日々」 駒草出版
柳原望 「かりん歩」3 MFコミックス KADOKAWA
唯登詩樹 「鞘 SAYA」 画楽コミックス ホーム社
林久美子 「イシャコイH」5 HLC Silky 白泉社


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩11/03/18 fulmar 投稿日:2018/03/11(Sun) 10:53 No.8185  

 今朝:11/03/18、見聞きした鳥は以下の通りです。

 ヒヨドリV7、ハシブトガラスV2、ガビチョウC、オナガC、ツグミV1、カワラヒワV13、シロハラC、ムクドリV3、エナガC、ドバトF、メジロC、シジュウカラV14、スズメV4、ハクセキレイFC、キジバトV5、ホオジロV6、ヒバリFS、ハシボソガラスV8、コジュケイS、ジョウビタキ♂V9、ウグイスC、カシラダカV10、セグロセキレイFC、カルガモV11、マガモ♂♀V12、アオゲラC、モズV13、コゲラC、シメC
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング
Vの次の数字は視認:Vした順番です。なお、全体の並び順は姿、声等、何ででも存在を確認した順です。

 揚げヒバリ(ヒバリの唐揚げではない)の姿と声を見聞きしました。私にとっては今年の初認です。

 鳥以外の観察した動植物は以下の通り。

草本花:ホトケノザ、ナズナ、ミチタネツケバナ、タチツボスミレ、ヒメカンスゲ
木本花:ジンチョウゲ、アセビ、アンズ?、ウグイスカグラ
植物他:ヒメオドリコソウ蕾



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩13/03/18 fulmar - 2018/03/15(Thu) 14:08 No.8187  

 一昨日:13/03/18の朝、見聞きした鳥は以下の通りです。

 メジロV10、シジュウカラV1、スズメV3、ハシブトガラスV4、ツグミV8、コゲラV9、ヒヨドリV6、ウグイスSC、カワラヒワV14、ムクドリV2、キジバトV5、ガビチョウC、C-130HF、C-1F、コジュケイS、ホオジロV12、シロハラV7、シロハラV7、ヒバリS、キジS、ハクセキレイC、U-125F、オナガC、ダイサギV11、(ニワトリC)、T-4F、カルガモV13、シメV15、アオゲラD
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング

 キジの鳴き声とほろうちを聞きました。本年の初認です。

 鳥以外の観察した動植物は以下の通りです。
草本花:オオイヌノフグリ、ホトケノザ
木本花:ユキヤナギ、ハクモクレン

 ホトケノザが沢山咲いていて遠目にはピンクの絨毯のようです。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩15/03/18 fulmar - 2018/03/15(Thu) 14:49 No.8188  

 今朝:15/03/18、見聞きした鳥は以下の通りです。

 ハシブトガラスV1、アオゲラC、ガビチョウC、スズメV4、アオジV2、コゲラC、ヒヨドリV5、ムクドリV6、シジュウカラV3、ツグミV7、キジバトV9、ハシボソガラスV8、カワラヒワV12、ハクセキレイV11、ジョウビタキ♂V10、ホオジロC、コガモ♂♀V13、カルガモV14、(ニワトリC)、エナガV15
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング

 鳥以外の観察した動植物は以下の通りです。

草本花:ムスカリ、ツルニチニチソウ、ショカツサイ、フッキソウ
木本花:コブシ、ユキヤナギ、クサボケ
植物他:ビロウドモウズイカ、スギナ胞子茎:ツクシ
昆 虫:モンシロチョウ、タテハチョウsp



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩16/03/18 fulmar - 2018/03/17(Sat) 04:19 No.8194  

 昨朝:16/03/18、見聞きした鳥は以下の通りです。

 エナガV14、ヒヨドリV1、ガビチョウC、ハシブトガラスV2、シジュウカラV7、コゲラV13、メジロFC、ツグミV6、シメV12、スズメV3、キジバトV4、ムクドリV5、カワラヒワV10、ハクセキレイC、C-130HF、ヒバリFS、ホオジロV9、アオジV8、(ニワトリC)、マガモ♂♀V10、コガモ♂V11、T-4F、YS-11F
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング

 途中、ハミレスで朝食。その前に斜め前の7-11で田舎の家の電気代の払い込み。茶畑の霜害防止用の扇風機が回っていた。畑の持ち主らしい人が配電盤をいじっていたからテストかも知れない。

 鳥以外の観察した動植物は以下の通りです。

草本花:スズメノカタビラ
木本花:ボケ、ソシンロウバイ、サクラ天の川?
植物他:コウヤボウキ新芽

 畑に植えてあるサクラを見て樹形から「天の川かも」と思った。今年初めて見た訳じゃないんだけど見ても気が付かないことってあるんだなぁ。コウヤボウキが芽吹いています。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩17/03/18 fulmar - 2018/03/17(Sat) 11:36 No.8195  

 今朝:17/03/18、見聞きした鳥は以下の通りです。

 シジュウカラV5、エナガV1、ハシブトガラスV7、キジバトV11、ガビチョウV17、メジロV2、ヒヨドリV3、アオジV4、コゲラV6、ウグイスSC、ムクドリV8、スズメV9、ハクセキレイV10、ツグミV12、ハシボソガラスV13、モズV14、ジョウビタキ♂V15、(ニワトリC)、ホオジロV16、カワラヒワV20、コガモ♀♂V18、アオゲラC、コジュケイS、ヤマガラV19、C130HF、シロハラV21
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング

 富士山が見えました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩18/03/18 fulmar - 2018/03/18(Sun) 11:52 No.8198  

 今朝:18/03/18、見聞きした鳥は以下の通りです。

 ハシブトガラスV13、ガビチョウC、ヒヨドリV3、シジュウカラV8、コゲラV15、ツグミV6、スズメV1、キジバトV2、カワウF、ハクセキレイV4、ムクドリV5、ヒバリFS、アオジC、カワラヒワV7、コジュケイV9、カシラダカC、カルガモV10、ホオジロV11、メジロV12、モズC、マガモ♂♀V14、エナガV16、ジョウビタキC、(ニワトリC)
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング

 送電用鉄塔の上の方にカラスが巣を作っていることに気付きました。カシラダカの地鳴きを聞きました。南の方から渡ってきたのが一時的にこの辺にいるのでしょうか。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩19/03/18 fulmar - 2018/03/21(Wed) 14:37 No.8203  

 一昨日:19/03/18の朝、見聞きした鳥は以下の通りです。

 コゲラV7、ヒヨドリV3、ハシブトガラスV1、シジュウカラV4、ジョウビタキC、メジロFC、ハクセキレイFC、キジバトV5、ガビチョウV10、スズメV2、ムクドリV6、ツグミV9、ウグイスS、ハシボソガラスV8、ヒバリS、カワラヒワV11、アオジV12、ホオジロV15、シメC、カルガモV13、コガモ♂♀V14、セグロセキレイC、モズV16、U-4F、T-4F
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング

 条撒きされたコムギが青々としています。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif鳥見散歩24/03/18 fulmar - 2018/03/24(Sat) 10:44 No.8205  

 今朝:24/03/18、見聞きした鳥は以下の通りです。

 ヒヨドリV2、ハシブトガラスV8、シジュウカラV6、キジバトV4、メジロFC、アオジC、エナガV1、アオゲラC、シメV14、コゲラV17D、スズメV3、ハクセキレイFC、ムクドリV5、カワラヒワV11、ハシボソガラスV7、ツグミV10、ホオジロV9、ヒバリFS、ガビチョウC、モズV12、マガモ♂V13、カルガモV15、ジョウビタキ♂V16、コジュケイS、ウグイスC
V:視認、F:飛翔を確認、S:囀り、C:地鳴きなど、D:ドラミング

 鳥以外の観察した動植物は以下の通りです。

草本花:ハナニラ、シバザクラ
木本花:カイドウ、レンギョウ、ナシ、ヒイラギナンテン、クマシデ
植物他:ヤエムグラ株、オランダミミナグサ蕾、ナガミヒナゲシ株


 http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180311マッサージ fulmar 投稿日:2018/03/14(Wed) 04:45 No.8186  

 体を揉んで貰いに田虫にお出掛け。駅でトロロ沢行きの回数券も買う。市の中心街であるトロロ沢には比較的よく行くので回数券を買いました。料金が同じなので時々使うこともある東村山行きか秋津行きを買います。今回は東村山行きを買いました。

 整体師さんに腰はあまり痛くないけど、腹筋が痛いと言うと「筋肉は硬くなっていないから縮めるのが良くない。伸ばすようにしなさい」と言われる。

 その後、トロロ沢に寄って百味で呑んで帰宅。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180312送別会 fulmar - 2018/03/16(Fri) 11:40 No.8189  

 出社日につき、朝から会社に行く。この日が出社日になったのは、勤怠管理システムが更新されるので全員参加の説明会に出ないといけないからです。それにつられて部内会議と65歳の嘱託契約期間満了で退職する人がいるのでその送別会も同日に決定。

 会場は駅の反対側のフグ屋です。前から思っていたけどフグって大して旨いもんでもないなぁと謂うことを再確認しました。その後は真っ直ぐ帰宅しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180313散髪 fulmar - 2018/03/16(Fri) 11:41 No.8190  

 お昼に駅の近くのQBハウスで散髪。前行ったら土日は割引なしだったので散髪せずに帰った。

 駅で池袋迄の回数券購入。回数券だと9%安くなる。3ヶ月で計6往復以上するなら得だ。池袋になら軽くそれ位は行く。定期券がないとつい出不精になる。でも電車賃は大したことないので積極的に電車で出掛けたい。

 夕刻、養老乃瀧で呑む。麦焼酎を呑み切ったので新しいボトルを入れた。これがエタノール1度当たり一番安い。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180314Mac不調 fulmar - 2018/03/16(Fri) 11:41 No.8191  

Mac Book Airにアクセス出来ません。パスワードがはじかれます。キーボードがおかしいようです。

困った。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180315PC持ってブクロ... fulmar - 2018/03/16(Fri) 11:44 No.8192  

 Mac Book Airがおかしいので有休とってブクロのBic Cameraに見てもらいに行く。結果はスリープを長いことするとあまり容量の大きくないスリープ関連記憶領域に色んなデータが上書きされてパスワードデータが壊れたのだろうとのことで、其處では対処不能でApple call centreに電話して指示受け乍ら対処するしか無かろうとのこと。スリープにそんな弊害があるなんて知らなかった。

 序でに持って行ったDellのnote PC用のLANアダプタ券USBハブと保護バッグを購入。

 マンキツで本掲示板に少し書き込みをしてから、15時開店の三福で呑んで帰宅しました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180316-1Mac復旧 fulmar - 2018/03/16(Fri) 11:46 No.8193  

 Apple call centreに電話して指示通りに作業したら復旧しました。


http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180316-2新ボトル fulmar - 2018/03/18(Sun) 01:00 No.8196  

 夕刻、無気力茶屋で呑む。泡盛を呑み切ったので新しいボトルを入れる。

 帰路、7-11でぶどうジュースとか購入。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180317築地たけの fulmar - 2018/03/18(Sun) 11:50 No.8197  

 亦一つ歳を取って仕舞った。若い時なら兎も角、佐藤愛子ではないが90歳何が目出度い、である。昔、元日に皆一斉に歳を取った時代の川柳風に言えば「正月や冥土の旅の三里塚」である。

 でもまぁ金を残しても仕方がないので、自分で自分を祝ってやることにした。英語の案件が幾つも溜まってるんだけどさ。で、銀座の三州屋に行くことにした。着いてみると何組も順番待ちしている。急遽予定を変更して築地のたけのにタクシーで行く。銀座と築地は近いのだ。

 たけので良い気分になってから値引屋書店へ行く。本を色々漁ってカートに入れて精算に行くと値引カードやらポイントカードやらが入っているカードホルダを忘れて来たのに気付く。ドジなことである。一冊「イギリス肉食革命」だけ定価で買って残りは次回に取り置きして貰った。一冊買った本は中々面白い。

 地下鉄の駅に色んな言語の東京観光案内パンフレットが置いてあったので支那語(北京官話)版:「東京便携指南手冊 中文(簡体字)」を持ってきた。東京便携指南手冊と云う名称からして面白い。大体趣旨は分かるが一寸変。「指南」なんて日本語では殆ど死語である。

 帰宅して読んでみると東京の名所の支那語訳と説明が簡体字で書かれている。説明は分かるような、分からないような??であるが、名所の名前が変面白い。例えばお台場のフジテレビ本社ビルは富士電視台総部大厦(簡体字のフォントがあるかどうか分からないので常用漢字のフォントで表示)、東京タワーは「東京塔」、東京スカイツリーは「東京晴空塔」である。「と:and」は「和」と「与」に訳し分けられているようだがどう違うのかなぁ。支那の簡体字は日本の常用漢字と、字によって@全く/殆ど同じA似ているが少し違うB似ているような気もするが大分違うC全く違う、のがありBとCは知っているか前後の脈絡から推定出来ないと全く分からないだろう。

越智敏之「イギリス肉食革命 胃袋から生まれた近代」平凡社新書 平凡社 2018年 ISBN978-4-582-85868-6



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180318バッテリ購入 fulmar - 2018/03/18(Sun) 14:19 No.8199  

 過日、中古のバッテリが上がって仕舞いました。暫く車を使わない日々が続きましたが、矢張り車は必要だなと、上がった中古バッテリを自転車に乗せて近くのイエローハットに新品バッテリを買いに行きました。中古バッテリを引き取って貰い\4,000位の新品バッテリを買って帰宅。

 買ったバッテリをボロ車に取り付けて目出度く走行可能になりました。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180319風呂が空 fulmar - 2018/03/19(Mon) 05:25 No.8200  

 さっき、お風呂を沸かしたんだったなと思い出して風呂に行って蓋を開けたら、何と風呂が空。風呂の栓がよく閉まってなくてお湯が抜けたのだろう。慌ててお湯を入れ直しています。今はお湯が張るのを待っているところです。こんなこと初めて。

 風呂に入ってから鳥見散歩に行く。途中ハミレスに依って朝食。

 お昼にまけやへ行く。その足でYaMaYaに行き空瓶を一本\5で引き取って貰い瓶ビール;Heartlandを少し買う。帰路、ウォルマートに車を駐めてATMでお金をおろす。ウォルマートの飾り付けでお彼岸だと云うことを思い出し仏壇に供える花束を購入。お彼岸やお盆は今は亡き父母を追憶する機会なのだ。

 夕刻、無気力茶屋へ行って呑んだ。



http://oh.crap.jp/imgbbs/sample/img/nikoniko.gif酔狂亭日乗180320出社日 fulmar - 2018/03/21(Wed) 14:12 No.8202  

 昨日:20/03/18は出社する日なので、朝から雨の中を出社。会社へ着いたらマネジャーが賞与の封筒を呉れた。

 当社は給与も賞与も口座振込だが、期末賞与(業績の良い年だけで毎年出るとは限らない)は現金支給なのだ。社内結婚でない人の奥さんは旦那が言わない限りそんな制度があることも知らないだろう。つまり秘密のへそくりになるかも知れないと云う事だ。昔、賞与を二つの口座に分割して支給する会社のことも聞いたことがある。月給もボーナスも皆取り上げられてしまう亭主達の涙ぐましい対策だった訳だ。私も昔は何でも皆取り上げられる可哀想な亭主の一人だった。今は可哀想じゃないけどね。

 夕刻退社して、丸一で豚カツを食う。それから大盛のウォルマートに行って値引の下着を買う。これでやっとボロボロのパンツやシャツが捨てられる。私の下着の多くはボロボロなのです。それでもまだ着られなくはないから気にせず着ていたけど、そろそろ限界だったのです。

 値引屋書店に寄って先日の本を主体に本買いしてから、ブクロの駅構内でpale aleを2pint呑んで帰宅しました。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

BBS by Kent (Joyful Note)  Edit by Ryokucchi
Icon by Ryokucchi